スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

オーストラリア

オーストラリア - goo 映画

オーストラリア
2月28日 映画館にて鑑賞

人生はいきなり今日からは始まらない。
先日義母と「ベンジャミン・バトン・・」を観に行った時に、「オーストラリア」の予告編が流れた。母が小さな声で私に言った。
「これこれ、コレが見たいのよね。」
・・、そうだったのか!!
義母は、本当は「ベンジャミン・・」じゃなくて、「オーストラリア」の方に興味があったか・・・
「二月はアレが公開になるわよね。アレ、見たいわね。」の「アレ」は「オーストラリア」だったらしい。
恐るべし。アレ、コレ、ソレの世界。
「ベンジャミン・・・」はどちらかと言うと、私の見たいものに合わせてくれたみたいだ。

「じゃあ、次はアレを観に行きましょうね。」と私は言ったが、ちょっと気持ちに迷いが・・・。
なんたって、タイトルがデカイ。(「大きい」と言いましょうよ、と注意しないでね。イメージだから。)

だって、コレだ!
オーストラリア2

ニッポン」みたいなタイトルな訳でしょ。ちょっと微妙。加えて、goo映画のレビューなんかの先に試写会で見た人たちの感想がイマイチ。

でも今日、観に行って、やっぱり自分の目で確かめて物事を判断するべしって、とても反省させられた。千の人がいれば、千の感性。私には嵌ったなあ。
娯楽映画として申し分のない面白さで、2時間45分があっという間だった。

が、この映画には前編と後編のように、二つの山があったように感じた。メデタシメデタシのその続きの話は、辛い現実の話のようで、実は終わってみると、そちらの方がある種のファンタジー映画に思えたのだった。

私は泣いたよー。前半の・・・で。後半の・・・・で。
義母が言った。
「オーストラリア版『風と共に去りぬ』みたいなんだって。」

オーストラリア3

フムフムなる程。ヒロイン名はサラ・アシュレイだしね。わざとかしら。
「衣装はイマイチだけれど、帽子とバッグが見所らしいわよ。」

オーストラリア4
 
見逃しちゃった~。


以下ネタバレ感想です。

オーストラリア5


なぜだか自分が子供の頃から、子供が出てきて窮地に追いやられると、条件反射のように泣いてしまう私。
前半最大の見所は、牛の暴走シーンとアボリジニの混血少年ナラの崖っぷちのシーンだと思う。思わず足に力が入ってしまったが、見開かれたナラの瞳に魂が吸い込まれてしまったように感じた。このシーン、手に汗握る人も多かったと思うが、泣いているバカな人は私ぐらいだと自覚はあるが、条件反射っていうやつなので仕方がない。だけど涙ボロボロ。それだけ窮地マックスだったと言うシグナル。私って分かりやすいな。

長編なのでいろいろな感想はある。例えば薔薇が咲き乱れる英国風のダーウィンの家に、家を素敵にするのは女性の力なのかもしれないと思ったと言う細かい所とか、慰み者にした女性の子供に微塵も愛情を感じなかった男の気持ちを、あれやこれや思うと言うような後を引く部分とか。まあいろいろ。

好きなシーンは、ナラが顔を黒くして映画館で「オズの魔法使い」を見るところ。
その後降ってきた雨に、違う展開になってしまうのかとちょっとドキドキしてしまったが、ナラには関係がなくて良かった。

後半で一番泣けたのは、船着場で引き離されるシーンではなくて、やっぱりラストシーンだった。

少年は大人になる為の旅にでる。
別れを決意して送り出すサラ。

が、魔術師の祖父は言う。
ナラは今、旅を終えて帰ってきた、私達の国に。
―そうだったのか、としみじみ~&涙。

少年は上着を脱ぎ靴を遠くに投げ捨てる。
裸足で走っていく少年の姿に、彼らの価値観と文化への敬意を感じたのだった。


「三人で仲良くメデタシメデタシかと思ったのに、そうじゃなかったわねえ。」と義母がしみじみと言った。
だから余韻が残ったわけだが、彼女が行きたいといわなければ見なかった映画。誘われて良かった。
オマケに思ったこと。ナラの綺麗なボーイソプラノでしっかりと歌が聴きたかったような・・・




監督・原案・脚本
バズ・ラーマン

出演
ニコール・キッドマン
ヒュー・ジャックマン
デヴィッド・ウェンハム
ブライアン・ブラウン
ジャック・トンプソン

オーストラリア6









theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「オーストラリア」(2008年、米)

     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れ?...

オーストラリア

第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた...

[映画『オーストラリア』を観た]

☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オ...

オーストラリア

依り所が弱くて,心に響かない・・・。  

オーストラリア /AUSTRALIA

『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オース?...

オーストラリア

2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...

☆「オーストラリア」

今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。

「オーストラリア」 物語る本能

「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。

映画 【オーストラリア】

映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土...

「オーストラリア」

監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンという、私が大好きな「ムーラン・ルージュ」コンビの映画なので楽しみにしていたが、いまひ...

オーストラリア ニコール・キッドマンら

映画オーストラリアに関する予備知識が一切なかったか

オーストラリア

アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な?...

「オーストラリア」

「オーストラリア」、観ました。 第二次世界大戦下のオーストラリアで、イギリスの貴族の女性が夫の残した1500頭の牛を売りさばくために...

映画「オーストラリア」

原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオ?...

「オーストラリア」大味な大作、自分大好きレディ大活躍

「オーストラリア」★★★☆ ニコール・キッドマン 、ヒュー・ジャックマン 主演 バズ・ラーマン 監督、2008年、165分、オーストラリア 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、 イギリス人貴族の主人公がやって来た、 オーストラリアの近代史と恋愛をも描...

オーストラリア◇AUSTRALIA

オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラ...

『オーストラリア』を観たぞ~!

『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...

「オーストラリア」

これぞオーストラリアという風景は見応えありました

mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆

映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪

クラシカルな美男美女のロマンスもよかったけど、ナラの成長物語がとてもよかったです。
“デキた”子供でしたよね。
いや~、本当にイイ子!
ラストの彼のチョイスには納得しましたよ。
どこでも生きていける賢い子だと思うけれど、半裸&裸足が似合ってた。
あの映画を見るシーン、屋外でしたよね?
黒人はやっぱり屋内では見れなかったのかなぁ。

楽しめてよかったですね!

私は、どうもイマイチで。
キスシーンにしても、次々にやりすぎとか感じましたし。
なんだか大味なんですよねえ。
…などといいながら、再見したら面白いかもです。
帽子とバッグ? 覚えてないです~。

ミチ様

>あの映画を見るシーン、屋外でしたよね?
黒人はやっぱり屋内では見れなかったのかなぁ。

私もちょっと気になってしまいました。アボリジニの事はつい最近まで日本人の意識には希薄だったと思います。私はその言葉を子供の英語の教科書で知りました。(子供の教科書って、結構勉強になるんですよね。ナショナル・トラストの事とか)

自分の時代には学校では触れもしなかったことが、どんどん分かってくる。それが本当の国際化なのかも知れませんね。

それに昔「ルーツ」と言うドラマを見てなければ、違う文化に対して敬意を抱ける自分がいるか疑問です。
同じように進んでいる(と思い込んでいる)文化を押し付けることが、彼らの幸せと思ってしまいそうです。

でもあのドラマが自分を変えたと思っています。なので、靴を投げ捨てたナラはかっこ良かったです。きっと彼は凄く素敵な男になるんだろうなと思いました。

>クラシカルな美男美女のロマンスもよかったけど

あっ、そうか。これロマンスだったんでしたっけ(汗)

ボー様

私、分かりました!
なぜ私がこの映画を世間の人の評価とかけ離れてとても良く感じたのか。

一つにはみんなの評価の高い「ムーラン・ルージュ」を観ていないので比較が出来ない。また一つには、ロマンスの部分をあまり意識していないので、定番的なストーリー展開になんの文句がなかった。どちらかと言うとそちらには余り目が行かなかったので、綺麗なキッドマン、かっこ良いジャックマンと言うだけで満足していたみたいです。

ナラばかり目が追いかけていました。だからサラの母性、彼の父性、そして少年の成長物語と言う視点で見てしまったみたいで、結構楽しめましたと言うわけです。

予告編で
「アレは零戦だった?」と義母に聞いたら、そこだけ母は批判的だったのですよ。本編見た後も「ホントかどうか分からない話だけど」と前置きをつけてから「迫力があったわねえ」と言っていました。その時点で私達には完全に娯楽作品になってしまって、ぜんぜん真面目に捉えていないからこその感想かもしれませんね。

>なんだか大味なんですよねえ。

これは分かりますよ。なんたってタイトルからして、ねえ。


帽子とバッグ情報も母からなんですが、もしかしたら彼女は「チェンジリング」と間違えたのかしら。あちらの帽子は素敵でしたよね。

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。