スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

20世紀少年第2章「最後の希望」

20世紀少年-第2章-最後の希望 - goo 映画


20世紀少年2

2月1日 映画館にて鑑賞

1章から3章まである物語の、その真ん中と言うと、なんとなく半端になってしまうことがあったりします。でも、半端ではありませんでした。原作と同じ、第2章の終わりまでしっかりと出来上がっていました。次は今年8月の終わりです。

何でこんな所で終わるんだ、次を早く見たい・・・と言う感覚は、原作で学習済み。もう慣れています。

一番の感想も、実は第1章の感想と同じ。よく纏めたなぁと感心しました。

ただ、1章の時は「原作を知らない方が楽しめるかも。」と思ったりもしたのですが、第2章はやっぱり原作を読んで見た方が、深いかもしれないと思ったのでした。

なぜなら映画には描かれていないサダキヨにはサダキヨの、ヤマネ君にはヤマネ君の物語があって、それはそれでなかなか良い話だったり、興味深い話だったりするのです。出来たらサダキヨの写真エピソードは映画館でも見たかった、要・涙の物語です。

が、惜しいエピソードも切り捨てたからこそ、これだけ纏められたのだと思います。

この映画の公開日前日、テレビで「もうひとつの20世紀少年」と言う、第1章に新しい映像加えたり、カットしたりして編集しなおしたものをやっていましたが、子供たちの世界がより詳しく描かれていて、良い感じでした。第3章の前にも、そんなのをやってもらいたいものです。

この映画の最大のウリになってしまった原作に果てしなく近いキャスティングですが、第2章の主人公の遠藤カンナの平愛梨も、カンナのイメージどおりに仕上がっていると思いました。ただ、惜しいかな、彼女のセリフだけが学芸会でした。それでもそんなことはたいした問題ではないように思えたのは、周りの脇が硬かったこともそうですが、彼女の目力による、彼女自身が放つ魅力のせいだったように思います。聞けば、彼女が起用されたのもその目ゆえだったらしいです。と言うことは、さすが監督の見る目が違かったと言うことになりますね。


どんな映画でも、評価と言うものは様々だと思うのです。
この映画の分かれる基準は、
見た人が「20世紀漫画少年」もしくは「少女」であったか、または「21世紀漫画少年」もしくは「少女」であるかによるのではないでしょうか。なんて事を、「20世紀漫画少女」だった私は、ふと思ってしまったのでした。

以下ネタバレ感想です。


20世紀少年

 私がエキストラに参加したのは、第3章でこの章ではありません。
日付が合わなくて諦めたのですが、その諦めたシーンが結構気になりました。気になってしまったので、その方たちにもよく目が行きました。

暑さを、もうウリにするしかないと居直っている熊谷での夏の日の撮影は、真冬のシーンでした。国会に陳情に向うシーン。ここかぁ~と思いましたが、陽ざしがちょっと冬っぽくない・・・。
皆様、我慢大会、大変だったですよね。

有明の万博&葬式シーン。皆さん上手ですよ。ぽっかーんと吃驚した顔が、上手すぎて、すみません、笑ってしまいました。エキストラの皆様、良い感じの役者様になっていましたよ。拍手です。

 「隣人を疑え」警察の垂れ幕。「常盤タカコ」とボロアパートの火元責任者(?)のところに名前があったりで、遊び心が見え隠れしていましたね。

 原作はやたら長いので、その時は解り辛かった少年の日の友だちのなぞが、なんとなくわかり易かったのが、良かったですね。

 友だちランドのシーンが短いのが残念です。
20世紀少年4


 ショーグン事オッチョは、もちろんカッコイイ。でも、ここに出てくる男達は皆それぞれにカッコイイ・・・。ヨシツネなんかも。ヨシツネの部下は教団関係者と似た怖い動きが・・・
20世紀少年3


ラスト・・・北海道か。小さく纏めましたね。

「おらは死んじまっただぁ~♪
 おらは死んじまっただぁ~♪
おらは死んじまっただぁ~♪」   ちょっとイラ~

まだ天国には行っていないケンヂ登場。

回想シーンでやたら出てきていたので、満を持しての登場と言う感じがしなかったのが、ちょっと残念。なんたって原作は、出てこなくなってから最後のそこまでが本当に長いので、ケンヂが出てきたときには「おお~!」と思ったわけですが、映画は待ったといっても2時間ちょっとですからね。少しばかり分が悪いわけですね。

 

8月も楽しみです。
原作とは違うとか言っていましたよね。あれ!? もしかして・・・・






監督 : 堤幸彦
原作・脚本・監修 : 浦沢直樹
出演 : 豊川悦司 、 常盤貴子 、 平愛梨 、 香川照之 、 ユースケ・サンタマリア 、 藤木直人 、 石塚英彦 、 宇梶剛士 、 小日向文世 、 佐々木蔵之介 、 黒木瞳 、 唐沢寿明






theme : 20世紀少年
genre : 映画

tag : 20世紀少年 豊川悦司

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

20世紀少年-第2章-最後の希望

本日公開の 映画  20世紀少年-第2章-最後の希望  主人と次女と3人で行ってきました。     昨日金曜ロードショーでもう一つの第一章 をやっていましたが この二人すっかり第一章を忘れているような。。。復習になったから良かったものの 見ていなかったら?...

20世紀少年 キャスト

『20世紀少年』平愛梨が感激の涙 - 常磐貴子も「土下座してお礼したい」マイコミジャーナル前作のラストから15年後の世界を描いた映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』が、1月31日に公開された。東京・有楽町でおこなわれた初日舞台挨拶には豊川悦司、常盤貴子、平愛梨?...

20世紀少年 カツマタ

20世紀少年20世紀少年みたよーお なんか一章に増して、面白くてテンポ感とかもすごく良くて2時間半全然飽きなかったよ!! 基本的に邦楽よりハリウッド派なんですが…20世紀少年はほんとに面白いよ でもさ、ブラッディマンデーとかみたいな最近ウィルステロの話が ...(続...

20世紀少年 第2章~最後の希望~

[映画感想]「20世紀少年 第2章~最後の希望~」を観てきました。 1月31日より公開の20世紀少年第二章を観てきました。自分は原作はまだ読んでいないので映画の内容が原作に忠実かどうかは分かりませんが、映画自体はそれなりに楽しめました。満員だったので、最前列で観?...

20世紀少年 -第2章- 

同級生を思い出そう。  

劇場鑑賞「20世紀少年-第2章-最後の希望」

映画「20世紀少年」第2章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-第2章-最後の希望」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを「トリック」の堤幸彦監督がオールスターキャストで映画化する全3部作の2作目。「第1章」から15年後、高校生に成長したケンヂの姪...

20世紀少年-第2章-最後の希望

原作は相変わらず未読、というか読まないまま最終章まで見たいと思っています。なので必然的に映画だけの感想ということになりますが、正直1本の映画としては第1章よりも面白くなかったです。ただこれは3部作の第2章。最終章を見るとまた違った感想になるかも知れませ...

「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・

原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。

【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】第1章と最終章の繋ぎ的な・・・

20世紀少年 -第2章- 最後の希望 監督: 堤幸彦 出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年1月 ...

★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」

今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。

「20世紀少年 第2章 最後の希望」

************************************* 2000年12月31日、謎の巨大ロボットが世界各地に現れ、街を破壊し乍ら殺人ウイルスを撒き散らした。歴史上「“血の大晦日”」と呼ばれるこの人類滅亡計画は“悪魔のテロリスト”ケン?...

20世紀少年<第2章>最後の希望 2009-7

「20世紀少年<第2章>最後の希望」を観てきました~♪ 『血の大晦日』から15年後の2015年、巨大ロボットと戦ったケンヂたちの行動はテロ行為として学校の教科書に載っていた。行方不明と成ったケンヂに変わってユキジ(常盤貴子)に育てられたカンナ(平愛梨)は、そ?...

20世紀少年〈第2章〉最後の希望

今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました~感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた...

20世紀少年 (平愛梨さん)

◆平愛梨さん(のつもり) 平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

【映画】20世紀少年 第2章

▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間?...

映画『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』を観てきたよ…小泉響子激似!!

 映画『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』を観賞しました。  (休日とは言え、客入りよかったなぁ・・・・。) (注)素朴に感想書くので、まだ御覧じゃない人にはネタバレになっちゃいます。 【全般の感想】  小生は、コミックと映画が並行するようにしてい?...

20世紀少年 第2章 最後の希望

さあ、みんな“つづき”を始めよう──。 【関連記事】 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 壁紙1 20世紀少年 壁紙2

『20世紀少年~もう一つの第2章~』'08・日

あらすじ“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされそれを阻止したともだちは救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)...

20世紀少年<第2章>最後の希望

先にテレビの「もう一つの第2章」を観たのが間違いだった。 そのせいで映画の方は、どうもイマイチ楽しめなかった・・・ 監督:堤幸彦 ...

20世紀少年<第2章> 最後の希望-(映画:2009年鑑賞)-

監督:堤 幸彦 出演:豊川悦司、常盤貴子、平 愛梨、香川照之 評価:79点 いまさらながら第2作目を鑑賞。 上映中の最終章もDVDレンタル鑑賞になるでしょう。きっと。 2時間20分もある長い映画なのに、どうしても消化不良感が否めない。数多くのイベントをぶつ切り...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

行ってきましたね

kiriyさん、こんにちは!
第2章、公開されたんですね。
テレビで第一章をやってくれないかなあと待ってたんですが、
編集したものを放送してたんですね。
知ってはいたけど、なぜか見逃してしまいました。
「誰も守ってくれない」も同様に番外編みたいなものを放送してましたね。
テレビと映画のリンクが上手くなってきましたよね!

kiriyさんがエキストラで出演するのは第3章で、まだでしたか。
楽しみでしょう~?(^^)

私は「漫画少女」じゃないから、楽しめるのかどうか???
とにかく第一章をレンタルしないと・・・

Re: 行ってきましたね

こんばんは~☆
> テレビと映画のリンクが上手くなってきましたよね!

私もそう思いました。今度の映画の前に第1章をテレビでやってしまうのかと思っていたのですが、映画館でもまた安いお値段で上映したり、同時にDVDの発売だったりで、工夫していますよね。「デス・ノート」でいろいろ学んだのかも知れないですよね。
編集されたテレビ版はなかなか面白かったのですが、「20世紀少年」の音楽の部分はすべてなしだったので、それを見ながら私はYANさんのことを思いだしていました。果たして、このテレビ編集版では、何かYANさんの心に引っかかるものはあるのだろうかと微妙な感じがしました。だから見逃しても良かったと思います。


> 私は「漫画少女」じゃないから、楽しめるのかどうか???
> とにかく第一章をレンタルしないと・・・

「漫画少女」でなかったYANさんの正直な感想を、楽しみにしています。意外と、これマジです。
夫などは、自分達の少年時代の懐かしさがあるから良いんだと言ったりしますが、うちにやって来る懐かしさなんか関係のない中学生男子のハマリ具合を見ていると、その魅力はそういうものではない気もするんです。また、中には見に行ったけれど、何処が面白いのかわからないと言っている子もいて、まあいろいろなんですが、極端な分かれ方なので、私的にはそんなところも興味深かったりするのです。

> kiriyさんがエキストラで出演するのは第3章で、まだでしたか。
> 楽しみでしょう~?(^^)

ハイ、楽しみです。
どんな風に出来上がっているのかなあと思います。v-351

こんばんわ~

kiriyさんは原作を読んでいらっしゃるんですね^^
私は未読なので、ちょっと急ぎ足で着いていけない
部分が多く感じられました。
第1章の方が文句なく引き込まれた感じです。

でも、ケンジも最後に登場したし、「ともだち」が
誰だか解らないままだし。。。
次は最終章。楽しみに待ちたいです♪

くう様


こんばんは~☆
原作は単行本が出るたびに、姉の子供つまり甥に借りて読みました。でもあまりに長くて間が空きすぎていますし、登場人物は小出しででてくるし、面白いエピソードがたくさんまたは伏線がたくさん、最後は登場人物一覧表が欲しくなってしまいました(笑)

でも映像の力は凄いですね。その登場人物一覧表だけはいらなくなりました。

>> 私は未読なので、ちょっと急ぎ足で着いていけない
> 部分が多く感じられました。

やっぱりそうですか。原作の部分も凄く長いんですよ。良く纏めたなぁと感心しているのはそこなんですが、何しろ超急ぎ足でしたよね。

でも、
>、「ともだち」が
誰だか解らないままだし。。。

やっぱりこの映画は未読の方が、面白いんじゃないかなと、ふと思ったりもするのですよ。

ご無沙汰しちゃいました

kiriyさん、こんにちは!

「20世紀少年」を観たので、この作品に関しては絶対に
kiriyさんでしょうと思ってやって来ました。

やっぱり平愛梨さんに対する見方でも、
原作を読んでる人とそうでない私とでは異なってますね。
目力は充分に感じられたけど、彼女の学芸会のセリフ回しは、
ちょっと大作映画には合っていない気がしました。
でも、kiriyさんのように原作を知っていると
イメージ通りだから問題ないという事になるんですね。

ともだちが蘇るシーンのエキストラは、一人一人の顔がよく見えましたよ。
第3章でも、kiriyさんの顔がクッキリかもしれませんね。
どうでしたか?劇場で確認できました?

しかし、マスクを被っている人が蘇ったと言っても、
中身が前と同じとは限らないと、疑う人がいてもおかしくないのにね~
そこがマンガの世界だなあと思いました。

YAN様

「この映画はヤッパ、私でしょう。」と言えるほどの感想を書いていないところが悲しいのですが、それでも「やっぱり」と言ってくださるのが嬉しいです。
カンナ役の平愛梨さんは、この映画を通して成長していったように思います。第二章公開前に三章のシーンを撮っているわけですが、私がエキストラで参加した場面でも、彼女のセリフの所はこけるほど下手で、監督が丁寧に指導していたように感じました。
そのシーンを映画で見たら、凄くしっくりいっていて役に馴染んだように思いました。
こちらも慣れたのかもしれませんが(笑)

エキストラの事ですが、良い場所にはいたんですよ。でも背の高い人に囲まれていたので、映らないことは最初から分かっていたんです。でも、子供は「たぶんアレだ」って自分の確認が出来たみたいです。

友達の蘇りのシーンもそうですが、それよりも以前にあんなマスクの人が世界中の人に支援される事自体があり得ないし、いろいろな個性の子供がいたとしても、お面少年は見た事がないです(笑)
まさしく「漫画」なんですよ~。

ただ原作には・・・・
と、熱く語りそうになってしまいました(汗)
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。