スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 - goo 映画

ガリレオ
10月4日映画館にて。

テレビでドラマの「ガリレオ」を楽しんでいた下の子供は、見終わった後に微妙な顔をして、
「ドラマのノリと違ってタルかった。違うものを見ているのかと思った。」と言った。

ドラマなど見向きもしなかった上の子供は、
「なかなか、面白かったじゃないか~。なんていうか常に死相が表れている様な顔の演技が凄いよな。」と、内容的にはもう一人の主演の堤真一を指して絶賛していた。

この映画を一番楽しみにしていた夫は、困惑していた。
「面白かったけれど・・・・」

 私はと言うと、ドラマ「ガリレオ」をつまらないと思ったことは一度もないし、毎週楽しみにしていたように思う。だけれど、決まって眠くなる。なぜだか眠くなる。時間帯が悪いのだ。ゆえに映画も興味がなかったというのが本音。だって、条件反射で何処かで眠くなったらどうしよう。映画館で寝たことはほとんどないけれど、近頃私は睡眠障害で、夜中の二時に寝ても朝の五時半に目が覚める。
時に福山の美しい低音は、私にとって眠りにいざなう波になってしまうはず。
流石に眠ってしまうことはなかったが、ゆっくり静かに進んでいくスローテンポがちょっと辛い。お話もかなり地味。

かなり良質な二時間サスペンスを見ているような感覚だった。

だけど夫は自慢していた。
「トリックはわかっちまったぜ。」

―へえ、そうなんだ。
実は推理するのは、いつもは私の方が得意。
「あたしは分からなかったわ。だって、そんなことって・・・・」と言いかけて、何かのカプセルが胸の何処かではじけたように感じた。私は昼食のラーメンをすすりながら、心の中に染み渡っていく静かな悲しみを楽しんでいた。

派手ではない静かな人間ドラマの余韻は、後からやってくる。


<以下ネタバレ感想>
ガリレオ2

 私はいつ、堤真一が演じる石神哲矢が冒頭のクルーザーの爆発犯だと、その本性を表すのかと勘違いして、無駄な時間を費やしてしまった。映画的には、冒頭事件並みのヤツでやってもらいたかったな。

本性と言えば、石神のストーカー振り、私はすっかり騙されてしまった。要するに、嘘を重ねれば必ず行き詰る、ゆえに石神は靖子が常に本当の事だけを言えるように考えていたと言う所が凄い。

 朝、隣人花岡靖子と娘の声を遠くに聞きながら、布団の中で目覚める石神の顔は本当に幸せそうに見えた。

 丁寧に映し出される出勤途中の風景。きっと後で関係してくるとは思ったが・・。
同じように映し出された風景の相違点に、秘密はあったわけだが、それが何を意味するのか良く分からなかった。
それは一つには、私が「ガリレオ」に対して、過度の期待があったからだと思う。実験などをしたり、意味の不明な計算式から謎を解明していくというスタイルに慣れてしまっている。だから、「ありえない」アリバイトリックを解いてくれるのだと思い込んでしまっていた。

また、別の理由は、そこまで人の為に見返りも求めずに出来るのかと言う思いが妨げになったからだ。

「ありえない。」

思わず私は呟いてしまう。

 東野圭吾の究極の愛とは、徹底的な自己犠牲なのだろうか。

 雪山のシーン、湯川と石神との出会いのシーン、警察での号泣シーン、全て美しくまとまっていた。

  この物語は、冒頭に女刑事が言ったように解き明かせない「愛」の物語だったと思う。

数式+愛  もしくは理論的思考×愛

garireo3

原作 : 東野圭吾
出演 : 福山雅治堤真一松雪泰子 、 金澤美穂 、 柴咲コウ





theme : 日本映画
genre : 映画

tag : 東野圭吾 福山雅治 堤真一 松雪泰子 柴咲コウ 容疑者Xの献身

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

容疑者Xの献身

献身る(まもる)  

[映画] ガリレオ 容疑者Xの献身 感想

映画 「容疑者Xの献身」 10月4日から公開になった映画版「ガリレオ」こと「容疑者Xの献身」を観てきました。 以下、ネタバレ無しの感想。 ■映画 「容疑者Xの献身」 あらすじ  惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗?...

人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』

第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。

「容疑者Xの献身」

その謎を、愛そう。 天才物理学者・湯川教授が 生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、 娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。 ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。 離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、 どこへ引っ?...

容疑者Xの献身

TV局製作映画の中では実に面白い 【Story】 惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進...

舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』

10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガリレオφ エピソードゼロ』サークルKサンクスで発売中のタイアッ...

容疑者Xの献身

10月4日公開初日「容疑者Xの献身」を見てきました。 一番大きいスクリーンでした

★「容疑者Xの献身」

今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらり...

【容疑者Xの献身】孤独な数学者を生かしたもの

容疑者Xの献身 監督: 西谷弘 原作: 東野圭吾 出演:  福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一 公開: 2008年10月 フジテレビ系で2007...

容疑者Xの献身

満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:西谷弘 キャスト:福山雅治       柴咲コウ       北村一輝       松雪泰子       堤真一       ダンカン、他 ■内容■  惨殺死体が発見され、 新人

容疑者Xの献身

その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/...

天才数学者 vs 天才物理学者【容疑者Xの献身】

テレビドラマも高視聴率を納めた『ガリレオ』の映画版。 原作は本作で直木賞受賞した

容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん)

◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。 ●導入部の..

[映画『容疑者?の献身』を観た]

☆風邪気味なので、短めに・・・。  これは、非常に面白かった。  「TVドラマの映画版」で括っては申し訳ないほど、出来が良かった。  冒頭に、殺人事件のキーマンである石神の日常を追っていくが、このシーンが、後からとても事件の種明かしに絡んでくるのだが、...

容疑者Xの献身(祝100作目を達成)

容疑者Xの献身は14日9時半から劇場で鑑賞も 結論は俺も隣に引っ越して来たら絶対に止めるが 容疑者Xは祝100作目に相応しく大満足だね 内容は隣に住む親子が突発的に元ダンナを殺し 数学者の天才である石神が親子を助けた事から 悲しき石神VSガリレオの天...

容疑者Xの献身

東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作?...

映画「容疑者Xの献身」

「容疑者Xの献身」観てきました。 よかったです。 いつも映画を観るときに参考にしている★前田有一の超映画批評★で酷評されていたので...

『容疑者Xの献身』 2008-No78

迷って選んで観た映画。 空いているかと思ったら、予想以上に人が居て驚きました! コロンボとか古畑とか、 犯人が判って始まる...

容疑者Xの献身

東野圭吾の原作は読みましたが、 この映画は人気テレビシリーズのキャラクターが 事件を解決する様子。 どうなるんでしょう? ある日、河原で顔を潰され指紋も焼かれた殺害遺体が発見された。 被害者の離婚した元妻・花岡靖子の所に聞き込みに行った内海・草薙両刑...

『容疑者Xの献身』’08・日

あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...

容疑者Xの献身

東野圭吾原作で、テレビドラマでも人気のあった 物理学者・湯川(福山雅治)の「探偵ガリレオ」シリーズ。 本作は天才物理学者と天才数学者の頭脳対決! でも理数系思考で解き明かせないものってあるよね・...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんわ

トラバありがとうございました(^^)
私も石神のストーカーぶりに、すっかり騙されていましたわ。
全部、計算なんですね。愛ゆえに。
愛を計算に入れられないガリレオ先生は、今回の謎は
解けませんでした。
映画自体が、よく計算された素晴らしい出来だったと思います。
堤さんの演技に泣かされました。

くう様

コメント、TB、ありがとうございます。
堤さんはカッコイイ秀才から、今回のダサい天才まで変幻自在で、素晴らしいですね。近頃「カメレオン俳優」と言う言葉が使われるようになってきていますが、彼はまさしくそれに当てはまるかも知れませんね。

>映画自体が、よく計算された素晴らしい出来だったと思います。
私もそう思います。

無償の愛

こんばんは!
堤さん、松雪さんの演技が素晴しかったので、
却って、不要な部分とか、説明不足のシーンとかが浮いて見えたようにも思えましたが、
途中から予測が付き、それからはもう涙・涙でした(^^;

サスペンスでもあり愛の物語でもありましたね~v-239

kira様

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
堤さんは本当に素晴らしかったですね。そして、のみならず、松雪さんの薄倖ぶり! 素晴らしかったですe-415 松雪さんはいつも元気な気の強い役ばかり見ていたような気がするのですが、こういう役って、彼女の細面の顔に凄くあっていますよね。好きな女優さんになってしまいました。


>サスペンスでもあり愛の物語でもありましたね~
サスペンスとしての謎解きも、愛の物語としても秀逸でしたね。

こんにちは!

千葉は佑ちゃん人気ですごい話題になってますね~♪
千葉と聞くと、kiriyさんを思い出しますよ(^_^)

この映画、御家族揃ってご覧になったんですね。
皆さんの感想がそれぞれ違って面白いわ。
私は最初から全て分かったようなつもりでいたら、
トリックまでは見抜けてなかったです。(^^;

面白かったし良く出来た話だと思ったけど、
2時間サスペンスという感じもありましたね。
映画だと大抵もっと大きなスケールだったりするから。

とても切ない余韻を残した解き明かせない愛の物語で、
あの救い難い結末が哀しかったなあ、凹みました・・・

YAN様

こんばんは~。私も名古屋と聞くとやっぱりYANさんを思い出しますよ~。
この映画は、この作品だけを見ると凄く面白いんですよね。でもドラマのノリを期待してしまっては、下の子供のように少しガッカリするのも分かります。

間違い探しのようにホームレスの人たちを映していたので、そこの部分は分かっても、まさかあのようなトリックとは思わずショックでした。

東野圭吾は基本的には女に尽くしきる男が、彼の理想像なのかと思えるような作品が多いですね。最後の泣く姿にちょっとジーンとしましたよ。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。