スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「真夜中の弥次さん喜多さん」

真夜中の弥次さん喜多さん(2005) - goo 映画
スタープラスにて

真夜中の弥次さん喜多さん


ワイルドで熱い男の弥次さんとヤク中の役者喜多さんはホモの恋人どおし。

ディープなヤク中の喜多さんにはリアル(現実)がよく分からない。
ぺらぺらの人生にリアルを取り戻せ。
弥次さん喜多さんはお伊勢参りにGO!
ぺらぺら人生にリアルを求めて、ぺらぺらと薄っぺらな物語が進んでいく。


弥次さん喜多さんが一緒に旅をして、面白くないわけがない・・・・?!

だけど中味はめっちゃくちゃにハッチャメチャ、クドカンワールドが炸裂する。


弥次さんの長瀬智也はまるで「タイガー&ドラゴン」の小虎そのもの。中村七之助も線の弱いヤク中の役者役がぴったりだ。二人とも大真面目(当たり前だが。)。

弥次さんのは小虎イメージでいいけれども、ふと喜多さんの「ラストサムライ」での帝役を思い出してしまった。あれもこれも同じ人と思うと、その意外性に惚れてしまう。



その他小池栄子 阿部サダヲ 柄本佑 生瀬勝久 瓦版男 寺島進 森下愛子 岩松了 おぎやはぎ
古田新太 山口智充 しりあがり寿 松尾スズキ 楳図かずお 中村勘九郎 研ナオコ ARATA 麻生久美子 妻夫木聡 荒川良々 など個性豊かと言うか癖のあるというべきか、そんな面々を使い放題。


何が面白いって、やっぱりラストの荒川良々だらけの魂の宿が嵌りどころ。研ナオコの奪衣婆にも納得。三途の川の論理もなるほどなぁ。良く考えてみると、死をも乗り越える深い愛、自分を殺した男を許す深い愛が見え隠れ、または死を拒むために恋人を縛り付けるエゴイステックな愛とかも・・・・

って、真面目に書いちゃいけないよ。ああへらへらぺらぺらのノリで作っている映画にはやっぱりぺら~っとした薄い感想が似合うのさ。

それでもチョックラ書きたくなっちまう。妻夫木、あれでいいのかい。ああ、もったいなや。松尾スズキの髭のおいらんは面白すぎ。
バーのエピとあの世でのエピがディープで、それまで結構楽しんだはずの前半が一気に記憶の彼方に消えていく。


だから復習。
「パッカーン、メチャクチャホットやで~。」って何処かで言ってしまいそう。もちろん心の中で。

だーけーどー☆、私が一番吃驚したのは、この映画、文化庁が支援しているって事。言っちゃあ悪いけれど、お役人様、こういう映画だって知っていた?


ジャンル問わずの映画好き。だから結構楽しめた。やっぱりクドカンって天才だなぁ・・・
だけど、私、・・・コホン、ゴホゴホ・・・
知ってか知らずかこの映画を劇場で、お金を出して観た人の勇気と新しい感覚に、一番の拍手を送ってしまうな。

あの~・・・褒めているんだからね! ☆ー


theme : 日本映画
genre : 映画

tag : 真夜中の弥次さん喜多さん 長瀬智也 中村七之助 宮藤官九郎

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」

映画「真夜中の弥次さん喜多さん」 ★★★★ いや~すごかったですよ! 面白かったですよ! さすがクドカンですね。 今までは脚本のみ担当してきた彼が、初監督ですから。 もうハチャメチャ好きな事してますよ。 一瞬たりとも画面から目が離せない緊張感・・・っていう?...

『真夜中の弥次さん喜多さん』

■監督・脚本 宮藤官九郎 ■原作 しりあがり寿「真夜中の弥次さん喜多さん」、「弥次喜多 in deep」、「小説 真夜中の弥次さん喜多さん」 ■キャスト 長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ  「オイラ、リヤル(現実)がとんと分からねえ」と、虚ろにつぶや...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは♪

きゃ~、褒められちゃった~(笑)
劇場でお金を払って見てしまった人でーす!

コレを見たころ、「タイガー&ドラゴン」などで自分の中にクドカンブームが起こっていたような覚えがあります。
あまりにまとまりの無い内容だったようですが、クドカン組ともいえる出演者を探しては楽しんだって感じでしょうか。
妻夫木君なんて何の役だったかもすでに記憶にないの(汗)
いいのか、そんな使われ方で??

ミチ様

おはようございます。
古い記事のTBでしたのに、お返しTBありがとうございます。

私も「マンハッタン・ラブストーリー」でクドカンマイブームが起きてしまいました。それでもちろん「タイガー&ドラゴン」には嵌りまくっていましたが、この映画はクドカンワールドが炸裂していましたね。

記事を書いた後で、チラチラとallcinemaの感想を読んでいたら題名に誘われて、老夫婦のペアが何組かいたそうです。その中には途中で真っ青になって出て行く人たちもいたそうで・・・・・悪いけれど、気の毒と思いつつ笑ってしまいました。

妻夫木君は幻の偽者弥次さんやくでした。ノリノリで楽しそうでしたが、・・・・・・上手くだまされすぎちゃって、「あれ、妻夫木君?」と思った途端に消えてしまいました。
印象に残らなくて勿体無いような気がしました。そこが作戦だったのかも知れませんね。何しろぺらぺらの偽者と言う設定ですから。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。