スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガタカ

ガタカ(1997) - goo 映画

dakata
6月28日ムービープラスにて


 遺伝子操作で優秀な適格者が中心に生きる近未来で、夫婦の自然な愛で生まれてきたヴィンセントは、生まれながらに心臓病と言う死因とその寿命を予測されていた。わずか30歳。最初の子供が病弱であったことから両親は、次の子供を、その時代ではそちらが普通と言う選択で子供を持つ。当然弟は優秀で、あっと言う間に背丈も追い越していく。弱視で歯並び悪く、弟と競い合っても負ける事ばかりだ。
 そんな彼は希望を宇宙に見出し、何時しか宇宙パイロットに成る夢を見るようになっていた。

両親には彼への愛は充分にあったと思う。ただ、その肉体の限界を知っているだけに、お前には出来ないと言ってしまう。それは愛するゆえかも知れないが、ヴィンセントを失望させていく。現実は社会に出ようとするときにやってきた。「神の子」と呼ばれ自然体で生まれてきた彼は、尿検査や血液検査の遺伝子検査のみで、しかるべき職業に付ける可能性はない。

そんな彼だが、ある日弟アントンとの競泳で勝つことが出来たヴィンセントは家を出て、社会の底辺で掃除人として生きていた。

だが夢をあきらめ切れない彼は密かに体を鍛え、宇宙について学んでいく。だが、遺伝子の壁は乗り越えられない。ついに彼は優秀な遺伝子を持ちながら、それゆえに悩み自殺未遂の果て足の不自由になったジェロームと契約を結び彼に成りすますことにした。
         
       ※      ※      ※

  なんだか夢中になってあらすじなんかを書いてしまいました。続きが気に成る方は一番上のgoo映画のところからストーリーをチェックしてくださいね。私らしくなく、その物語を書いてしまったのは、この物語を知ってもらいたいという思いが生じたからかも知れません。

 静かに進んでいくSFでしたが、サスペンス色も強く魅せられます。
ユア・サーマンが知的な女性局員を演じていたのも魅力的でした。ヴィンセント役のイーサン・ホークの不屈の人と言うイメージも良かったです。ますます好きになりました。でも、印象深かったのはジュード・ロウのジェロームでした。

水泳の選手として名を成していますが、その力は「金」の実力がありながら、銀に甘んじていることに絶望して死を選ぼうとしていたのです。優秀なものにはそれなりの絶望かも知れませんが、ヴィンセントからしてみればくだらない悩みに聞こえたかもしれません。

 でも、彼らは二人で一人。その友情のようなものがとっても素敵でした。

地球には居場所がないと感じ宇宙に憧れていた彼ですが、その地球での居場所があるということを感じながら、宇宙に飛び立っていくラストが心に残りました。

また、同じとき彼を思ってジェロームがした決断がショックで悲しく、この物語をグッと締めたと思いました。

ゾンビも爆発もなく、銃撃戦もない、地味といえば地味かも知れませんが、こんなSFはたまらなく好きです。

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : イーサン・ホーク ジュード・ロウ ユア・サーマン

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガタカ

監督:アンドリュー・ニコル 製作:1997年 アメリカ 出演:*イーサン・ホーク *ユマ・サーマン *ジュード・ロウ 残酷なまでに...

「ガタカ」

遺伝子の優劣で将来が決まる未来。 遺伝子操作をせずに生まれたヴィンセント(イーサン・ホーク)は、生まれつき心臓が弱い「不適正者」だ...

ガタカ

本作品のキーワード : 『人間の可能性』 それは限りないもの 【公   開】 1998年 【時   間】 106分 【製 作 国】 アメ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

コメどうもです。ガタカ好きです。CSで放送してたりするとついつい見てしまいます。
ジュード・ロウ、かっこいいじゃん!と、この前『ホリデイ』という映画を見て今更気づきました。(そういや、感想書いてないや・・・)

kima様

キマグレさん、こんにちは。
こういう映画にふと出会うと、見ていないいい映画っていっぱいあるんだなぁとしみじみ思います。
「ホリディ」も知ってはいるけれど、タイミング悪くてまだ見ていません。この先見る楽しみが在るってものですよね。
ところで、キマグレさんは宝塚のファンなんですね。宝塚の舞台って観るだけで、なんか元気が出てきませんか?

ちょっとご無沙汰してました

kiriyさん、こんにちは!
これ、前にテレビでやっていたのを録画しておいたんですが
ずっと観てなくて、kiriyさんの記事を見て思い出し、やっと観てみました。
静かな余韻のあるなかなかいい作品でしたね。

私もジュード・ロウの決断が悲しくて、
「夢をもらったよ」と言っていたのに・・としばらく考え込んでしまいました。
最近はジュード・ロウもちょっと髪が薄くなりつつありますが、(^_^;
この作品や「リプリー」の彼は、美しくて好きです~♪

YAN様

 おはようございます。いつものようにお返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

YANさんが、私の記事で思い出して録画を見てくれたなんて感激です。この記事を書いた時、YANさんのブログで記事を探したのですが、なかったのでちょっとがっかりしていたのですよ。きっと、見ていればYANさんもお好きな映画なのじゃないかなと思っていました。

ジェロームの決断は、ショックでした。ただ、ヴィンセントが宇宙に旅たつことによって、居場所がなくなってしまったという逆転の悲劇として描かれていなかったことが救いでした。
夢を貰ったお返しに、彼をああいう方法で守りたかったのでしょうか。

ジュード・ロウの髪の事は、結構みんなに気にされているみたいですね(笑)
私は自分の父が、ハンサムで凄くもてる人だったのに(ろくでもない事件がいっぱい合ったよ)かなり若い時から、生え際から行っちゃっている人で、それを見慣れすぎて育っているので、男の人の髪の量については恐ろしく鈍感なのですよ。いくらなんでも、ブルースの髪の変化には気がつきますが(笑)

今度しっかりチェックしてみます・・・(アセ)

好みとは、

ちょっとずれるので、点数は普通なのですが、ユニークな存在のSFだと思います。カルト(熱烈なファンがいる)、というのにも近いような。
ジュード・ロウ他、キャストもぴったりでしたね。

ボー様

言われてみれば、熱狂的なファンを掴みそうな映画かもしれませんね。SF小説ファンの気持ちを捉えそうな作品です。

SF映画って、どちらかと言うとどうしても派手メなものが好まれてしまうとおもうのですが、SF小説って意外と地味なものの中に傑作があったりするでしょう。

例えばブラッドベリの「火星年代記」なんかもの凄い傑作だけれど、映画になったら地味そうですものね。

私は結構好みの作品ですが、この映画の公開年あたりは映画館に行くと言うことはほとんどない時代でしたが、行けたとしても、映画館に足を運んだかは分かりません。
地味だけれども傑作なSF を映画で作って、多くの人に見せると言うのは結構難しいことかも知れないですね。そうなるとやっぱりキャストで引っ張るしかないですよね。

No title

こんばんは、ホーギーです。
この映画は、人の能力や人生は、遺伝子で決まるものではなく、夢の実現を願う思いが、いかに大切であるがということを教えてくれるSFドラマの傑作だと思います。
そして、優秀な遺伝子の元に生まれながら結果を出せず、結局他人に自分の能力を提供することによってのみしか自己実現できないジェロームを演じたジュード・ロウの演技が実に見事でした。
遺伝子という新しい視点からのテーマを扱ったとても興味深い作品です。もっと多くの人に観てもらいこの映画の評価が上がることを期待したいですね。それだけの価値のある素晴らしい作品だと思います。
ということで、これからも宜しくお願いします。それとTBもお願いします。

ホーギー様

おはようございます。
>人の能力や人生は、遺伝子で決まるものではなく、夢の実現を願う思いが、いかに大切であるがということを教えてくれるSFドラマ

その「夢の実現」の為にヴィンセントがした努力は半端なものではありませんでしたね。そのひた向きさがヴィンセントの周りにいる者の心を動かし、見ているものにも感動を与えたのかも知れません。

夢は掴み取るもの。遺伝子操作と言うSFに加えてサスペンス+青春ストーリー(そう言ってはちょっと甘いかも知れませんね。)、人間ドラマが絡み合って、完成度の高い作品になったと思います。

結構前の作品なのに、こんな風に静かにその良さが語られていく映画もあるんですね。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。