fc2ブログ

「死霊館 エンフィールド事件」

シリョウカン3

2016年公開作品。

5月6日にAmazonprimeで見ました。

これ「死霊館」シリーズの2作目だったのですね。このシリーズは初めて見ました。

この映画、前半はかなり怖かったです。

親切な近所の人も、逃げ込むとそく警察に連絡し、普通の対応をします。ポスターにあるよう「戦慄の実話」。その実話と言う部分にリアルさを感じます。

異常な状況に警察を呼ぶと、彼らの前で大きく家具が移動する。警察官も蒼ざめて「管轄外。後で専門の者をよこす。」と逃げ帰る・・・・・・。緊迫感がありますよね。

子供たちがコックリさんのようなものをやり、遊びで霊を呼び出してしまったかのような感じなのも怖かったです。

出てくる霊も、ソファで孤独死した老人とか、なんとなく身近に感じるオカルト話のような気がしてぞくぞくしました。


しかし後半に「悪魔」と言う言葉が出てきた辺りから、急に海外ホラーの定番になって来て、怖さが薄れました。これは宗教感の違いで、それを信じているかいないかで、恐怖を感じる度合いが違くなってくるのは当然の事だと思います。

ただ面白かったので、これの第一作目も見てみたいと思いました。


シリョウカン2


シリョウカン

tag : Amazonプライムビデオ2021年に見た映画洋画ホラー5月に見た映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「死霊館 エンフィールド事件」

いやはや、すんばらしいではないかいな!

死霊館 エンフィールド事件

1977年、イギリス・ロンドン北部のエンフィールド。 シングルマザーのペギーと4人の子どもたちは、正体不明の音や不穏な囁き声、人体浮遊など数々の不可解現象に苦しんでいた。 心霊学者の夫エドと透視能力者である妻ロレインのウォーレン夫妻は、彼らを救うため再び恐怖の元凶と対峙する…。 超常現象ホラー第2弾。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

3作目全米公開中

その3作目が「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」という、ふざけたタイトル。
ピエロホラーで「“それ”が見えたら、終わり。」というのがあったからでしょう。

「死霊館」は1作目もいいと思います。私なんかは、ここぞとばかりに「資料館」とふざけますが。あ、3作目のタイトルのふざけ方とは格が違います(どこがだ)。

Re: 3作目全米公開中

この記事の感想を書く時に、映画サイトでその三作目の事を知りました。
「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」、このタイトルだと、映画館でも一人で見る事が出来そうだななんて思ってしまいました。そう思えたのも、ふざけたタイトルだからかも(笑)

だけど「それが見えたら、終わり」って言うタイトルは、最初効いた時には、メチャクチャ怖いタイトルに感じました。
映画はあまり怖くなかったし、「スタンド・バイ・ミー」のホラー版みたいに感じたのですが。

1作目、見てみますね。
私もシリョウカンって打つと「史料館」になって、そのままでも良いかと思う時が。。。。。。。あるわけないですね^^
line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line