FC2ブログ

「ある少年の告白」

ある少年の告白1

2019年劇場公開作品。

3月18日、録画してあったものを見ました。

片田舎で暮らす牧師の息子、ジャレッドは何不自由ない生活を送っていましたが、大学生になり親元を離れ、そこである事をきっかけに、自分がゲイであることに気が付きます。

それを告白した息子に両親がとった行動は、彼を矯正施設に入れる事だったのです。

実話を基にした作品だそうです。

なんだか映画などの影響からか、アメリカなどの方が、そのような事に理解がありそうな気もしてしまうのですが、なんたってキリスト教圏ではそれは『罪』と言われているのでしょう。

日本などは、元々修道と言う考え方もあるし、ある時代から女性漫画家たちが罪の意識に囚われながらも、コツコツと傑作を描きあげていき、その作品に触れる事によって、ゲイに対しての理解する人も多くなったように思うのです。つまり私が思うには、よっぽど日本の方が、そういう方々に理解があるのではないかと思うのですが、ただ、じゃあ、日本がそういう人に対して対等な態度を取るかと言うと、そこは疑問です。

とりあえず日本の事は棚に上げて置くことにします。

この映画にあるポイントは、父が「牧師」、そして「田舎」という事かも知れません。

父は立場的にはそれを許せないし、田舎という場所は閉鎖的であり、自分たちと違うものを受け入れる事は難しいのかもしれません。


画像の下は、少々のネタバレ感想です。

ある少年の告白2

それでも最後の父との和解のシーンも良くて、やはりいついかなる時も、親は子の味方であるべきなのだと実感します。

その父親役は、ラッセル・クロウ。

最初に夫に逆らえず、思った事を口にする事が出来なかった母は、途中で自分の過ちに気が付き、ずっと彼の味方でいました。

やっぱり母親は流石だなと、深く共鳴したのでした。

その母親は大好きなニコール・キッドマン。

矯正施設の様子も、何やら静かな恐ろしさがありました。



美しい人同士のシーンは絵になりますね。

ただ手を繋いで眠っただけと言っても信じない、そして自分の作ったストーリーを押し付ける、そんな人の方がよっぽど矯正した方が良いのではないかしら。

監督はジョエル・エドガートン。

ある少年の告白3


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line