FC2ブログ

「ひとよ」

ひとよ


この映画は、映画館で予告編を見た時から、見たいと思っていたように思う。

なんたって配役が良い。好きな人ばかりだから。

物語も、服役を終えた母を子供たちはどのように向かい入れるのだろうかと気になった。


他の人から見れば、何の事のない夜でも、自分にとって特別な夜がある。

確かに。

母、こはるにとっては、暴力男の夫を子供たちの為に殺したあの日の夜がそうだったのだと思う。

だけど子供たちにとっても、殺人犯の家族を持つと言う、人生が一変してしまったあの日の夜が、その特別な夜だったに違いない。

子供たちを守った。母はそれを誇りに思っていた。

父の暴力と戦っていた子供たちは、その日からもっと大きなもの、見えない何かと戦い続けなければならなかった。

それを知っても、母は後悔などしない。そうでなければ生きられないと思う。

15年という歳月は、本当はもっといろいろな事を考える時間があったはず。きっと母は獄中で様々な事を思い、1周回ってきたに違いない。いや、そんな事はまったく描かれていないけれど、そう思わなければ、なんだか府に落ちない。


またも「映画.COM」の「ひとよ」の解説を読む。

『女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化』

なるほど。元々は舞台なんだ。

言われてみると、そんな感じがして納得できる。

無責任に批判する人たち以外、周りの人が皆暖かいのが、気持ちがいい。



ひとよ2



tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 2月に見た映画 邦画 白石和彌

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line