FC2ブログ

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

9人の翻訳家4

2月2日に視聴。


最近、トップ画像はポスターだったものを使わせていただいています。だけどこれ、ちょっと迷いました。映画に人を呼び込むのは、予告編も大事だし、ポスターも大事ですよね。

この映画、「映画.COM」の解説に依れば、

「世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとするダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話をもとにしたミステリー映画。シリーズ4作目「インフェルノ」出版時、違法流出防止のため各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったという前代未聞のエピソードを題材に描く」だそうで、そこがかなりのウリのポイントだったのですね。

だからポスターにも、それが大きく書かれているわけですが、ポスター的にちょっとうるさい感じ。

しかも、そこに何か期待して見た人は微妙な感覚に襲われるのではないかしら。「だからそれがどうした。」みたいな。

それに、ダン・ブラウンの出版社側は、これを見てどう思ったのかしら。そっちも気になる所です。

私は、あの「インフェルノ」の時そんな事をしたのかと、この解説で初めて知り、この映画を見た時もまったく知りませんでした。

知らなかったゆえに、また、このタイトルも硬い感じがして期待値が低かったものですから、意外と(かなり)面白く感じました。

「映画.COM」ではけっこう評価が高く、ただ「Wikipedia」の作品の評価に依れば微妙な評価になっているようですね。


私が面白く感じたのは、いい具合に騙されたからです。

たぶんサスペンス好きの方は、メンバーが出そろった時、そして事件が起きた時に、脳内で大筋の推理を組み立てて見るのではないでしょうか。

全員が地下に閉じ込められているのに、冒頭流出。

だったら、やっているのは××しかいないじゃんと、私は思いました。そしてあの人が犯人よねと。

だけど思わせぶりな人もいれば、又予想外のある人が登場してきて、またなんと途中でネタバラシがあってと、

あー、外れた~ !!!

と、思わせて、着地してみたら、「何だ、当たりじゃん。」となったわけですが、ラストに私はしみじみとしました。その動機に。


才能の無さに絶望して、死を選ぶ者もいれば、たった一人に認めてもらうために書く人もいるー。


国や民族が分かれていても、大きな大陸の上に住んでいる(優秀な)人たちの言語力には驚かされるものがありました。

(犯人が)「ギリシャ語(だったかな)が分からない !! 皆ギリシャ語でしゃべって!!」みたいなシーンで、もっと前からちゃんと彼らの話し方に気を付けていれば良かったかなと思いました。

しっかり島国住人の私は、日本語オンリィ。もっと近隣の言葉には注目して生きて来ても良かったような気がします。これからやればと思っても、たぶんあいさつ程度。ちゃんとやろうと思ったら、たぶん人生の時間は足りないかも知れません。あいさつ程度でもやらないよりましでしょうか。

推理劇を映像化させるのは、本当に様々な工夫が必要かと思います。この映画は構成でけっこう工夫していて、新しい事にチャレンジしたように感じました。

ネタバレ感想は無しです。


9人の翻訳家3

(C)(2019) TRESOR FILMS - FRANCE 2 CINWMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - LES PRODUCTIONS DU TRESOR - ARETMIS


9人の翻訳家    9人の翻訳家2









tag : 2021年に見た映画 2月に見た映画 サスペンス wowow テレビで見た映画 洋画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

各国語

編集者の周りで、あいつのわからない言葉でしゃべって! みたいなところは面白かったですね。
しかし、そのあと奴が発砲して、しかも、まさか彼女に、とは、ひどすぎて、何コレ!? ふざけんなよ脚本! とか感じてしまい、もう嫌い気味の針がびーんと振れたわけで。
それもあって、あんまり好きじゃないです。

Re: 各国語

ああ、そこ、私も嫌な感じがしました。
死んでしまったら、また感想が変わってしまっていたと思います。
ボーさんは特に、理不尽な悲劇には厳しい人なので、そういう感想になってしまうのは、無理もない事だと思います。
しかし、あの人、本当にクズでしたよね。
line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line