FC2ブログ

ペット・セメタリ―(2019)

ペットセメタリ―

1989年のリメイク版。
私は、この1989年版の「ペット・セメタリ―」が大好きで、ホラー映画なのに、号泣したと言う思い出があります。
ちょっと先に、そちらの作品の記憶で感想を書かせてください。
≪あらすじは書いていませんが、ネタバレしています。≫

原作は、スティーヴン・キング。

確かにグロイ姿の幽霊も出てきますが彼は味方だし、ホラー映画特有の怖い映像が記憶にあまり残らないくらいに、もっと違う物語的な怖さが、そこにあったと思います。
それは愛するものの死を受け入られずに、禁を犯してしまう人間の愚かさです。

この映画はテレビで実家に帰った時に見ました。テレビでやっていたそれを見ようとすると、妹夫婦が、「これ面白かったよね。子供がメチャクチャ可愛いんだよね。」と言いました。
テレビの初放送が1992年8月8日の「ゴールデン洋画劇場」らしいです。と言う事は「2」の宣伝のためにやったのでしょうか。

その頃の私の二人の子供は、まだ小学生と幼児。
ゲージと言う2歳ぐらいのヨチヨチ歩きの赤ちゃんに、感情移入大でした。

本当にこの赤ちゃんが可愛いのです。
だから馬鹿だなと思っても、父親のクリスの気持ちが凄く分かってしまったのですよね。

だけど、死んだ猫が帰って来た時から、それは元の魂ではないと気が付いて欲しかったです。
と、言っても気が付いてしまっては、この映画は誕生しないわけですからね (^_^;)

あれは姿はそのままでも、悪霊を体内に導いてしまった者なのかと思ってしまいました。
結局は、その猫が事故の誘因になってゲージも事故に遭ってしまったと思うのです。

ゲージの葬式を終えて、実家に心を休めるために帰った妻のレイチェルでしたが、その彼女が娘のケリーの夢などから、夫の元に帰らなくてはと、苦労して帰る様など、ちょっと明るい感じがして、救いなどもあるのかと期待してしまったのですが、・・・・・・


でも彼女が、部屋に入って来たゲージを見た時に、凄く愛おしい者を見るように幸せそうな顔をした事は忘れられません。
私は赤ちゃんのゲージが事故にあった所から泣きっぱなし。

見終わって、「ホラーなのに、泣いちゃった。」と言ったら、
「うん、泣くよね、これ。」と(私も若かったけれど)、更に若い妹夫婦に言われたのも、ちょっとした想い出です。

それに、このペットのお墓の奥にある、穢れた土地と言うのは、私的にはかなり心に残るものでした。なぜならその後私が引っ越して移り住んだ家の裏手は、まさに、ちょっとそんな感じの所で、ホラーとは言えるレベルではありませんが、少々怖い思いをして、「穢れた土地」と言うものは、本当にあるのかも知れないと、思ったりもしたのでした。

ペットセメタリ―1989

そしてこの映画が、本当に好きだったものですから、その後1992年の「ペット・セメタリ―2」もレンタルビデオで見ました。「ターミネーター2」で人気を博したエドワード・ファーリング主演だったので、期待してみました。
ペットのお墓は、ゾンビを収穫するかのような畑になっていました。
死んだら埋めて死んだら埋めて・・・・・。
元々乱暴だったり、まともではなかったものがモンスターになったりすると手に負えないと言うか・・・。
それでも愛するものとの別れがあったりで、私的には、主人公は可愛い少年だし、別物と思えば、それなりに楽しいゾンビ映画でしたが、世間の評価は低かったらしいです。

傑作と言われたものの「2」と言うのは、厳しいものがあるかと思います。

ペットセメタリ―2


そして2019年版の感想ですが、映像的な怖さが増していたように思います。
特に、記憶の中ではまるっきり残っていなかった、レイチェルと姉のゼルダとの確執は、かなり怖かったです。その恐怖がかなり前面に押し出されていました。
また2歳の幼児が、手術用のメスを振り回すのも、今の時代にはあわないと思われたのか、事故に遭ってしまう子供がお姉ちゃんのエリーに変わっていました。
エリーも10歳くらいの設定だと思うのですが、殺した母親をずるずると穢れた土地に連れて行き,埋めると言う事を普通にやります。もう可愛らしくもありません。
だからなのか、いや、もう私の子供が育ちすぎているからなのか、ものすごくフツーのホラーにしか感じませんでした。
お話しを知っているから ?

そのところの真実は分かりませんが、今見たら、1989年のものの映像は古く感じたりするのかも知れません。それでもその時感じた斬新さや驚きなどと、やはり比較をしてしまい、リメイクと言うものは難しい所があるなと思いました。

森の奥から家族三人と猫で、車の中で待っていたゲージの所に仲良く帰ってきた姿を見た時、怖いけれど、もうそれならそれでいいやみたいな気持ちになってしまったと言うのは、別の意味で怖いかも。

1月12日、WOWOWで。






theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : wowow テレビで見た映画 ホラー 1月に見た映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ペット・セメタリー」

「ジャスティス・リーグ」で、「ペット・セメタリー」の話題が出ていて、その点でも少し興味を持って。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ペット責めたり

我が家の記事、息子の画像を載せたのですが、あとから見ると、なんだか怖いのですよ。かわいいというより。
ブログ本にしたときは削除しちゃいました。(じゃあ、元記事からも削除すればいいのに。)

映画の記事、本家(?)と、こちら、どっちに載るんですか~?(ずっと、こっちはチェックしていませんでした)



Re: ペット責めたり

ペットは責めちゃダメww
いや、しかしそうだったのですね。私の記憶の中では「可愛かった。」となっていたのに、ボーさんのブログ記事を見て、ちょっとあれっ?と思ったのです。
ホラー映画なので、映画サイドでちょっとザワッとするような画像を、公開して残したのかなと、勝手に解釈してました。

こちらのブログ、何故か管理画面に入れない時があって、もうそれで嫌になり、全く管理しなくなってほぼ2年が経ってしまいました。
突然、唐突に復活しました。またよろしくお願いいたします。
line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line