スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ウーマン・イン・ブラック

ウーマン・イン・ブラック

まだ一月にwowowで見た映画の感想を書いてます。

「ハリーポッター」のラドクリフ君の主演作品。

って、こういう書き方って、あまり良くないかもね。あれだけ長いこと一つの映画の主役をやっていると、何とかの何々といわれるのは仕方がないことだけれど、一応シリーズは終了したわけだから〈まだ何か作ると言う噂もあるけれど〉、そこから卒業して行きたいと本人は思ってるかもしれないなんて思いました。

普通に地味にキャリアを重ねて息の長い俳優さんになりたいと、彼は思っているのかなと勝手な妄想をしていたりする私です。

地味にキャリアを重ねるなら地味な作品と思ったのか、なんか今時珍しくさえ感じる、まさしくオーソドックスな作品でした。
この作品を見始めたとき、これは外国のドラマをwowowで放映しているのかとちょっと思ってしまったのですが、すぐに前にテレビでこの映画のCMを流していたことを思い出したのです。

先に言うと、私はスプラッタ嫌いのホラー好きですから、この作品は結構好きですし、恐怖も後からじわじわ来るのです。

だけれど近頃派手で恐怖シーンも半端のないホラーを見慣れた人たちが、映画館に行ってお金を払ってこれを見た場合、どのような満足度を感じるのかなとも思ってしまったことも本音です。


映像は綺麗です。

黒衣の女が潜む怨霊の館。引きずるこまれる底なしの沼。子供たちを失った悲しい村。


この映画は、後から怖くなって一人でトイレに行けなくなるような映画ではないのですが、そのぐらい怖かった「リング」と大きな共通点があるなと思いました。


以下は曖昧に書いていますがネタバレになっていまっているかも。




主人公の青年が、怨霊である黒衣の女の無念な部分を埋めようと奮闘するのです。
かなり努力して。

そしてこの事案は解決したと思うのです〈彼は弁護士〉

ところがその女は何にも満足しないのです。

井戸の中から貞子の遺体を見つけて終わったと思ったヒロインと同じです。でももともと悪の存在であった貞子には、そんなことは何の意味もなかったのと同じで、怨霊に思考力などなくて、怨念だけ。しかも彼女は生前は心を病んでいた狂女であって、もともとまともな思考ができなかったのかもしれません。固執するとか。

要するにそこには逃れられない恐怖が存在する・・・・・。


ネタバレしてるかもじゃなくて、完全にネタバレじゃんと言うところですが、あの努力が報われずめでたしめでたしには終わらないという雰囲気はすぐに分かるので大丈夫だと思うのですが、ラストだけはいくら何でも書けませんね。でも書きたいのでずっと下に書いておきます。
























その女の姿を見た者はその女に子供を殺されるー。
分かっているんだから、なんでもうちょっと注意深く子供を見ていないんだって思ってしまいますよね。結局は助けようとして、親子ともども・・・・・。
でも残酷なシーンはなし。
しかも愛する妻が迎えに来て、ホラー映画にふさわしいハッピーエンドを迎えるのでした。その若き弁護士は最愛の妻を失って失意の極みにいたわけなので、その再会は彼自身が心の底から願っていたことでもあったのです。親子三人で光に包まれて幸せそうに去っていき、黒衣の女は成すすべもありません。要するに負けたけれど勝ったようなものだったかもしれませんね。


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

ゴシック・ホラーの雰囲気はいいよね・・・ ダニエル・ラドクリフくんの演技がどうも残念で・・・ THE WOMAN IN BLACK 監督:ジェームズ・ワトキンス 製作:2012年 イギリス・カナダ・スウェーデン 上映時間:95分 原作:スーザン・ヒル 「黒衣の女 ある亡霊の物語」 出演:*ダニエル・ラドクリフ *キアラン・ハインズ *ジャネット・マクティア ...

twitter plugin wordpress

近未来二番館 ウーマン・イン・ブラック
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

kiriyさん、こんにちは!

ラドクリフ君の演技に少々不満を感じながら観ましたが、
ゴシック風な雰囲気は好きでした。

結末は貞子の展開と同じでしたね!
私も貞子を思い出しました!
でもこれはハッピーエンドだったのか、ちょっと分かりません。
主人公が幸せそうだったからあれで良かったとも思えるし、
何をやっても黒衣の女の怨念は消えないとなるとバッドとも思えるし、
でも「負けたけど勝った」と考えれば、爽快かな(^^;


kiriyさんお勧めの「みなさん、さようなら」を観ましたよ。
あの母親のように子供を黙って見守るって難しいですよね。
私なんてつい口を挟んじゃう親なんだけど(^^;、
息子のほうは近々家を出て自立するので、
目の前からいなくなれば、もう何も言う事はなくなると思います(≧ε≦)

濱田岳さんの年齢不詳の演技には感心しました。
温かい内容でホロッとさせられて、とても良い作品でした。
お勧め、ありがとう~☆

YAN様

こんばんは~☆
YANさん、さすが。いろいろと網羅して見ていますね。

> ラドクリフ君の演技に少々不満を感じながら観ましたが、

この意見、他の映画サイトの感想でも少々見かけました。彼、これからまだまだ修行しなくちゃポッターから抜け出せませんね。
でも、このような作品をチョイスしたのはそれなりに健闘していると考えてもいいのかな。


> ゴシック風な雰囲気は好きでした。

私もです。


> 私も貞子を思い出しました!
嬉しいです♪
全く違う雰囲気なのに、同じように感じてくださる方がいらして。
思わず「友よ。」と精神的ハグしちゃったぞ〈笑〉

> でもこれはハッピーエンドだったのか、ちょっと分かりません。

まあ、無理やりです^^

そして・・・・
> kiriyさんお勧めの「みなさん、さようなら」を観ましたよ。

さらに「わーい」です。

だけど・・・
> 息子のほうは近々家を出て自立するので、
慣れるまで寂しいよね。

今最後の仕事のLASTで、ちょっとだけ余裕がなくて、そちらへの訪問が遅くなってしまいそうです。既に記事は読んだのですが、落ち着いたら、またお話しさせてくださいね。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。