スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

脳男

1月12日、wowowで鑑賞。

脳男

「プラチナデータ」の感想で、ハリウッドでもリメイクできるなというようなことを書きましたが、それはこちらも同じです。意外とすごく面白かったです。

こちらは近未来には本当にこういうことが起きるかもなと思わせるようなSFではなく、ぶっ飛んだサイコパスが出てくるので、そしてそれと戦うのが美しく優秀でありながら、感情だけが完全に欠落している脳男、鈴木一郎(入陶大威)。

このぶっ飛んだサイコパスを二階堂ふみ、脳男を生田斗真。

本当に生田さん美しい人ですね。

ネタバレしてますが、

二階堂さんのセリフ、なんか一か所共鳴しちゃいました。もちろん行動にではないですよ。
癌で命の先が見えちゃってるものだから、彼女に怖いものはないんですよね。
その彼女のセリフ。
「私は私の戦いの中で死にたいわ。」


映画のために付け加えられた精神科医の弟を殺害した男のその後のエピソードは、この映画に深みを出したと思います。

ところで私、続けてプラチナデータとこれを見て10日ほど経ったら、刑事役の方、精神科医の方がごっちゃ混ぜ。
「プラチナデータ」の刑事はトヨエツで精神科医は鈴木保奈美。

「脳男」の刑事は江口洋介で精神科医は松雪さんですね。

ところで私、その2.
最初、この映画「脳」という言葉が入っていたことから、ちょっと勘違いしてしまいました。
昔読んでいましたよ。マンガですが、善人な青年が脳腫瘍にかかり。そして移植されたのが死刑囚の脳。彼は復活しますが、悪人を成敗して殺していく狩人になっていたのです、というお話。
「カリュウド」
これは「サインはv」などを描いた望月あきらの作品です。かなり残酷な展開です。で、今頃その漫画の映画化かと思ってました。

悪人成敗には共通点があるものの別のお話でしたね。


ラストシーンの生田君のかすかな微笑み、良かったです。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。