スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ゼロ・グラビティ3D

201401043

12月30日、家族と一緒に観てきました。

なんとなく年末に映画に行くのが好きです。慌しい時間の中で、ホッと息のつける時間を持つことは私にとっては大切な習慣です。

それでもこの映画の事は、行く候補としてあまり意識の中に食い込んではいませんでしたが、

wowowの映画評論の時間で、この映画の事が話題になっていました。私はあまりプロの映画評は参考にしないことにしています。
たぶんあの方で懲りちゃったのだと思います。誰とは書きませんが、今でもリアル友達には信頼が厚く
「×××はこう言ってるよ。」なんて言うのを聞くとうんざりします。

そんな訳で、映画評の時間は昔はかなり好きだったのに、チラ見でした。

しかしこの映画だけは、その力説振りにかなり心に残りました。

その映画評論家の方はこう言いました。
「この映画だけは字幕では見ないでほしい。」と。

上も下もない宇宙空間に投げ出されたように、それを本当に体感できるのに、字幕が出ると上下がそこでいきなりはっきりとわかってしまうからと言うもの。

その説明に一気に見たい度がアップしたところに、息子の一人が
「あれはいつ公開だろう。」とすごく気になっていることが判明したのです。

それで彼が休みになるのを待って見に行ったという次第なのです。
公開日からその間、かなり好評の様子なのがあちらこちらから伝わってきました。



それで期待度がガンガン上がってしまいましたが、その期待を裏切らない内容でした。

この映画リピーター率も高いようですが、頷けます。

この映画、ストーリーじゃないんです。物語はいわば宇宙からの脱出です。

あっ、因みに「宇宙からの脱出」っていう映画もありましたが、あれも良い映画だったと思います。

で、その脱出劇、テンポと映像が素晴らしいんです。

最近、私は3Ⅾがあっても普通に2Ⅾで見ることが多くなってきているんですが、この映画だけは3Ⅾ吹き替えで見ることをお勧めします。

本当に体がピクンと動いてしまいました。

実際にはやりはしないけれど、心の中で思わずプハァと息を大きく吸いたくなること間違いなし。


以下少々のネタバレ感想です。


201401044




この作品はゲームのような作りだなあと、私は感じました。

第一ステージ、第二ステージとクリアしていくっていう感じです。
ちゃんと定期的に破片攻撃の危機があるっていう所もそんな感じに感じました。

最初に宇宙に放り出されるところでは、サンドラ・ブロックのライアン・ストーン医師がバランスを失ってくるくるくるくるくるく・・・・って、止まって欲しい~って彼女だけじゃなくみんな思ったのではないでしょうか。

止まらないところが凄くリアリティがありましたよね。

もうあの段階で自分だったら諦めちゃうと思いました。

でもベテラン飛行士のマット〈ジョージ・クルーニー〉が助けに来てくれて・・・・
もう彼、白馬の王子様のごとくかっこ良かったです。


だけどあの話の続き、気になりませんでしたか。
毛むくじゃらの人間じゃない奴と一緒って。それってなあに。ああ、気になる。


頑張ったライアン博士がロシアの飛行艇〈?〉の燃料切れに一度は諦めて死を覚悟するところで、マットがやって来た時、私ちょっと騙されて、何たる奇跡、ここまで流されて偶然にもこの船を見つけたんだわって一瞬思ってしまいました←オバカッチョ


だけどライアンの「来ないで~」と言う薄情な言葉といきなり扉を開ける信じられない行動に、ああそうかとようやく分かったのです。マットの姿を借りた自分との対話だったのかもしれませんが、私はそこは単純にマットが肉体を捨てて来てくれたのだと解釈したいなと思いました。

その死の淵から立ち直ったライアンは俄然強くなります。

それは朝ドラ「ごちそうさん」を見ている人にだけわかる言葉で言えば「なべ底大根の気持ち」だと思いました。


あっ、その時入ってきた放送は笑いや犬の鳴き声赤ん坊の泣き声と普通の生活を思わせるもので、彼女の心をいやすのでしたが、その声側からのスピンオフ映像を教えてもらったのでリンクしておきますね。

ここです。


音もなく崩壊していく宇宙ステーション。
見ごたえ十分です。

「3千回ぐらい死にそうだ。」と息子が言いました。

そしてゲームの感覚で言うならラストステージは地球でした。ここまで来てまだかと思いました。
水の中のシーンでは本当に息苦しくなりました。



水の上に出た彼女の間近に虫の羽音が。そして遠い空には破壊され落ちてくる破片の燃え尽きていく姿が見えます。
彼女は土塊をつかみそして立ち上がり歩いていくところで終わりです。

ああ、空気ってありがたいとしみじみと思いました。月並みな感想で絞めてしまいましたが、本当にそう思えました。



201401042

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゼロ・グラビティ」(1回目)

この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?

ゼロ・グラビティ(IMAX3D字幕)

絶望のどん底で、本能が呼び覚まされた。 GRAVITY 監督:アルフォンソ・キュアロン 製作:2013年 アメリカ 上映時間:91分 出演:*サンドラ・ブロック *ジョージ・クルーニー 声の出演:*エド・ハリス 宇宙の暗闇を生き抜け 日曜日に家族4人で観てきました。 宇宙酔いしたわ~(@_@;) IMAX3D効果で自分が宇宙空間にいるような気分になり...

映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注

<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船...

『ゼロ・グラビティ』

□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■劇場 ...

ゼロ・グラビティ

宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。

ゼロ・グラビティ

 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100ºCで、音を伝えるも...

映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が太鼓判を押せる作品。 ・★★★☆☆  まぁまぁ。お金払って映画館で観ても悪くない。 ・★★☆☆☆  好き嫌いの分岐...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ものすごーいお久しぶり!

2回とも字幕で観ました。観に行った映画館、IMAXは吹替はなかったような…。
うん、字幕を見ないで済むほうが、より深く入り込めそう。

私もマット(でしたか)が生きて宇宙船にたどり着いたと思いましたよ。素直なので。
地球側からの短編も見ましたし、すごい映画でしたね~!

ボー様

くふふっ〈苦笑〉
本当にお久しぶりになってしまいました。でもまたよろしくお願いいたします。

この映画に、「アバター」の時にも思ったのですが、映画の進化を感じましたよ。

>私もマット(でしたか)が生きて宇宙船にたどり着いたと思いましたよ。素直なので。

良かった、私だけでなくて。じゃあ、私も素直だったという事で〈笑〉

やっと記事UPしました

kiriyさん、こんにちは!

あら、「字幕では見ないで」ですって( ̄□ ̄;)
わたくし、字幕で観てしまいました。
俳優本人の声でないと嫌なもので。
でも字幕があっても、グル~ンと目が回る感覚はあって、
娘も私も少し酔いましたよ。
字幕がなければ、もっと酔ったかも。

次から次へと襲ってくる難題は、ゲームのステージと言われれば、
確かにそんな感じ! クリアしても次がある。
結局、どれだけステージがあったのやら、しんどかったわ~!
最初の段階で、kiriyさんも諦めちゃうと分かってホッとしました(≧ε≦)
しかしよく彼女は「生きたい!」に転向したよね(;_;)
そこからが本当に感動的でした。

YAN様

>あら、「字幕では見ないで」ですって( ̄□ ̄;)

wowowの番組の評論家の方の言葉を書かせていただいたのですが、
私はもともと、3Ⅾは吹き替え版が好きなので、このような発言も受け入れやすかったのかもしれませんね。
上も下もなくなる空間を体験できるのかと、期待が膨らみました。

YANさんがオリジナリティを大切に思っていることは以前から知っていますよ~。

そう思う方はたくさんいらっしゃいますよね、きっと。

私はそちらでも書きましたが、YANさんの感想が奥が深かったので、それも感心しました。
まあ、かろうじて「なんでもすぐに諦めちゃ、あかんな。」ぐらいは思いました。・・・・と言っても最初のくるくるくる、あそこから結構レベル高い試練だったと思いました。


line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。