スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「スープ・オペラ」

スープ・オペラ - goo 映画

スープ・オペラ
1月23日、wowowで鑑賞。

冒頭、廃墟となった遊園地のメリーゴーランドの前に男が出てきて、アコーディオンを弾く。

このとき、今からこういう映画をお見せしますよと言われているような気がした。

「こういう」と言うのは曖昧だが、廃墟となったメリーゴーランドは、いわば夢のあと。なんとなく切ないその背景で、現実感の無いアコーディオン弾きが出てきて、又夢のシーンが始まるのだ。
夢から目覚めてもまた夢が始まる。

人生のように。

その時隣でお茶を飲んでいた息子が言った。
「とりあえず、この男は不法侵入者。」
なので私は敢えて言う。
「大丈夫です。撮影許可は取ってあります。」

あらすじ等はリンクしてあるgoo映画で。

還暦前に恋に落ちて、結婚する主人公のルイの叔母、トバちゃんのお洒落に萌える。
服も可愛いが恋心も可愛い。お相手は、萩原聖人。

トバちゃんが家を出て行ってしまうと、古い広い家には30歳過ぎたルイがひとり取り残されたように生活する羽目に。
そこにやって来たのが、トニーさんと康介。
このいつでも笑っている康介は「愛のむき出し」のAAAの西島隆弘。
私はその映画から、彼のファン。
悲しい時でも笑いながら泣いている彼を見ているだけで、ちょっと幸せな気分。

父のような男と少年のような男との共同生活は楽しげで、まるで大島弓子の漫画のような世界観。そんなところに惹かれてあっという間に物語は終わっていく。
静かな生活にも変化は訪れて、いつの間にか又ひとり。

夢の中のメリーゴーランドは美しく動き、楽団は楽しげに演奏する。その前でルイは愛する人たちに囲まれて、愛する人と踊る。
目が覚めた時に涙ぐむルイ。
だけどトバちゃんが教えてくれた、子供の時から作りつづけ飲み続けてきたスープを口にしながら、ルイは静かに微笑むのだった。

向き合わなければならないのは現実。だけどそれはそれで決して悪くもないもんだ。・・・と、言ってるようにも感じたラストだった。

坂井真紀 (ルイ)
西島隆弘 (康介)
加賀まりこ (トバちゃん)
平泉成 (井上豪)
萩原聖人 (水谷医師)
鈴木砂羽 (奈々子)
藤竜也 (トニー)

監督 瀧本智行
脚本 青木研次
原作 阿川佐和子





theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『スープ・オペラ』

ゆっくり煮込んだおいしい手作りスープの乗った食卓を囲んで、60代男性・30代女性・20代男性が疑似家族を形成していく映画『スープ・オペラ』。 時代を超越したような古めかしい家のゆっくりした雰囲気や、シンプルでおいしそうなお料理たち、つつましい登場人物たちの...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。