スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

探偵はBARにいる

監督が橋本一、シナリオが古沢良太・須藤泰司(兼☆プロジューサー)、みんな「相棒」のメンバーです。これで面白くないものが出来るわけがないのです。期待して、しかも映画仲間の姑まで誘って、初日の初回に見に行ってしまいました。
流石に、姑まで誘ってしまうと、彼女の反応が気になってしまいました。

「まあ、これも嫁への付き合いで仕方がないわね。」と言う雰囲気になってしまったらどうしよう・・・・

が、義母は終わった後、
「こんなに面白いなんて思っていなかったわ。ああ、楽しかった。」と言ってくれたのです。

と言うことは、やっぱり最初は「付き合い」だったのですね。

探偵


でも喜んでいただけてホッとしました。
途端に態度もでかく
「そうでしょう、ヤッパシ。」と言い放っていた私なのでした。


主演は大泉洋。舞台は札幌、特にススキノ中心とくれば、大泉さんは北海道民に愛され育ったヒーローな訳で、背景になじまないわけがありません。
どこかずっと惚けた感じの漂う大泉の演じる探偵は、その惚けた感じの奥に、時々微かに見せるシリアスさが物語をグッと面白くしていると思います。

なんかお洒落です。

余り重いハードボイルドは、苦手です。この軽さがたまりません。



松田兄弟は前からハンサムなので好きでしたが、「悪夢探偵2」を見てから、松田龍平に対しての評価が数倍跳ね上がり、探偵の相棒役(本当は運転手と言うバイト)にも期待していました。

期待裏切らず、その高田と言うキャラも魅力的ですが、アクションが素敵!カッコいい!

そう、アクション、丁寧で見応えがあります。
義母が、スノーモービルのシーンは、実際にやっていて凄く大変で命がけだったんだってと教えてくれました。そう言う事前のリサーチ力は義母にはあって、これを見に行くんだと思うとテレビや新聞でのチェックに余念がないようです。

その義母が反応したのは丸い氷。

それで私はその氷に講釈をたれて・・・って、どうでもいい事ですが、姑とだってお話も弾みますよ。敬老の日には是非♪


まあ、それはともかくですが、最初に探偵が言うオセロゲームの醍醐味、それがこの物語の・・・・


「相棒」を見ている時も、そのラストが最初に立てた予想通りなら私の勝ち、ラストの予想が付くのがラスト前だったら私の負けなんて勝手にライターさんと勝負しています。かなり勝率が高い私ですが(なんと言ってもサスペンス好きなので・・)、この映画、負けました。負けるほうが実は嬉しいのです。

<ちょっと追記
声で分かるという意見多数。へえ、そうなんだ。そうなると探偵の俺もアレだけど、私はリアル探偵にはなれない事がわかりました。いつ、深田恭子が出てくるのかと思っていましたよ。アウトですね、まったく。>

不幸にも勝ってしまった、あなた、
それでもそれは関係なく面白かったですね♪


歌はカルメン・マキ。素敵な歌でしたが、それよりも実際に歌手役で登場で、昔の暗さがなくてそれにも驚きました。

それから・・・・
あれやこれや、細かい事があるのですが、ネタバレナシで書くとここまでが限界でしょうか。

ただエンドロールに「スペシャル・サンクス」として砂本量さんのお名前があったように思います。
この企画、結構前からあったのかなあとかいろいろ考えてしまいました。パンフレットを買わなかったので、今となってはその名前を劇場で見たのは、幻のような気がしてきました。

これから行かれる方はチェックしてみてくださいね。


探偵3


探偵2


探偵4

theme : 邦画
genre : 映画

tag : 古沢良太 大泉洋 松田龍平

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「探偵はBARにいる」依頼人の調査を受けて死にかけた先にみた愛された女の復讐劇

「探偵はBARにいる」はバーでしか依頼を受けない変わった探偵がある女性の依頼を受けて調査した案件が大きな組織が絡んでおり、次第に事件に巻き込まれていくストーリーである。今 ...

探偵はBARにいる

地味だぁ・・・  

大泉洋が素敵。【映画】探偵はBARにいる

【映画】探偵はBARにいる 東直己の小説「バーにかかってきた電話」原作。 「相棒」シリーズの橋本一が監督。 【あらすじ】 行きつけの札幌・ススキノのバーにいた探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)は、コンドウキョウコという女からの依頼の電話を受けて?...

探偵はBARにいる

何かあったら 電話してくれ。 製作年度 2011年 上映時間 125分 原作 東直己『バーにかかってきた電話』(ハヤカワ文庫刊) 脚本 古沢良太須藤泰司 監督 橋本一 出演 大泉洋/松田龍平/小雪/田口トモロヲ/波岡一喜/有薗芳記/松重豊/高嶋政伸/榊英雄/片桐竜次/本宮泰風/野...

大好き♪松田龍平(そっちかいっ!)~「探偵はBARにいる」~

探偵はBARにいる。Agehaはどこにいる?(笑) 京都叡電の元田中駅から徒歩で5,6分てとこですかね? 「BAR探偵」というお店があります。 2011年の「京都カフェじかん」というガイドブックには 喫茶タイムもあるみたいなことを書いてたんで、 映画見てすぐにランチ...

映画『探偵はBARにいる』

 東直己氏の代表作〈ススキノ探偵〉シリーズを、北海道出身である大泉洋を主演に迎えて映画化。アジア最北の大歓楽街、札幌・ススキノを、探偵が駆ける! バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)東 直己 ...

探偵はBARにいる

バーにかかってきた電話だけで仕事を引き受ける探偵は、自分の身の安全を守るのが非常に難しい。でも、助手の高田(松田龍平)が強いので可能なのだろう。登場人物を丁寧に描いているので、2時間の上映時間退屈しないで楽しめた。小雪がなぞめいた女性を好演していて、高嶋政

「探偵はBARにいる」を観ました。

「探偵はBARにいる」 観ました。 日本にも数多くの「探偵役」がいます。 金田一耕助?介?から、最近では杉下右京まで。 そんな数ある探偵さんの中に名を残すことになるのではないでしょうか。 「大泉 洋」演じる・・・『俺』。 切れ味鋭い探偵役が観客をも...

探偵はBARにいる

東直己の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第2作「バーにかかってきた電話」が原作。ちなみに、「探偵はBARにいる」と言うのは第1作のタイトル。 「ススキノ探偵シリーズ」と言う事なので(?)、北海道の大スター大泉洋が主演です。この人は、基本・・・って言うか、絶対コメ...

『探偵はBARにいる』

□作品オフィシャルサイト 「探偵はBARにいる」□監督 橋本 一 □脚本 古沢良太、須藤泰司□原作 東 直己(「バーにかかってきた電話」) □キャスト 大泉 洋、松田龍平、小雪、西田敏行、竹下景子、石橋蓮司、松重 豊、       高嶋政伸、阿知波悟美、田口...

「探偵はBARにいる」(日本 2011年)

女性からの電話での依頼。 去年の2月5日、カトウは何処にいたか。

探偵はBARにいる

 『探偵はBARにいる』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作の主演の大泉洋が、これまた主演を演じた『アフタースクール』(2008年)がなかなかの出来栄えだったので、これもと期待して映画館に出かけました。  物語は、オフィスが持てないために、札幌ススキノにあるバ...

■映画『探偵はBARにいる』

“ハードボイルドな探偵映画”って、日本ではなかなかはまらないような気がしてました。 まず、探偵が似合いそうな俳優がいないし、探偵が似合いそうな場所がないし。 「なんかとりあえず、探偵と言えば“浮気調査”とか“身上調査”くらいしかしてなさそう」みたいなイ...

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる’11:日本◆監督:橋本一「茶々 天涯の貴妃」◆出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、マギー◆STORY◆“俺”は札幌の歓楽街ススキノの私立探偵。相棒兼運転手の高 ...

映画「探偵はBARにいる」批評 意外とハードボイルド( ̄ー  ̄)

探偵はBARにいる観ましたよ~(◎´∀`)ノ 札幌在住の作家・東直己の“ススキノ
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

スペシャルサンクス

砂本量さん、名前出てましたね。
須藤Pはこの映画の企画を十数年間も暖め続けていたそうですから、砂本さんの存命中には、なんかの拍子で話題に上ったりは、したかもしれません。とはいえ、パンフレットを読む限り、特に制作に関与していたわけではなく、友人でありよき仲間であった須藤Pや橋本監督からの、敬意と友情を込めた“SPECIAL THANKS”だったようです。

tamacat様

コメント、ありがとうございます。
いろいろ想像して、「相棒」家族みたいな絆を感じました。
>須藤Pはこの映画の企画を十数年間も暖め続けていた・・
やっぱりな~と思いました。砂本さんとも「いいね~」とか会話があったのかもしれませんよね。
名前がそこにあっただけで、ちょっと嬉しかった私です。
でもこれは「相棒」ファンだけに分かる話題ですね(笑)


No title

こんにちは。TBありがとうございました。
私は声じゃなくてしゃべり方?でわかりました。
独特の間といいますか・・。(笑)
それに登場人物もあんまり多くなかったので
この人しかいないだろうっていう先入観でみちゃいました。
最期のシーンはちょっと切なかったですね。
ここまで探偵さんを巻き込んでおきながら
最期は自分で・・・っていうのがなぁ
って思いながら観てました。

この二人のコンビまた観て見たいですね。
原作本はもうひとシリーズ出ているみたいなので
またやってほしいなって思いました。

みのむし様

コメントを残してくださったのですね。ありがとうございます♪
これ、後から予告編を映画館で見直したら、もう彼女しかいないじゃんって分かりましたよ(笑)

映像なのに、最初に分からなかった私は奇跡に近いラッキーだったと思います。何でそんな奇跡が起きたかと言えば、予告編で見た深キョンが余りにも印象的で、電話の声がマジで彼女の声に脳内変換されてしまったのです。


滅多にあることではありませんね(笑)

ところでこの二人、本当に良い感じ。又見たいなって、私も思います。そして嬉しい事に、続編は決定されたんですよね。

続編楽しみです。松田君、もっと活躍して欲しいですね。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。