スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙 - goo 映画


ジュリエットからの手紙2
5月27日映画館で鑑賞。

前回の映画が「ブラック・スワン」で、傑作でありながら重かったので、なんだかそれの中和剤的な映画を見たくなってしまいました。だからと言ってツバメ船長のお話と言うのも疲れそうです。お顔がスマイルマークになれるような映画はないかなと思い、出掛けて参りました。

まさに私の願いどおり、スマイルマークのような顔になれる映画でした。

ちょっぴり愛を感じたいなと言う時に最適な映画です。
以前、なんだかがっかりしちゃった「食べて祈って恋をして」をふと思い出してしまったのですが、こちらの方が「食べて」と言う部分も、本当に楽しそうです。

楽しそうだったのはヒロインのソフィーではなく、その婚約者のヴィクターだけだったのかもしれませんが、その楽しさが伝わってきて、イタリアっていろいろ良いよなと憧れの思いも強くなってしまいました。

もちろんジュリエットの生家にも行ってみたいです。
あんな風に、世界中の女性が訪れて手紙を書き、それに対してジュリエットの秘書たちが返事を書くなんて、この映画を見ようと思うまでまったく知らない事でしたが、とっても素敵な事ですね。

いつか行って手紙を書き、お返事を貰いたい。でも、なんて言うかコレと言って書くことがない・・・・・
まあ、それはどうでも良い事なのですが、もうひとつどうでも良い事をメモとして残しておきたいと思います。
それは、今私の三倍は忙しそうにしているので、声もかけてあげなかった姑は、きっとこの映画が好きなはずです。たぶん彼女はこういう映画を見たいんだと思いました。それなのに、忙しくて無理だとは思うけれど、誘いもしなくて申し訳ないとも、映画を見ていたときに思ってしまいました。

いつまで経っても元気溌剌な彼女が好きな映画のジャンルは「ラブロマンス」。

女性は、いつまで経っても枯れ木になってはいけないような気がします。コレはこの映画にも通じているのかもしれませんね。

ところでヒロインのアマンダ・サイフリッドは可愛いですね。どこかで見た顔よねと思ったら、次回作は「赤ずきん」。近頃頻繁にテレビでお見かけしていました(予告編で)。それから「マンマ・ミーア」の娘役の人ですよね。

以下はネタバレ感想です。
ジュリエットからの手紙1

↑ やっぱり可愛い、アマンダ。

50年前の手紙を偶然、ソフィーが見つけてお返事を書き、それによって手紙を書いたクレアが現れ昔の恋人ロレンツォを捜す旅が始まるのでした。
行動の早いクレア。
突然現れたクレアの孫は、「なんていう手紙を書いたんだ。」と怒りますが、どんな手紙を書いたのか、とっても気になりました。それは後から良いタイミングで読まれることになるのですが、なんて言うか上手く出来ている映画だと思いました。

意地悪な見方をすればご都合主義にも思えるのかもしれませんが、こういう映画はそれで良いんじゃないかなと思うのですよね。
運命と言うのはいったん回りだすと、ぴったりと嵌るパズルのようなものなんじゃないかなとも思うのですよ。
(そんなこと言ってますが、良い男が続けて現れてちと羨ましいじゃないかとやっかんでみたりして・・・)

ラストは予想通り。でもそれがとっても嬉しいのです。

やっぱり愛は一緒に居て育める人とじゃないと駄目よねと言う教訓なんじゃないかしら。この映画は恋人たちが見るのに凄くぴったりとした良い映画だと思うけれど、遠距離恋愛をしている人が、たまのデートで見ては絶対にいけない映画かもしれませんね。

欲を言うと、もう一度ジュリエットの生家がお話に絡んで欲しかったような気もします。

初めの方でもソフィーは手紙を書きかけていました。でも旅が終わった時のソフィーだったらなんて書いたのでしょうか。

詳しく書いてないので、ネタバレ感想と言いながら、実はネタバレにはなっていないかもしれませんね。
でも、ネタバレ画像・・・かな。↓

ジュリエットからの手紙3


アマンダ・サイフリッド   (Sophie)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Claire)
ガエル・ガルシア・ベルナル (Victor)
クリストファー・イーガン (Charlie)
フランコ・ネロ (Lorenzo Bartolini)

監督 ゲイリー・ウィニック

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : アマンダ・サイフリッド

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジュリエットからの手紙(2010)☆LETTERS TO JULIET

                                       50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。 MOVX京都にて鑑賞。  皆さん、ご存じだと思いますが、、、、。 ゲイリー・ウィニック監督が2011年2月27日、脳腫瘍のため、49...

Letters to Juliet /ジュリエットからの手紙 アマンダ・セイフライド

「マンマ・ミーア」でブレイクした、アマンダ・セイフライド主演のロマコメ。 日本未公開、2011年5月14日に公開決定 ロンドン行きの機内にて鑑賞 タイトルのジュリエットは「ロミオとジュリエット」がモチーフ。 イタリア、ヴェローナの街が舞台。 ヴェローナに...

「ジュリエットからの手紙」

わがアマンダ・セイフライドちゃんの3作連続上映! みたいな楽しいことになってるうちの、まずは第1弾! (「ジュリエットからの手紙」5月14日公開、「クロエ」5月28日公開、「赤ずきん」6月10日公開。全部、前売券買ってます!)

「ジュリエットからの手紙」優しさいっぱいの恋物語。

[ロミオとジュリエット] ブログ村キーワード  不朽の名作「ロミオとジュリエット」から生まれた本作、「ジュリエットからの手紙」(ショウゲート)。初夏を迎えるこれからの季節にピッタリな、爽やかな感動ラブ・ストーリーですよ。  ニューヨーカー誌の調査員・ソ?...

ジュリエットからの手紙

 『ジュリエットからの手紙』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)この作品は、ストーリー自体よくあるお話ながら、ヴェローナにある「ジュリエットの家」を話の起点にするなど、なかなか着眼が面白いなと思いました。  ニューヨークでジャーナリストを目指す主人公ソ...

映画『ジュリエットからの手紙』を観て

11-35.ジュリエットからの手紙■原題:Letters To Juliet■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:5月15日、ル・シネマ(渋谷)■料金:1,800円□監督:ゲイリー・ウィニック□脚本:ホセ・リヴェラ、ティム・サリヴァン□編集:ビル・?...

映画:ジュリエットからの手紙

 美しいイタリア、純粋なラブストーリーが高評価のジュリエットからの手紙を見てきました。

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙'10:米◆原題:LETTERS TO JULIET◆監督:ゲイリー・ウィニック 「シャーロットのおくりもの」◆出演:アマンダ・サイフリッド、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ガエル ...

ジュリエットからの手紙

とても爽やかで可愛いラブストーリー。 気分はロミオとジュリエット。 LETTERS TO JULIET 監督:ゲイリー・ウィニック 製作:2010年 アメリカ 出演:*アマンダ・サイフリッド *クリスト...

【映画】 ジュリエットからの手紙

イタリア・ヴェローナで実際にある「ジュリエットへの恋愛相談」をモチーフにした映画「ジュリエットからの手紙」を鑑賞。ロマンチックな設定と絶妙な配役、観ていて幸せな気持ちになる恋愛映画です。 ジュリエットからの手紙あらすじ ライター志望の調査員、ソフィーは、レストランを開店する婚約者ヴィクターとともに婚前旅行でイタリアへ。 ところがヴィクターは開店準備でイタリアでも大忙し。残された...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2でしたっけ

前からFC2ブログでしたっけ?
それはともかく、グッドな選択でしたね~。
気分よく観られますから。
私は映画などを見ても、あ、ここに行ってみたい、とか思わないのですが(旅心がない?)、アマンダとなら行きたい。(笑)
私は絶対に彼女をほっときません!

都合のいい場面も、あえて織り込み済みにした、うまい脚本ならば、問題ないですよね。

こんばんは☆

最初の数ヶ月だけは違うところでやっていたのですが、その後はずっとココでやっています。でも、メインブログでも(別にも何でもアリブログを持っているんです。)極稀に映画の感想も書くので、そのイメージが残っていましたか?
ちなみに、そちらのブログにはニャンコ画像も載せていますので、気が向いたら覗いてみて下さいませ。

ところで
>私は絶対に彼女をほっときません!
そうですよね。
婚約者もイケメンで、決して悪い人ではないけれど、調子良すぎましたよね。
「会えなくて寂しかった。」とか言う言葉だけで乗り切ろうと思っては駄目なんだとか、色々教訓になる部分もありましたよね。

楽しい映画でした♪

kiriyさん、こんにちは!

これは笑顔になれる可愛らしい映画でしたね~
ジュリエットの秘書たちが返事を書くという事が
実際にあると知って、私も ロマンティック~と感激しました。

お姑さん、こういうラブロマンスをご覧になっていたら、
昔の淡い恋なんか思い出したりしたのかしら(^▽^;)
いくつになっても胸にラブを持っているのはアリとしても、
この映画のようなラストは現実ではまず無いですよね。
映画ならではの夢物語。

そういう夢心地を楽しめた作品でした。

YAN様

この映画を見ていると、本当にジュリエットの家に行ってみたり街中を歩いてみたりしてみたいと思いました。
でも、ここに行っても、コレといって書くこともないという寂しさです(笑)

姑も、手紙を書けと言われたら、何もないんじゃないかしら。既に亡くなってしまった舅に向けては書くこともたくさんありそうですが。

・・・と思っているのは嫁ばかりかな(笑)

思わず微笑んでしまう、可愛いお話でしたね。

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。