スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ブラック・スワン

ブラック・スワン - goo 映画

3a648807-s.jpg
2011年5月23日映画館にて鑑賞。

この映画を見に行くためにバスを待っていたら、友人から電話が入りました。バスを待っている間の時間つぶしは大歓迎ですが、この映画を見に行くためにバス停にいる旨を伝えましたら、
「それを観に行くのね。それって・・・・・・・・・」と友人は言ったのです。
「それ、既にネタバレになっているから、その先言わないで。」
「もちろん言わないわよ。」
・・・、だから既に言ってるって。

映画の感想は難しいなと思いました。例えばこれから観に行く人に「面白かった。」「良かったよ~。」「見応えあったよ~。」「好きな映画だわ。」はセーフでも、「怖かった。」「ラストに吃驚」「泣いた~」と言うのは、そういう映画なんだと分かってしまう故にネタバレになってしまうのかもしれません。

ただそこまで気を使っていたらブログなんかは書けない訳で、また、映画を見る前に事前にブログなんかを読む方は、評判と共にある程度のイメージが逆に欲しかったり、それなりの覚悟をしているのだと思うのです。何の情報もなく見に行きたい時は読まない事に越した事はないですよね。


でもこんな風に不用意に言われてしまったら、防ぎようがないですね。彼女がなんて言ったかは後ほど。でもその彼女が、
「私は駄目だけど、あなたはきっとこの映画が好きよ。」と言いました。

それでなのか、この映画を見た後ずっと考えてしまいました。
私はこの映画が好きなのか、否や。

これもある意味、イメージのネタバレですが、「凄まじい」と言う言葉が似つかわしい映画だったと思います。

好きか、否か。

少なくても前から好きだった、ナタリー・ポートマンはさらに好きになりました。

重い・重い・重い・・・・・
その重さゆえに、やっぱり好きかもしれません。

だけど、この映画を二回見たいかと聞かれたら、私はテレビでも見ないと答えるかもしれません。だって本当に疲れましたから。

以下はネタバレ感想です。

ブラックスワン

上の彼女が、なんて言ったのか。
それは
「あの映画、後味悪くて、しばらく席から立ち上がれなかったわ。」なのですよ。

サスペンスと言うジャンルに分類されているというのに、「後味の悪い」結末が待っているのかと観に行く直前に分かってしまった悲劇。だけど、タイトルからして、実は怪しい感じが漂っているし、まあ良いか。「ブラック・スワン」は役名でありながら、「ブラック」と言う響きが、やはりダークなイメージを与えますよね。

「白鳥の湖」はバレエの物語としてはかなりの有名どころで知名度も高いと思います。ヒロインの白鳥の姫よりも魔女の娘である黒鳥の方が、技術的に難しいのだとは知っていましたが、同じ人が踊らなくちゃいけないのか驚きました。この清純と悪との対比が面白いのかもしれませんね。

この映画も同じような部分があるように思いました。

優等生で清楚なヒロインには、もともとささやかな影が見え隠れしていました。美しいもの、完璧なものに対しての憧れ方も、歪んだ愛の妄想に囚われたり、その持ち物をそっと盗んだりで、パーフェクトな「白」と言うわけではなかったと思います。

完璧な完成を求めるあまりに壊れていくヒロイン。

でもいろいろインパクトの強いシーンがたくさんあったのに、私が一番強く心に残ったシーンは、母親の
「役に潰される。」と初日を休ませようとしたシーン。

なんて事をするんだ、この母親は、と思う反面、彼女の気持ちが痛いほど分かるし、彼女の勘は当たっていたのですよね。
そして、その次に印象的だったのは、踊りの最後に、白鳥は魔法使いを見て王子を見て、そして観客を見る、そう言う流れになっています。彼女が最後に見た観客は、歓喜に沸く客席の人々。だけど本当はその中の一人感涙に咽ぶ母一人。

「ママ、見てくれた。」
そんな台詞はありませんが、母の姿に満足するヒロイン。

この母と子の関係にはいろいろな事を考えさせられました。
最初は一番の理解者で心の支えになっている母なのかと思っていたら、俗に言う母娘の双生児的愛で、母の愛は時にはヒロインニナの心の成長を妨げます。
一晩中、娘がアレルギーの肌を掻かないかと見張る母の姿には複雑なものを感じました。

しかしこの映画は、単なる「アトピー」であってもホラーっぽく見えるから不思議です。
ラストがラストだったので余計な追いかけはなかったのですが、元プリマを傷つけたのは、本当は誰だったのか・・・
うーん、恐ろしいです。

一人称と二人称が映像の中で混濁している・・・・
この恐怖はラストに一気にいきますね。

でも、彼女が乗り越えなければならなかったものは、時にはウザイ母の愛だったので、実はもっと恐ろしい最悪なラストを妄想してしまい、なんだかあの終わり方で逆にホッとしてしまった私なのです。部屋の鍵代わりに持ち込んだ鉄パイプにも、結構ドキドキさせられました。

道を究めたいと願っているものには、その煌きは一生に一度でも満足だったのでしょうか。
そう思うと、ちょっと悲しくもなったりしたのでした。

映像の力もあいまって、ブラック・スワンの踊りのシーンは圧巻でした。素晴らしい!!

監督 ダーレン・アロノフスキー
出演 ナタリー・ポートマン (Nina Sayers)
ヴァンサン・カッセル (Thomas Leroy)
ミラ・クニス (Lily)
バーバラ・ハーシー (Erica Sayers)
ウィノナ・ライダー (Beth Macintyre)


ブラックスワン2

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : ナタリー・ポートマン

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・スワン

「レクイエム・フォー・ドリーム」「レスラー」のダーレン・アロノフスキー 監督が、野心と嫉妬渦巻くバレエの世界を舞台に描く異色の心理スリラー。 バレエに全てを捧げるヒロインが、新プリマの座を巡って自分とは対照的な 勝気な新人ダンサーと熾烈な競争を繰り広げる…

「ブラック・スワン」

これは、すごいものを観た。

■映画『ブラック・スワン』

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...

ブラック・スワン

84点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、 主演はナタリー・ポートマンです。 2010年度のアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。 バレエ「白鳥の湖」の...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

すごかった!

気味が悪い、というのは思いつきませんでしたねえ~。
私なんて、映画のなかで、サスペンスやホラーに経験いっぱいなので、そういう感触は抱かないです。
人間って恐ろしいとか、悲しいとか、はかないとか、そういう方向。
基本的に、映画には、私は人間の生き方を見ていると思っていて、それが何かのためになるのかどうかは分からないのですが…

なんて言ってますが、結局、おもしろければいいのです。娯楽。(そういうオチか!?)

ボー様

こんばんは~☆
私も映画はジャンル問わずのなんでもござれなのですが、ホラーやサスペンスは、特に好きなジャンルだと思います。それでなのか、ほとんどが甘めの感想なのに、ホラーがホラーっぽくなかったりサスペンスに驚きが無いと、極稀に厳しかったりするのですよ・・・心の中で(笑)

この映画はホラーじゃないけれど、心を抉られる感じがしてインパクトが大きかったです。

心に残る、心がざわめくというのも映画には大事な要素だけど、その時間がとっても楽しいというのも大事な要素だと思います。子供の時に見た怪獣映画や、母に連れられてみた「花の舞妓さん」なんかは、まさにそう言う映画だったけれど、何十年もたった今でも、そのときが楽しかったという事は忘れないのですものね。

色々な楽しみ方が映画の数だけあるということなのでしょうね。

お久しぶりです!

kiriyさん、こんにちは!

私は映画を観る前にはあまり情報を入れない方で、
批評・感想などは読まずに観ます。
って言うか、何も考えずに無頓着に観てます。
「後味悪い」と聞いても、多分 気にしないだろうな~(^^;
kiriyさんは、その一言で、先読みしちゃうのね。

現実と妄想が入り交じって、境界がとても分かりにくかったけど、
kiriyさんは、ひょっとして元プリマを傷付けたのも
主人公だったかも?と考えるんですね。
ほとんど狂気に包まれていたから、それもアリですよね~

私は観終わって、後味は悪くなかったですよ。
哀しく切ないラストではあったけど、主人公もうっすらと
微笑んで満足そうだったから。
一生に一度の煌めきすら、凡人には叶わない事です。

YAN様

こんにちは~。
うん、「後味悪い」で、もっと最悪な事を想像しちゃったから、本文にも書いたとおり、この結末でホッとしちゃいました。あんな所で鉄パイプが出てきちゃ、何気なく足かせになっているお母さんの存在が危ぶまれ・・・実はかなりドキドキしてましたよ。

元プリマの件だけど、はっきりそう思っているんです。強い憧れと嫌悪は表裏一体と言うか。だけどその種明かしがないところが日本映画とは違いますよね。そしてなんだか格調高くたっている感じもします。語らずは金と言う所でしょうか。

私も後味は悪くなかったです。それよりかやっぱり切ないですね。人生でたった1回の煌きだったのかと思うと、思わず「満足できた?」って優しく声を掛けてあげたくなってしまいます。

余りの重さに、もう二度と見たくないと思ったけれど、それは彼女に感情移入しすぎていた直後だったからの様な気がします。
「たった一度の煌きをたった一度だけ見る」みたいな。

時間が空いた今では、やっぱり機会があったらもう一度見てみたいかもしれません。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。