スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ヒアアフター

ヒア アフター - goo 映画
ヒアアフター
2月25日映画館にて鑑賞

監督クリント・イーストウッドの新作と言えば期待値も上がりそうだが、私は監督が彼でなくてもこの手の作品には、何か見る前から期待してしまう。そして時には手ひどく裏切られたり、期待通りで感動したりする。

この作品は後者。でもだからと言って感動したと言うほどではなかったかも知れない。だけど、好きな作品である事には間違いがない。

最初の津波シーンは凄かった。スマトラ沖の津波を意識した事は間違いがないと思うが、その時に実際に体験してしまった人の事を思うと胸が痛かった。

だけど、このシーンが終わった途端に入ってきた中年夫婦がいて、思わず心の中で「損したなぁ、この人たち。」と思ってしまった。少々の遅刻ぐらいは平気と私も思うときもある。でも冒頭から飛ばす映画もあるからご用心と言うところ。

フランスのジャーナリストのマリーは東南アジアで津波に飲み込まれ不思議な光を見ると言う臨死体験をする。
サンフランシスコで暮らすジョージは死者と語れる霊能力者であったが、今はその力を隠し工場勤務をしている。
ロンドンで暮らす少年マーカスは、事故で双子の兄を亡くしたばかり。その喪失感を埋める事が出来ないでいた。


三つの場所で三者三様の物語が進んでいく。それがまるで運命が導くように彼らはやがて出会って・・・・
そして大事件に・・・なーんてことには巻き込まれない。

静かにそれぞれの物語が進んで行き、静かに終わる。だけどそのそれぞれの物語が見応えがあって、切なかったり涙が出たりと心は忙しい。
映画が終わったときに、隣に座っていた夫婦の夫らしき人がその妻に、
「真面目な映画だったな。凄く真面目だ。うん、良い映画だったな。」と言っていたのが印象的だった。

なんとなくホラーみたいなものを想定してきたのかも知れない。でもこれは人間ドラマ。

映画館で映画を見る醍醐味のひとつは、さりげない他の人の心に触れる事が出来る、そんなところにもあるかも知れない。



以下はネタばれ感想をちょっとだけ。

ヒアアフター3

マーカスのエピソードは痛いし、泣ける。さながら分身だったような双子の兄が突然いなくなり、アル中でドラッグ中毒の母も、更正の為に少年から離れざるを得なくなってしまう。家族から引き離されて少年の喪失感は普通の常識も奪ってしまう。世話になっている里親には親切にもされ、いなくなった兄の分まで部屋にベッドを入れてもらったりもするのに、そのうちのお金を盗んで霊能者探しに奔走する。兄にもう一度会いたくて。

里親側から言ったら、手に負えないとんでもない子供である。喪失感は欠落感に繋がっていて、マーカスはそんな少年に描かれている。
早くジョージに会わせてあげてと思わず祈る。

地下鉄テロ事件は唯一ホラーっぽい場面だと思った。

ヒアアフター4

力を持っていないものは持っているものを羨んで、それは神が与えたギフトだと言う。だが、持てるものはその力を保ちきれないで苦しんでしまう。普通の人が当たり前のように得ることが出来る普通の生活が、彼には与えられない。
何を思ってなのかは明かされていないが、料理教室に通いだすジョージ。そこで知り合った女性とはかなり良い線になるのに、結局その力のせいで離れていってしまう。
しかしこのお料理教室のシーン、かなり色っぽい。
女性が積極的。

だけど好感が持てる可愛い人で、ジョージが彼女の苦しみを助けて何とかなるのかと早とちりをしてしまった。

残念ながらそうはならず、お話は違った結末を迎えるわけなのだが・・・。


ジョージは巡り会うべき人に巡り会うために、ロンドンに来たのかもしれない。

映画館で、意外と長いな、そろそろ終わりなんじゃないのかな。でもここでマリーと会って、そして何を話すのかなと思った途端に、この映画は終わったのだった。
唐突に。

その時見るジョージの幸せな未来の映像。

びっくりしたが、ああ、そう言うことかとラストに余韻が残された。

「今」と言う瞬間は過去からの布石を踏んで踏んでここにいたっているわけで、そしてそれはみな多くの人のソレが絡み合って「今」に導かれているんだなとしみじみと思った。こう言うのは別の言葉で「運命」と言うのかもしれない。








theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ヒア アフター』

  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フ...

「ヒア アフター」

2月20日に観て、いまごろ感想文を書いているが、津波のシーンがあったために、東日本大震災のあと公開中止になったような?

ヒア アフター

死後の世界を取り上げているけど、それが中心じゃなくて、 苦しみながらも前を向いて進もうとする者達の物語でした。 今、辛い思いをしている人々の背中をそっと押してくれるような、 癒しの映画です。 ...

「ヒアアフター」(HEREAFTER)

「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

いい映画です

なんと、3月11日の夜中、地震の来る少し前に書かれたのですね。
津波シーンのある映画を…。

地味だけど、いい人間ドラマでした。公開期間が短かったのが、もったいないですよ。


ぼー様

そうなんです。あの地震の後は映画の感想もここに来る気持ちも躊躇して、この映画の感想が長い間トップにありました。でもある時、あることに気がついてコソコソとラストにアップしておいた画像だけを消しました。

画像はリンクしているgoo映画から持ってきているのですが、一番好きな画像をラストにだけ大きく載せているのです。それが、津波のシーンだったのですね。
あのシーン、凄いなと思いました。
それでも、上に書いたとおりスマトラで経験した人には辛いシーンだなと思ったりもしたのですよ。
もうそろそろ復活させても良いかなとは思うのですが、あの時はちょっとどうかなと思ってしまいましたよ(汗)

この映画は私好みの良い映画で、とても好きです。

でも、公開中止は、私的にはそのシーンが良く出来すぎているが故に、今は仕方がないかなと思いました。テレビで津波の映像を見てしまった時に、やっぱり思い出してしまいましたもの、この映画。

監督のファンは多いので、見損ねた人は違った形で見るのではと思います。またはいつか大画面で見ることが出来る日も来るかもしれませんね。

こんにちは!

今は入院中のようですが、コメント残しておきます。
退院後ゆっくりしてから、読んで下さい。

津波のシーンのせいで公開中止となった事は知ってましたが、
まさかこんなにリアルに凄い津波の映像だとは想像してなくて、
観てから、これでは公開中止も止む無しと思いました。

でも、内容的には衝撃映像や霊能力や死後の世界がメインじゃなくて、
人間ドラマでしたね。
苦しんでいる人の力になるような、静かで優しい映画でした。
震災の前と後とでは、感じ方も変わってくるのでは
なかろうかと思われます。
そう、真面目な良い映画でしたね。

YAN様

お気遣いありがとうございます。
あの津波のシーンは、本当に凄かったですよね。その記憶が新しい時に、あのリアル津波をテレビで見て、私は本当に悲鳴と涙が出ましたよ。
ツイッターでは、公開中止を批判する意見も見かけましたが、私にはそうは思えず、中止は仕方がないと思いました。

そこのところも、YANさんと同じ意見ですね。
ただ、そのシーンは冒頭だけで、他は本当に良い人間ドラマだったので、残念に思う気持ちも確かにあるのですが。

あっ、そうそう。YANさんもツイッターやらない?
前にも言ったけれど、一杯呟く必要なんかないのですよ。気軽におしゃべりが出来て良いよ~♪
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。