スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「ナンバー23」

ナンバー23 - goo 映画

<ストーリーなどは↑コチラでチェック>
 
ナンバー23

5月4日DVDにて
<多分、ネタバレなし>

さてと、と思って時計を見たら23分だった。・・・・汗

だけど、何かと何かをたして3で割ったらとか32の反対とか、こじつけじゃあ~りませんかと言いたくなってしまった「23」という数字に取り付かれた男の物語。

私も実は数字と言うものが結構好きだ。特に素数なんかをじっと見ていると、なんとなく引きずり込まれる楽しさがある。

11+2=13 13+4=17 17+6=23 23+8=31 31+10=41 41+12=53 53+14=67 67+16=83 83+18=101  ふと思いついて遊んでみたら、なんかこれ面白くない?何で11からはじめちゃうかなと思って、3からやると当てはまらない。フムフム、って、この男じゃなくても少しは嵌る数字マジック。


 だけど、そこにオカルト的な恐怖が加わったら、やっぱりかなり怖いと思う。
彼がその日に本を見つけたことも、彼がのめり込んでしまった事にも全てに意味があったのだとだんだん分かってくる。


実はこの映画を劇場でやっているときに最終日のラストに観に行こうと思っていた。だが、ふと、もし私一人だったらと思って辞めたのだった。もし本当にそんな事が起きてしまったら、ストレートなホラー的なものとは違う、耐えられない神経に障る怖さを感じる映画だと思う。


一緒に見ていた連れ合いが言った。
「この人、ジム・キャリーに似ていない?」
似ていて当たり前だ。本人だもの。痩せこけた、目つきの鋭いその男にはコメディの欠片もない。
思うことは、日頃からの子供との語らいと理解。妻との信頼関係の構築かも知れない。

過去は消せないが、未来は選択出来る。


・・・今気が付いたので追記。この記事はこのブログにて23番目だった。ちなみにこの前の「インベージョン」は2008,5月6日の0時25分。2+8+5+6+25を2で割ったら、何になるの!?
もう、「23」はずっと私たちを見ているのよ~~!!!!!

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナンバー23

暗くおどろおどろしい映像と、 ジム・キャリーのいっちゃった目が見ものです。 狂気に満ちた内容になっていますが、 かなり強引です。 ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こじつけでした(^_^;

kiriyさんも、けっこう23の数字に嵌まってるじゃないですか~
はまると面白いけど、それで恐怖に陥るって事はないですよね。
この映画は、ムリヤリ恐そうな雰囲気を作り出していたように思います。

この家族には日頃から語らいと理解があったので、
あのようなラストに持っていけたんでしょうね。
正しい選択でしたよね~
でもお決まりのパターンで、また最後にジム・キャリーの目が・・(≧ε≦)

面白いアイデァでしたが・・

やっぱりこじつけですよね~。
それでも、男がどんどんそれに嵌っていって、そしてそこにある謎が明らかになっていくところが、けっこう面白かったです。

23の恐怖はあまり感じませんでしたので、思わず23と言う数字で遊んでしまいました。確かこの記事アップするのも、23分を狙ってやったのでしたよ。

私は結構、記事にも書いたけれど「素数」が気になる女です。またはぞろ目には取り付かれています。今何時かなと時計を見ると「4:44」が一番多くて、次が「2:22」。今日も車から降りた時間が「1:11」。コンビニで買った金額は777円がすうかいあったり。
私はギャンブルって遣らないのですが、パチンコは実は才能があるかもしれません(笑)
line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。