スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「アバター」

昨年の1月10日に映画館で3Dで見た「アバター」を今年1月8ににWOWOWで見ました。

前回の映画館で見た感想は→ここです。

アバター


その時に映像の美しさを褒めまくっていましたが、やっぱりテレビで2Dで見たら、その迫力には欠けたかなと思いました。そんなの当たり前じゃないと言われそうですが、この映画を映画館で見たときに、普通で見ても映像の美しさはかなりのものじゃないかなと思ったものですから、2Dで見直してみたらどう感じるのかなと言う感想です。それでもかなりの美しさだと思いました。森も空もかなり魅力的に映っていました。だけどやっぱりこの映画は、その時に息子達が言っていたように
「ほらっ、3Dでこんな事まで出来るようになったのだよ。」と言うことを見せ付ける映画だったというのは、ある意味ではその通りかなと思ったのでした。

だけど、その分ストーリーに感情移入出来たように思います。

映像ばかりでストーリーは浅いような事を、言われているのかもしれませんが、私はこの物語は結構好きなんですね。

まるでネィテブアメリカンと侵略者アングロサクソンとの戦いのような、そんな事を連想させる戦い。

でもナビィの生活のゆったりとした優しい生活は物凄く素敵だなと感じるのですよね。

一度心を通わせたら、生涯、決して裏切らない翼あるもの。


勧善懲悪で分かりやすい。

軍人のリーダーが
「人類を裏切った気分はどうだ。」と言いますが、
人類を裏切っているのはどっちだよと思いました。ここに出てくる軍人は人類の正義と言うものを裏切っているのですよ。

今日始めてこの作品を見た夫は「面白かった」と気に入った模様です。

最後に森の住人達が動き出すところは、サイエンスフィックションと言うよりファンタジー。やっぱり好きですね。

そしてラストのラスト。
そのシーンで、夫が言った、
「だけど犠牲は大きかったね。」と言う言葉にしみじみとしました。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『アバター』

映画『アバター』を観て来ました。 言わずと知れた、ジェームズ・キャメロン監督が13年ぶりにメガホンをとった話題作。 いやー、映像が本当に素晴らしいですね。 この作品で“映画”というものの概念が、また一つ変わったような気がします。 映画がサイレントか...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。