スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

魍魎の匣

3fb05bdc.jpg魍魎の匣(もうりょうのはこ) - goo 映画




1月7日映画館にて

 この映画を観に行くんだと言いましたら、姪が
「原作を読んでいないのに平気かナァ。」と言いました。原作を読んでいないと難解だと言うのです。
「平気ですよ。」と、私は即答。
なぜなら、映画というものは原作を知らないからといって観る事が出来ない、理解が出来ないと言うものではないからです。
もし、映画を観て、その映画を理解できなければ、原作云々の問題ではなく、単に自分の理解能力が足りないか、趣味に合わずに「拒絶の壁」が出来てしまったのか、または駄作なだけなのです。

 だけど、だからと言って、原作を読んで映画館に行くということを否定しているわけではありません。先に原作などを知っていると、その世界観にほれ込んで、踏み込んで見ることが出来たり、自分の作り上げた世界観を映画が埋める事が出来なくて、その比較に興じる楽しみと言うものがあったりするのではないかと思うからです。


 この映画を観て、一番強く感じたのはそれぞれのキャラの魅力です。
古本屋の店主で神主で陰陽師の京極堂(中尊寺)、過去の記憶が見える探偵榎木津、作家の関口を、堤真一、阿部寛、椎名桔平がそれぞれ魅力的に演じています。
ストーリー的には、おおもとのSF部分は好き好きが分かれるところだと思うのですが、つぼに嵌った人にはたまらない魅力だと思います。

 また、堤真一は戦後の昭和のレトロな雰囲気付いているなと思いましたが、「三丁目の夕日」のようには話題になっていないナとも思いました。その街並みをどうやって撮ったのだろうと思っていましたら、映画のロケ地と言う事で、最後のエンドロールの時にその仕組みが分かって感心しました。上海ロケで撮ったのですね。ちょっと中国らしい雰囲気も漂っていました。

HPの撮影日誌などが参考になるかと思います。



<以下はネタバレしています>

 三つの事件が最後には結びついていく面白さはもちろんですが、その独特な世界観がたまりません。その大元のストーリー、美馬坂研究所の話はストレートな目で見たら荒唐無稽です。でも、そこがこの映画のまさにツボのような気がします。

 例えば古本屋の最下段の片隅に埃をかぶって、しかも傷んだ紙に染みだらけ、そんな本に美馬坂研究所物語は書いてあるような気がするのです。(そんな事言ってはいても、ブックオフなどとは趣が違う、古本屋体験なんかは、あまり経験がないのが残念です。今でも神田などに行くと、そういう本屋さんは健在なのでしょうか。)

かなり大昔ですがSFマガジンで、昭和初期の冒険活劇譚を面白おかしく解説する読み物を読みましたが、全てが荒唐無稽、あまりの面白さに打ち震えました。そんな面白さに共通するものを感じたのですね。

丘の上の巨大な箱型建物。迷路のような螺旋の階段を上っていくと、義父を愛してしまった絶世の美女がいて、そして、最後には頭だけになってしまった男の建物自体が体だったと言うからくりを知ることが出来るのです。その男の死は建物の崩壊にも繋がって、主人公達は命からがらそこから脱出を・・・
・・・そんなシーンはなかったですね。箱屋敷での主人公達の最後はコメディ調でしたね。

 私がこの映画で特に印象深かったのは、京極堂の陰陽師としての足捌きです。私は、宗教としての陰陽師に傾倒するものではありませんが、漫画の「陰陽師」または映画の「陰陽師」には(これもまた小説の方がパスなのは情けないですが)恋するものであります。深秘御バコ教の玄関先で床を叩くところから、足裁きで魍魎払いをしながら話、説得して行ってしまう所から、全ての所作が美しかったです。

 京極堂の虜です。絶対に次回作を作って欲しいと思いますが、どうなんでしょうね。

 キャラの魅力では久保竣公役の宮藤官九郎が、意外な気持ち悪さを出していて、良かったように思いました。少年期のトラウマが彼をあのようなものに変えてしまったのだと思います。だから彼も、美馬坂の被害者だったと言えるかも知れません。
 
「死なない人間」を作るという研究に取り付かれた男と、それに振り回された人間達の悲劇の物語だったのでしょうか。気持ちの悪いシーンは仕方がないと思いましたが、頼子の最後の時、榎木津がその髪を撫ぜていて上げていたのが、印象的でした。

そしてラストシーン、小さな箱に入ってしまった加菜子に優しく話しかける雨宮。
そして、綺麗に描かれた加菜子。
そこはゾクッとするところなのかもしれませんが、なぜだか私はホッとしてしまいました。

描かれていなかったけれど、たぶん全ての悪の根源であっただろう陽子の母のエピソードにも心惹かれるものがありました。でも、それを知りたかったら、原作を読むしかありませんね。または、読んだ人にお話してもらって手間を省くと言う手もあり・・・(′∀`)










 
 


 

コメント一覧

1. ミチ 2008年01月11日 17:09
こんにちは♪
原作を読んでいる物の映画化っていつも複雑な気持ちになります。
最近はベストセラーが軒並み映画化されて、先に原作を読んでいる者としては脳内映像とのギャップに戸惑うばかり。
「じゃ映画を見なければいい」と言われても、好きな役者が出ていたりすると見たくなるのも仕方ないですし・・・。
原作をご存じなくて映画自体を楽しめるって最高ですよね。
原作でも個性的な登場人物が魅力なのですが、堤さんはじめ役者さんたちがとっても良かったとおもいます。
彼らが集合するだけでワクワクしました。
みんなが勝手に喋るシーンはアドリブだそうですが、本当に面白かったです。

2. kiriy 2008年01月12日 11:21
いつもありがとうございます。
>みんなが勝手に喋るシーンはアドリブだそうですが、本当に面白かったです。

息があっていましたよねえ。私もそのシーンなんかから主人公達の人間関係に、たまらない魅力を感じてしまったのですよ。

彼らの虜ですよ(笑)
だけど、次回作に出会えるかは難しそうなので、原作の方に走るしかないですね。映画から原作に向かうと、もうイメージは彼らになってしまうのでしょうね、きっと。

3. きのこ 2008年01月13日 02:48
はじめまして。きのこです。kiriyさんの感想を読ませて頂きまして、原作を読まなかった人にも映画「魍魎の匣」のキャラクター群と世界観は魅惑的なのだなぁと認識できました!
>京極堂の陰陽師としての足捌き
>京極堂の虜です。
これは嬉しいですよ!確かに原作とはズレが多いのですが、それが気にならないほど堤さんは自らの役にしてましたね。
原作を読んでから見るか観てから読むかは悩ましい問題ですね。自分の脳内イメージを膨らませてから他人のイメージをのぞきたい作品もあるし。ドラマでもそのキャスティング等に嵌ってしまうと、原作漫画を読んでいる人々からの違和感がピンと来なかったりします。
でも、この映画には「同志よ、そう来たか!」と思います。一番は京極さんが大喜びしただろうなあと。
映画を見る回数は少ないのですが、kiriyさんの丁寧な感想が嬉しく、今後も寄らせて頂きたいと思います。それではまた。

4. kiriy 2008年01月14日 14:23
きのこさん、コメントTBありがとうございます。
きのこさんが本当に京極さんのこの作品を愛しているのが、レビューを読むと伝わってきました。

他の原作ファンゆえに、この映画の評価がイマイチな感じの方々のレビューを読んでも、やっぱり作品に対しての「愛」みたいなものを感じて、少し原作の方にも興味が湧きましたよ。

読んだとしてももう、京極堂を始めみんなキャラは映画の人たちだと思います。関口は・・・読んでみないとわかりませんね。

きのこさん、またいらしてくださいね。よろしくお願いいたします。

TB 一覧
映画 【魍魎の匣】ミチの雑記帳
映画「魍魎の匣」メゾン・ド・キノコ


theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。