スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「サウンド・オブ・ミュージック」

サウンド・オブ・ミュージック - goo 映画


  サウンドオブミュージック2


こういう映画って、新年にふさわしい華やかさがありますね。
そして時代が何年経っていても、古臭さを感じないところが名作の名作ゆえんだと思います。

テレビ東京で見ましたが、あまりCMも気にならずに見る事が出来ました。やっぱり何回も見ていて先の展開をすべて知っていると言う余裕からでしょうね。

この映画は1965年の映画で、本当に古い映画です。

この作品は、なんと子供会のイベントで近所の二番館で見たのが最初でした。子供だった私にも「ドレミの歌」や「もうすぐ17才」などは楽しくて、ワクワクしました。そしてそんな私にとってのこの映画のクライマックスは、マリアの結婚式でした。

   サウンドオブミュージック3


ところが時代を経て、もう少し大人になってから見ると、そのクライマックスは、トラップ大佐が歌うエーデルワイスの場面に変わっていきました。そしてその場面は涙と共に見る事に。まさかこの映画が泣ける映画だったのだとは子供の時には思いもしませんでした。

その後、子供が幼稚園だったか小学生の一年生だったかの頃、ご近所で映写会なるものを開いて頂き、その広い庭でスイカなどを頂きながら、この映画を見ました。映画の感想と言うより思い出ですが、その時に子供がこっそり「ねえ、この人たちはしょっちゅう歌っているけれど、本当に歌って暮らしているの。」と囁きました。
その頃はミュージカルと言うジャンルは、あまり聞かなくなっていた時代だと思います。

だけど今日、ふらりとリビングに立ち寄った子供が、ちらりと映像を見て
「この映画は知っている・・・・山越えして亡命するやつだよな、たしか・・ええと、『サウンド・オブ・ミュージック』だ。」と言うので、少し驚きました。その内容をその時理解できなくても、成長と共に脳内でゆっくり消化できると言うのが、よい映画のいいところだと思います。


流石に繰り返し見すぎているために、涙などは無縁ではありましたが、つまらないと思うシーンなどひとつもなく楽しめました。そういえば子供の頃、好きな映画のトップはいつもこの映画の名前を挙げていたんじゃないかなと思います。

今日見て、また感動シーンが違いました。今の心境なのかもしれません。
「すべての山に登れ」とか、良いですよね。

ちなみに「私のお気に入り」はいつでもお気に入りです。

現実にモデルのいる物語。
亡命しても自分たちの信念を曲げなかった家族。
底辺に流れているものが、しっかりあるゆえにこの映画は色褪せないのかもしれませんね。

ちなみに、今回初めて気がついたのですが、なんと、トラップ大佐のクリストファー・プラマーって、「Dr.パルナサスの鏡」のDr.パルナサスだったのですね。ぜんぜん分かりませんでしたよ。
ジュリーアンドリュースもイメージではあのままの顔をしているような錯覚があるのですが、そうは行かないって事ですよね。
シュレック フォーエバーに声優として出演していますよね。
彼女の事を考えていたら、こんな記事が・・・
「映画『サウンド・オブ・ミュージック』や映画『メリー・ポピンズ』など、数々の名作ミュージカルで光を放ってきたジュリー・アンドリュースが、グラミー賞で生涯功労賞を授与されることになった。」

みんな現役で頑張っていますね。

こちらで少しずつですが視聴できますよ→ここ


   サウンドオブミュージック1

theme : 洋画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「サウンド・オブ・ミュージック」

永久不滅、不動のミュージカルの名作。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。