スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「マイ・フレンド・フォーエバー」

マイ・フレンド・フォーエバー(1995) - goo 映画
あらすじはこちらで。

マイフレンド・フォーエバー



 

 ブラッド・レンフロの突然の訃報には、本当に吃驚しました。「スリーパーズ」ではブラッド・ピットの子供時代を演じ、私は美少年だった彼のファンでした。近頃ではいろいろあって、あまり活躍の話は聞こえてきませんでしたが、その復活を信じ願っていました。ですから、25歳の若さでの早すぎる死の知らせは驚きと共に残念でなりません。


 その彼の作品で、この「マイ・フレンド・フォーエバー」はとても好きなものです。

12歳のエリックと隣にやって来た、エイズの少年デクスターの友情の物語なのですが、本当に彼らは子供らしいのです。そのあらすじを読み直しても涙が滲んできます。

この映画を見る前のことだったと思いますが、近頃は小学校でも性教育は当たり前のことかもしれません。特に前はその時間を授業参観に当てることが多かったのですが、子供のその時間に「エイズ」のことを取り上げられたことがあります。
先生がエイズのあれやこれやを説明し、最後に子供達がキラキラした顔で感想を言うものだったのですが、その子供達の感想。

「僕は、エイズの子がいても差別するのは辞めようと思いました。」
「エイズは簡単にはうつらないことがわかったので、そういう友達がいても一緒に遊ぼうと思いました。」

言っている事は決して間違えてはいません。ただ、嫌な授業だと思いました。子供達は先生の言っている事のオウム返し。聞いていても彼らが考えた言葉として聞こえてきません。しかも誰もが自分とは関係ない世界の子供の話です。もちろん、自分が不幸にもエイズにかかってしまっても差別なんかされたくないなどと言う子供などはいません。自分は当然のように除外なのです。


 でも、もしもその時先生が
「ねえみんな、君の一番だい好きな友達が、不幸にも輸血とか薬だといって与えられたものから、実はエイズにかかってしまったら、君達はどう思うの?」と聞いていたらどうでしょうか。

中にはこんなことを言った子供がいたかもしれません。
「僕は絶対、絶対に差別なんかしません。そんな事関係なくて、普通にいっぱいいっぱいその子と遊びたいです。それで、何とかしてその病気が治ればいいと思って、自分に出来ることがあったら何でもすると思います。」

そんな言葉が聞けたなら、私はこの映画を見たときと同じように涙がこぼれてしまったかも知れません。


 この映画では変なシーンが印象に残っているのです。デクスターの家の夕食に招かれて、食欲のないデクスターが、デザートを残すと
「食べないなら、貰っていい?」とエリックが聞くのです。デクスターの母は
「平気なんだと思うけれど、でも、違うやつをお変わりにあげましょうね。」と言います。
エリックの子供らしい愛らしさ、デクスターの母の優しさが伝わってくるシーンでした。

もちろん、二人の冒険旅行は山場です。

 デクスターの棺に自分の靴を入れ。、川にデクスターの靴を流すラストにはやはり涙が滲みます。その最後のシーンを思い出すたびに、しっとりととかしみじみととか言うのとは少し違うなんともいえない気持ちになるのです。例えば、葉の上に溜まった露がすっとしたに落ちていくような、そんな感じでしょうか。




25歳の死は早すぎました。でも、少年の日のブラッド・レンフロは作品の中に閉じ込められて、ずっと生き続けていくのかも知れません。




 


 


 

theme : ☆映画の思い出
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。