スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

映画 - livedoor Blog 共通テーマ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 - goo 映画


1月23日映画館にて。


スィニードット2


 見終わった後に、一番初めに感じた事は
「凄まじかったなぁ、疲れた~。」と言う思いだった。

どんなにミュージカルであったとしても、ジョニーが演じていても、スプラッタはスプラッタ。決して笑いながらは見ることは出来ない。

ただ、こんなに歌が物語りに溶け込んでいるとは思っても見なかった。時にミュージカルで感じる唐突感、それがこの作品にはなかった。

ティム・バートン監督が歌唱力より表現力を重視したことは功を奏したようだ。


一緒に行った息子が言った。
―心情が歌で歌いこまれているので、理解しやすかった。―

それは言えると思った。
目線やちょっとした仕草で、推理する必要がない。


 この映画で何かを学ぶとしたら、報われない「愛」には固執したり、執着しないで
辛くても一人で我が道を行く事が懸命だと言うことだろうか。それが出来ないのが恋心と言うものなのだと思うけれど。

人を呪わば、穴二つ。二つでは足りなかった復讐劇。




  スィニードット


以下ネタバレ感想。



ヘレナ・ボトム=カーターが演じるミセス・ラベットの恋心が悲しい。家族を失ったスウィーニー・トッドが剃刀を手にとって歌う「友だち」。その掛け合いに
♪私も友達なのよ。ずっとあなたが好きだった・・♪
歌う彼女の姿に、胸が痛くなった。

 明らかに生活が困窮しているのに、15年も彼の銀の剃刀を売らずに隠していただけで、彼女の気持ちに気がつきそうなものなのに、そんなものには興味もなく気付きたくもない彼には、思いは通じない。

店も繁盛して、彼女が夢を語るシーンだけは。押さえめな色調の箍がはずれ、わざとらしいほどにカラフルになる。彼女の生き生きした語りとは対照的に、スウィーニーの反応に笑ってしまう。
まるで、倦怠期の夫婦のようだ。
物語に対して願望を抱くのは意味のないことだけれど、「そんな恐ろしい事はそろそろ止めて、彼女の夢のように別の道を歩けばいいものを。」と、彼らは許されるはずもない殺人鬼だと言う事も忘れて、心の底でチラッと思ってしまったのだった。


 その最後が強烈で、しばらくはその事で頭がいっぱいになってしまった。彼女の大きな目がそのインパクトに拍車をかける。でも、魔女のような女には相応しい最後だったのだと思えばいいのだと、自分をなだめる事にした。

 ただ「ロンドンで最悪なパイ」と言うユーモラスな歌を歌った時
―女優って大変だなぁ。あの黒くて最強のれいのあの虫を『まあ、何これ』って、手掴みしなくちゃいけないのよ。―
と、後から息子に言ったら、
―CGですよ、当たり前じゃないですか。―
と言われてしまった。あっ、そう・・・。



  スィニードット4


 アラン・リックマンなどもちろん見応えがあるが、 アンソニー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)、ジャアナ(ジェイン・ワイズナー)トビー(エド・サンダース)などの新人グループも、また魅力的だった。

ジョニー・デップのことにあまり触れなかったが、言うに及ばずかな。
ゴールデン・グローブ賞、おめでとう。アカデミー賞も楽しみです。
コメント一覧

1. YAN 2008年01月24日 17:01
kiriyさん、観に行ってきたんですね。
どういうわけか、ジョニーの映画なのに、
これは観たいという意欲がわいてこないんですよ~私。
でも、DVDになれば、もちろんレンタルするけど(^^)

ジョニーって、アカデミーとか賞にはさほど興味がなさそうじゃないですか?
2~3年前にノミネートされた時、授賞式でつまらなそうに座ってましたよ。
どうでもいいや・・って顔でした。
でも、最優秀賞を獲れると確実視されるようになったら、
違ってくるかもしれませんね。
その前に、ちゃんと授賞式をやってほしいですね。


2. kiriy 2008年01月24日 23:36
>YAN様
こんばんは~☆
行って来ましたよ~。でも、ストーリー的にはね、たぶんですがYANさんの好みではないと思いますよ。私も震えました。(自分の書いたものを読み直してみたら、ぜんぜんネタバレしていませんでしたね。)
だけど、ミュージカルとして見応えがありますよ。
このスウィーニー・トッドにはジョニーの美しさは、まるっきり感じません。でも、この作品でアカデミー賞は分かります。
私も今までつまらなそうな顔をしていたのは、取れないことが自分で分かっていたからだと思っていたのですよ。
今回は、かなり期待できますよね。
それなのに、こんな時に授賞式の危機なんて、悲しいですよ。


3. AKIRA 2008年01月26日 12:00
TBありがとうございました。

アカデミー賞こそは開催してほしいですね。
ジョニー・デップが受賞して華を添えてほしい!!

この映画は主演男優賞に匹敵する熱演でした。

4. ミチ 2008年01月26日 14:58
こんにちは♪
うん、確かに「凄まじい」の一言でした。
映像も生き様も。
トッドとミス・ラベットが二重唱をするのですが、その部分の色彩と、二人の温度の差とか向いてる方向の違いなどがとても面白くて印象に残る場面でした。

5. kiriy 2008年01月27日 08:36
>AKIRA様
TB、コメントありがとうございました。
ジョニーはまだまだ可能性のある人なんだなぁとしみじみ思ってしまいました。私は個人的にはアカデミー賞は、海賊では取ってもらいたくなかったのですが、今回は是非、受賞して貰いたいです。

アカデミー賞は開催して欲しいですね。

6. kiriy 2008年01月27日 08:49
>ミチ様
いつもありがとうございます。
あちらの感覚って凄いなと思ってしまうのですが(あちらってどちらだと突っ込まないでね・笑)
ああいう題材をミュージカルにしてしまうことが、理解の範疇を超えてしまっているのですが、見ていて引き込まれてしまいましたね。凄い!!
いろいろな意味で凄まじかったです。

私もトッドとラベットの二重唱のシーンは印象的でした。泣き虫kiriy が出てきてしまって、その温度差が切なくて、思わずべそをかきそうになりましたが、
「止めて、この映画で泣く人は絶対にいない。」と自分を説得してしまいましたよ(笑)
私はこの作品でヘレナ・ボトム=カーターのファンになってしまいました。

TB
. スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 Akira's VOICE
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD 我想一個人映画美的女人blog
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(映画館) ひるめし。
劇場鑑賞「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 日々“是”精進!
映画 【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】 ミチの雑記帳
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係はらやんの映画徒然草
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師映画鑑賞★日記・・・
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』京の昼寝~♪
★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」ひらりん的映画ブログ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師BLACK&WHITE




theme : ジョニー・デップ
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

監督:ティム・バートン  製作:2007年 アメリカ 出演:*ジョニー・デップ *ヘレナ・ボナム=カーター *アラン・リックマン  ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

kiriyさん、こんにちは!
ほぼ半年後に鑑賞いたしました。(≧ε≦)

私も最初のうちは、ミセス・ラベットの一方通行に切なさを感じたけど、
最後まで見ていたら、なかなかのクセ者だと分かったので、
同情心は消えました。いいコンビでしたけどね。

トッドも大切な人まで気付かない程狂っていたとは、憐れでしたね~

YAN様

こんにちは~。
ミセス・ラベットは魔女のようなイメージでした。あの大きな目が印象的で最後の悲劇の時、やはりその目が恐ろしかったです。でもそんな魔女でも慕ってくれるものも居たのですから、せめてもの救いだったかも知れないと思いました。
でも、なんだかんだといっても、彼らは恐怖の殺人鬼~♪

憐れであっても、仕方がない展開ですよね。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。