スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

アバター 3D

アバター 3D - goo 映画


1月10日、映画館にて。

昨年は3D元年と言われて、3Dの映画が次から次へと公開されました。昨年「クリスマスキャロル」で痛い思いをしたので、これからは3Dで作られたものは、それで観ようと心に決めていました。特にこの「アバター」は観た人の評判も良く、映像の美しさ・3Dの凄さを言う人も多かったので楽しみにしていました。

と言っても、自分で映画を観るまではネタバレ部分は極力情報は入れないようにしているので、物語の展開は一応知りませんでした。

でもこれ、お話は単純。知らないで観に行っても、なんかざっくり最初の方であらすじは分かってしまいます。でもお話は単純でも、語られている物語は美しく、私は感動しました。

確かに3Dは素晴らしかったです。でも3Dでなくても、この映画がとっても気に入ったのではと感じたのです。これは一緒に行った家族と意見が分かれる所でした。
「この映画は3Dで、ここまで出来るようになった事を見せるための映画だ。」と言うのが子供の意見。

たぶんそうなのかなと、実はちょっとは思っています。なぜならその映像の美しさがあるからこそ、物語に説得力があるからです。それでも「でも」と思ったのは、この映画は3Dでなくても映像が綺麗なんじゃないかしらと感じたからなのです。ふと数度眼鏡をずらして観てみました。もちろん3D用画面は、そんなことしたら画面の線がぶれて見えますが、明るくてじゅうぶんに綺麗な映像だと想像が出来ました。
これは、だから通常版でじゅうぶんだと言う事が言いたいのではなくて、映画はそのようにどちらで観ても「良かったなあ」と思えるものであって欲しいという事と、そしてこの映画はその期待に応えてくれるものなのではないかと言う事が言いたかったわけです。

だけど私は新し物好きなので、これからも通常版と3Dだったら3Dを選択して行くと思います。

その3D体験ですが、私は目が疲れると涙が出る人なのですが、慣れていないのでかなり目が疲れたみたいです。泣くシーンの前で、既に目に涙ありでした。子供は3D酔いと言っていました。時代の進歩について行くのは大変です。

映像は繰り返しになってしまいますが、本当に綺麗でした。ちょっと驚いたのは、いきなり前の人が両手を挙げたので、「何なの!?」と思ったら、映画の中のお祈りのシーンだった事です。ワォ、凄いと思いました。何てつまらないところでと思うかもしれませんが、立体的に「見えた」と言うものではなくてドキッと「感じた」部分だったのです。

アバターのキャラですが、予告編の段階では気持ち悪くて感情移入出来そうもないと思っていました。でもどこかでお見かけした一言、萩尾望都の漫画のキャラに似ている、でイメージが変わりました。実際に映画を観てみると、カッコよく見えるし、可愛く見えるから不思議でした。日本語吹き替え版で見たのですが、声優さんが良かったのか、ヒロインの泣き方が無垢な少女のようで、彼女に泣かれるとつられて泣きそうになりました。


これよりは数行ですが、ネタバレです。

物語の感想ですが、圧巻だったのは巨木が倒れる所と、森の仲間が生命の樹に呼応して助けに来てくれるところでした。
森の破壊のシーン・・・
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を思い出してしまいました。
また、異質文明を自分たちの価値観で推し量り、蛮人と称して滅ぼしてきた愚かな人類の過去の姿がモデルだったのかなと書いたら月並みでしょうか。

ただこれだけは言えます。高所恐怖症の人はこの星には住めません。




theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アバター」

予告編などを見るたびに、わりと楽しみにしていたジェームズ・キャメロン監督作品。 でも、3Dの効果というのが、私にはあまり感じられず。...

アバター(IMAX 3D字幕)

「観るのではない。そこにいるのだ。」 本当にそこにいた~~!目の前にいた~! これが映画なの?って思ったもんね・・・ 今までとは別次...

アバター

今年最後の劇場鑑賞です―【story】22世紀、人類は地球から遠く離れた衛星パンドラで≪アバター・プロジェクト≫に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を作ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採...

アバター

『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が構想14年、製作4年を 費やし、最新の映像技術を駆使して作り上げたSFアクションアドベンチャー 大作。原住民が暮らす衛星を舞台に資源を求めてやってきた人類と原住民との 間にたって板挟みとなって苦悩する青年の運命..

『アバター』(3D/吹替版)

□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・ム...

★「アバター」

今週の平日休みは、23日祝日公開の前夜祭という事で上映されてた本作を。 さすがに話題作だけあって、平日PM9:30~の回だけど、 7割くらいの入り。 3D字幕版の鑑賞で、レイトショウ価格+300円の1500円で鑑賞。

アバター

作品情報 タイトル:アバター 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラングほか あらすじ:下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン?...

アバター

アバター / AVATAR かの超ヒット作をレンタルでやっと見ました。 2009年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 製作・監督・編集・脚本:ジ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

3D

本作の3Dで感動されている評を読むと、うらやましくなります。
きっと、立体映像は、自分が感動するポイントじゃないんだなあと…。
悪くはないです。
昨年度でいえば、マイムービー評価の第20位でした。

観てきたんですね~

kiriyさん、こんにちは!
最近、本当に3D作品が増えてますね。
別に3Dでなくてもいいような感じのものまであるような
気がしてるんですが(観てないので勝手な想像の範囲で)
でも、この「アバター」はやっぱり3Dでこそ味わえる、
まさに体験できる映画なのでは?と思うんです。
映像は確かに2Dでも美しいだろうけど、
何と言うか、メッセージが直接体感できたんですよ。

私自身がパンドラの中にいたような気分だったので、
巨木が倒れるシーンでは涙が溢れてきたし、
森の仲間が応援に来たシーンでは胸がいっぱいになりました。
でも、「THIS IS IT」は思い浮かばなかったなあ・・・しまった!

ボー様

こんにちは。3Dは確かに面白い体験でした。これからもどんどんこれが常識になり、やがて近い未来には、「昔はね」なんて、語る日も来るかも知れませんね。
でも、この映画はそれだけで感動したんじゃないと思うのですね。物語は単純でも、森とその命と一つになって生きる星の人々の物語。CGであっても風景も綺麗ですし、もともと大好きなんです、こういうお話。
ちなみに姪は通常版で鑑賞し、既に感動し、さらにみんなの評価が羨ましくなり、今度は3Dを観に行ったと言っていました。
通常版と3Dが別物だったという「クリスマスキャロル」みたいなものは、私的にはイマイチなものなのです。

YAN様

こんばんは。
噂で「タイタニック」も3Dになるらしいと聞いたのですが、本当かしらと首を傾げています。過去の映画がそうなるのはどうなんだろうと思ってしまいますが、なったらそれなりに面白いというのはやっぱりパニック系?
ところで、3Dと言っても、一概に同じではないんですね。いろいろあるということも知りませんでした。私が見たのは、「デジタル」と書いてありましたから、ごく普通の3Dなのかも知れません。もっと凄いのがあるのかと思ったら、またそれを見たくなってしまいます。
内容のお話ですが、巨木が倒れるシーンは私も涙が出ました。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。