スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Disney’s クリスマス・キャロル

Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画
公式サイトは→コチラ
クリスマスキャロル
11月16日映画館にて

字幕版を見たかったので3Dは止めておきました。3Dだと吹き替え版になってしまうので、映画館ではジム・キャリーの声で見たいと思ったからなんですが・・・。

「クリスマス・キャロル」と言う物語が好きなのは、一つ前の記事に書きました。昔、子供の頃に見た映画がとっても面白かったから、この映画を楽しみにしていたのです。
アニメと言っても俳優の実際の演技をデジタル的にとりこむ<パフォーマンス・キャプチャー>の技術を駆使し、実写に近い動きと表情。確かに奥行きは感じました。


が、終わって、私は思わず友人に「面白かった?」と聞いてしまいました。

結局は映画と言うのは、見た日のコンデションによっても感想が違うのではと、しみじみ感じてしまった作品になってしまいました。
友人は面白かったと言いました。それなのに私は時々、スクルージの顔の上に違う映像が重なってしまって焦りました。瞬間瞬間、夢を見ていたようです。こういうのを、「映画館で寝た」と言うのですよね。
「疲れていたんだね。」などと慰められましたが、面白いと思った映画で寝てしまったことなどありません。意外とショック!!

だけど本当に疲れていただけなんでしょうか。

過去の場面で、一人学校に残された少年に凍えるような孤独感を感じません。去っていく恋人の背中を見送るスクルージに切ないほどの悔いの想いを感じません。

使用人ボブの子供を愛おしく感じるスクルージは唐突です。
映像に奥行きを感じても、場面場面に奥行きがなかったのではと思いました。

物語はまったく同じ。
それなのにいったい何が私には物足りなかったのか。それともコンデションが悪すぎたのか、それは分からない事です。
ただ、gooの解説には、
「ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリスマス・ストーリー。」とあります。この映画を今の時代に公開する意味はあるのかもしれませんが、見た人々に希望の光を与えるかは疑問が残る所です。

見所は、ジム・キャリーの七役。ゲイリー・オールドマンも三役はやっています。
ちなみに私は現在の精霊がお気に入りです。

≪追記:どうもこれ、3Dで見なかったことが敗因みたいです。3Dの飛び出し具合は凄いらしいですね。そんな話を漏れ聞くと、ああ、未来の入り口に立っているんだなあ、と思います。今年を堺に映画はどんどん変わって行くかもしれませんね。
でも、技術中心に行ってしまい画面に奥行きあり、物語は薄っぺらなんて事が起きないでもらいたいと、心から、そう思います。≫


 クリスマスキャロル2

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Disney'sクリスマス・キャロル

フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か?...

Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol

今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本?...

Disney’s クリスマス・キャロル

公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...

「Disney's クリスマス・キャロル」

14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。

時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』

金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。

Disney's クリスマス・キャロル

映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ!

【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス?...

Disney'sクリスマス・キャロル

Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ?...

Disney'sクリスマス・キャロル(2009)

 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...

クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり>

観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...

すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】

 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...

こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』

金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。

「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽...

「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     → ?...

映画:Disney’s クリスマス・キャロル

> 昨年2009年のクリスマスにDisney’s クリスマス・キャロルを観てきました。  記事にするのが年越しになってしまいました・・・。年を越しちゃうと正直記事にする気力が・・・。なのでちょっと手抜き記事になっちゃうかも知れませんがご了承のほどを。

Disney's クリスマス・キャロル

Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

私も、希望の光を灯した、という文を目にして、「なんで?」と思ったんですよ。
ケチんぼが改心した話で、どうして希望? って。

字幕が3Dでなくて、吹替えだけ3Dなんて知りませんでした。知らずに3Dを観ました。まあ、面白かったけど…。

ボー様

いつもながら、遅いお返事ですみませんでした。
この映画のスクルージって、ただのケチ。その辺が、子供にみせる事を意識したのかもしれませんね。本当は飢え死するような人からも、お金を取り立てる人非人だったと思うのですよ。だから先に死んだ同僚は、地獄に落とされているのですよね。きっと不況で苦しんでいた人は、スクルージのような人に苦しめられていたのかも。

今の時代に一筋の希望を感じるお話って言ったら、多種多様な世の中なので、コレだというものを見つけるのは難しいかも知れませんね。

「現在版藁しべ長者」とか・・・。結構好きかも(笑)
3Dで見なかった事を悔いています。これからはオリジナルをみたいと思わずに、3Dの時は迷わずそれを選ぶ事にします。

コメント&TBありがとうございました

けっきょく僕は3Dの方も見ました。
まったく違う作品という印象です。
新しい映画の世界が拡がっていくような実感がありました。

TB&コメントありがとうございました♪

こんばんは(^^)

実は私も字幕版を観たのですが、
日本語吹替版の3Dの評判があまりも良かったので
こちらも観て来ました。

基本的にCGアニメ映画であっても
日本語吹替版には抵抗があるので
字幕版しか観ないのですが、
今回の映画に関して言えば
とても上手く日本語に吹替えされていたと思います。

やはり台詞が日本語で気楽に聞き流せたせいか
映像に集中して観る事が出来たので
3Dの映像も思いっきり楽しめました♪

私も字幕版を観た時は
ウトウトしてしまいそうでしたし、
絶賛するほどの面白さも感じなかったのですが、
日本語吹替版の3Dは純粋に面白かったと思いましたよ!

書記長社労士様、テクテク様

ふと気がつけば、なんと間が空いてしまったことでしょう。大変申し訳ないことをしました。

実は「私も3Dで見直してみました。」とお返事が書きたいがゆえに間が空いてしまったのですが、どうしてもこの一週間では叶いませんでした(涙)
この映画、見直したほうが良いようですね。ただ、それが叶わなくても、同じ過ちはしないようにしたいと思います。「カールおじさん」とか・・・。

でも願わくば、3Dで観なくても同じくらい面白かったと言う映画を観たかったと言うのが、本音です。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。