スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

マイケル・ジャクソン THIS IS IT - goo 映画
this is  it

11月4日映画館にて鑑賞

マイケルは50歳・・・
だけどこの人に年齢をカウントする事って無意味だったんだと、私は思った。彼は本当にネバーランドの住人だったんだ。

リハーサル風景のはずなのに、本当にどの歌もダンスも素晴らしくて、その完成度の高さに震える思いがした。そのメッセージ性も高かく胸に迫ってくるものがあった。

この公演をロンドンでやらせてあげたかった―それは誰もが思うことだと思う。

もちろん私は見ることは出来ないが、ジャケットが燃えたままで舞台が暗転するシーン、森の奥からの機械音だけのブルドーザー・・そしてピアノの音・・。その完成された本当の舞台が観たかった。


ダンサーなどのキャストの人たちが、彼を語る。彼と同じ舞台に立てる最高の幸せを。


・・・・・あの日、彼の死が唐突に世界中に知らされたあの日、この人たちはどんな気持ちだったのだろうと、ふと思ってしまった。
まさか・・とか、信じられないとかそんなものではないはず。まるで世界の終わりが来たような気持ちになってしまったのではないだろうか。出口のない悲しみに押しつぶされそうになってしまったのではないだろうか。練習の日々があんなに光り輝いていたのだから、やって来た闇は半端なものではないだろう。

顔を輝かせながら語る彼らの姿を見て、「良かった、映画になって良かった。」と私は繰り返し思った。歴史に名を残すのは、キングの名前だけ。
だけど最高の舞台を作るには不可欠な仲間達。その本番の日は永久に来なくなってしまった失意を埋める事は出来ないかも知れないが、映画になったことで、彼らの戦いの姿は、そのキングと共に人々の記憶の中に残ったことが救いだと思った。

なぜだか2時間、泣きっぱなしだった。今は居ない彼を思ってではない。なぜならネバーランドの住人の彼の「死」は、圧倒的なその存在感にいつしか記憶の奥に追いやられてしまっていた。キャストの気持ち、スタッフの気持ちを思って涙した部分もあったけれど、それ以外はほとんど舞台そのものに感動してしまったからだと思う。

歌もダンスも素晴らしくて感動もしたけれど、彼の人との接し方や話し方や舞台に対しての拘りにも心動くものがたくさんあった。

最後の彼の挨拶。
「大丈夫、何も心配要らない。」とみんなを励ますマイケル。
涙が止まらない。

この映画を通してマイケルのメッセージが、図らずもより多くの人に届いた事は、複雑な思いはするが、唯一の救いなのかもしれない・・・

this is it 2



theme : マイケルジャクソン
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー―   監督 : ケニー・オルテガ 『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』【comment】公開2日目に観に行きました。劇場は前3列?...

[映画『THIS IS IT』を観た]

☆私は熱心なマイケル・ジャクソンのファンではなく、人並みに、子供の頃、「スリラー」のPVに驚嘆し、花見の席の盛り上げに<ムーン・ウォーク>をやってみせる程度の認識である。  ただ、MJの<ネヴァーランド>思想には、共鳴できる部分が50%はあって、本日、...

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

リハーサルの映像と音で、ここまで魅せてくれるとは。 舞台の上では、頭のてっぺんから、つま先まで全身が、見る者に目をみはらせる存在、マ...

『THIS IS IT』

  □作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイケ...

マイケル・ジャクソン THIS IS IT / This Is It

これは映画じゃない{/atten/}マイケルのLove&soul{/m_0163/}そのもの{/atten/} 世界同時公開な上、たったの2週間だけの上映!!ってことで激混みが予想される土日を避けて行ってきました~。 このドキュメンタリーフィルムは7月に行われる予定だったマイケルのロンド...

映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

昨日は マイケルジャクソン遺作映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を 見に行きました。 2週間しか放映しないというので 急いで見に行きましたら

THIS IS IT

マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  

劇場鑑賞「マイケル・ジャクソンTHISISIT」

マイケル・ジャクソンTHISISITマイケル・ジャクソンTHISISITデラックス・エディション「マイケル・ジャクソンTHISISIT」を鑑賞してきました2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THISISIT”。本作は...

私の誤解を解いてくれた映画。『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのコンサートリハーサルを収録したドキュメンタリー映画です。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

あちこちで「すごく良かった」という声が聞かれるようになって、 いてもたってもいられなくなり、私も観てきました。 マイコー、THIS IS IT! ...

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 恍惚のひととき

圧倒的な迫力で迫ってきた。 プロフェッショナルをさらに超越したリハーサル風景は、あまりに見事。 何事にも完ぺき主義のマイケルの、本番さながらの歌、そして踊り・・・・ そして全力で一緒に1つのものを作り上げていこうとする、スタッフやダンサーへの愛。 そこ...

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

誰も見たことのない彼に逢える。 上映時間 111分 監督 ケニー・オルテガ 出演 マイケル・ジャクソン {/m_0191/}{/m_0150/}2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。本作は、死の直前まで行わ?...

【マイケル・ジャクソン THIS IS IT】音楽は永遠に生きる

マイケル・ジャクソン THIS IS IT~THIS IS IT~ 監督: ケニー・オルテガ    出演: マイケル・ジャクソン 公開...

映画『マイケル・ジャクソン ThisIsIt』を観て

9-56.マイケル・ジャクソン ThisIsIt■原題:ThisIsIt■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:10月31日、渋谷シネパレス(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ケニー・オルテガ□振付け:トラビス・ペイン□音楽監督:マ...

THIS IS IT MJはけっして朽ちてはなかった・・・・

【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定?...

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

故マイコーが死の直前まで完成に全力を注いでいたコンサート“THIS IS IT”のリハーサルとメイキングを映画としてまとめ、2週間限定で世界同時上映した『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』をIMAXで観てきました。 ★とかそんな問題じゃないのです 凄い、愛に満ちてる、...

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱をかたむ..

★「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

今週の平日休みは祝日明けの水曜日。 いつもの平日より混んでるな・・・とおもったら水曜日はレディースデイだからなのね。 普通ならコンサートリハーサルの映像映画ならこんなに話題にならないだろうけど、さすがマイケル・・・ 限定二週間の上映も延長決定らしいし、...

マイケル・ジャクソン  THIS IS IT

<<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は...

映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT IMAX版」

監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT?...

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

ブログネタ:映画はどこで観る? 参加中 特にマイケルのファンではないけれど、 気になります。 評判良いですね、この映画。 舞台関係者の中では特に良いので観てみることにしました。 こういう音楽中心の映画は、 特に映画館で見たいですね。 映画の評判のせ?...

The King's Legacy 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

――― これがキング・オブ・ポップが私たちに遺してくれた最期の贈り物。 噂に違(たが)わぬ傑作でした。 2009年はあと一ヶ月ありますが、間違いなく今年観た映画のNo.1です。 マスメディアによって徹底的に傷つけられ貶められた天才は、最後の最後、自分では観られる?...

THIS IS IT(感想168作目)

THIS IS ITはWOWOWでして鑑賞したが

『マイケル・ジャクソンTHISISIT』’09・米

あらすじ最期のコンサート”THISISIT”がリハーサル映像により奇跡の映画化。感想とんねるずのマイケルのPVの完コピとか観て凄いアーティストやねんなって知ってたけど洋楽に目覚め...

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

世界的な米国エンターティナー、マイケル・ジャクソン(1958-2009年)の公演リハーサルの模様を綴(つづ)った音楽ドキュメンタリー「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2009年、米、111分、ケニー・オルテガ監督、コロンビア映画配給)。この映画は、?...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ソニー・ピクチャーが映画化権を買ったとき、ギャンブルだと言われたようですね。リハーサルを映画にして客が来るかどうか。
日本以外はどうなのか知りませんが、日本は上映が延長する大ヒットです。
きのう行った映画館では、複数のスクリーンで何度も上映があったみたいです。

コンサートが見られなくても、その前段階で、かなり内容が出来上がっていましたよね。

ボー様

そのギャンブル、かけてくれて良かったです。もしかしたら負ける(失敗)かもと思ったと言うわけですよね。それでもリハーサルで映画を作り、私達はそれを観て感動できたのですものね♪
かなりレベルの高いリハをやっていたからこそ、ありえた訳で、なんかそれも凄いと思います。

東京近郊といっても、うちの方は田舎なのでしょうか。レディスディでも半分ぐらいの入りでした。(その映画館が危ないのかなぁ)でも、終わった時に拍手が起きたのですよ。ちょっと驚いて、私はしそびれちゃったのですが、私も便乗して拍手したかったです。

価値ある作品

kiriyさん、こんにちは!

私もスタッフやダンサーの人たちが
マイケルの死を知った時の悲壮感・落胆は、
私たちファンの比じゃないだろうなと思いました。

もちろん、この舞台を作るのを支えてきた人達のためにも
この映画が世に出たのは救いだけど、
何よりもマイケルがスキャンダルまみれの変人のままで
終わらなくて良かったとも思いました。
キングとは言え、悪い評判のほうが晩年は多かったもんね・・・

今回、私の周りでも、マイケルの事をあまり知らないけど
観に行ったと言う人たちが多く、
そしてみんながマイケルを見直してるんですよ。

本当にこの映画は価値あるものだったな~って思います。

こんばんわ

>彼の死が唐突に世界中に知らされたあの日、この人たちはどんな気持ちだったのだろうと、ふと思ってしまった。

私も思いましたわ~。
迫るステージを楽しみに興奮して待っていた彼らは、
ファンよりももっと絶望感でいっぱいだったかも知れません。
これが映画になって本当に良かった。と私も思います。
この映画が無ければ、マイケルと共にこのステージの
素晴らしさも、これを作り上げようとしていた人たちも
永遠に埋もれてしまいますもの。
私も見に行って良かったです^^

YAN様

>何よりもマイケルがスキャンダルまみれの変人のままで 終わらなくて良かったとも思いました。

私もそう思いました。いろいろな噂は聞こえてきたけれど、いろいろな場面で熱狂的なファンの人たちの様子がテレビに映し出されると、噂をそのまま信じる気にはなれませんでした。
この映画を観て、噂に乗って悪口を言わないでいて良かったなと少し思ってしまいました。

この映画を観ていると、マイケルはパワフルでパーフェクトにすら思えてしまうけれど、映し出されていない部分にも真実があったはず。
だけど優しくて繊細な部分は、この映画の中にも映し出されていましたね。

「why・・・」
いつか更なる真実を語る人も現れるかもしれませんね。

くう様

Tb&コメ、ありがとうございました。
やっぱりくうさんも、同じように感じられたのですね。くうさんの記事の最後の三行にそれを感じました。最高のキャスト・スタッフを揃えてのロンドン公演、本当に実演させてあげたかったですね。

でも、この映画を観る事が出来て本当に良かったと思います。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。