スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ごくせん THE MOVIE

ごくせん THE MOVIE - goo 映画

ごくせん

7月29日映画館にて

この映画を、まさか映画館で見ることになるなんて思ってもみませんでした。でも誘われればどこでも行くし、何でも見るんだな、私。

昔、テレビドラマの「ごくせん」が好きでした。が、ある時、突然卒業してしまった私。

久し振りに見た「ごくせん」はお気楽で楽しかったです。
ふと隣を見たら、若い女性が彼氏の横で(レイトショーで見たので)イスの上に足を上げ体育館座りで見ていました。

―まあ、お茶の間~ !

でも、私が真似したら無意識の内に正座をしていたなんてことになりそうなのでやりませんが、見る側にそこまで肩の力を抜かして見せる所が、すごい所だったのかも。


ところで数シリーズをやっている「ごくせん」なので、結構良いシーンで前のメンバーが纏まってテレビを固唾を飲んで見守るシーンが出てきたり、かつてのメンバーがサービスのように出てくるのですが、この人選って結構大変だったのじゃないかなとふと思ってしまったりするのです。

例えば松山ケンイチなんかは、もちろんこの映画には出てはいないのですが、もし彼が洒落で「出ます」と言ったとしても、その扱いは微妙なものがあるのではないかと思ってしまったのでした。

ところで単なる連想ゲームですが、松ケンの「カムイ外伝」と小栗旬の「TAJOMARU」は同じ日に公開なんですね。ストーリーは違うから別になんだと言うわけではないのですが、何かを微かに感じてしまった私なのです。私は「カムイ」に愛があるので、一人でもそれは観に行く予定です。
などと、「ごくせん」にはまったく関係のない話になってしまったところで、ネタバレ感想です。

大したことのない感想ですが、それでもネタバレになってしまうので、画像の下に少々です。

 ごくせん2

さすが映画、ばかばかしさがアップしていました。その辺が映画らしくて楽しめました。ヤンクミの行動が、ライブで流されてしまうアホくささですが、なんか許せてしまうのです。ハイジャック犯の後ろに立ったときから、日本一有名な先生になってもいいものだと思うのですが、真面目に突っ込んではいけないのですよね。

思わずプハッと笑ってしまったのは、生徒を助けにやってきたときにカベを破って入ってきた所。
アレッ?「ごくせん」ってこんな話だったっけ?

最近はそうだったのですってね。

私はもう少しヤンクミの恋絡みがあったときの方が好きだったのですが、あれでは色気を全部棄ててしまっているので、ちょっと寂しいなんて思ってしまいました。

でも生徒達がヤンクミの元に駆けつけるところは良かったですね。いつもと逆のセリフが生きました。

「アタシ?アタシはこいつらの学校の先生だよ。」と言ういつものセリフではなく
「俺達はそいつの生徒だ。」と言うもの。

ちょっと良い感じでした。

と、まあこんな所でしょうか。



1520/77

theme : 邦画
genre : 映画

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。