スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

アマルフィ 女神の報酬

アマルフィー
アマルフィ 女神の報酬 - goo 映画

7月25日映画館にて

映画を見た後に、
「アマルフィーに行きたいわ~。」と言いましたら、子供1に
「もう行ったようなものだから、行くことないじゃん。」と言われました。

楽しみにしていたイタリア全篇ロケ(一箇所だけ違うらしいけれど)、思ったとおりの楽しさがありました。
この映画は、いい意味での
「日本人の日本人による日本人の為の映画」だなあとしみじみ思ってしまったのでした。


子供を誘拐された母親役を天海祐希が好演、日本大使館の見習い研修員の戸田恵梨香も良い味を出していました。
もちろん黒田役の織田裕二は、新しい自分の適役を掴んだと思いました。続編にも意欲的だそうで、それはそれで嬉しいと思いました。そう思えるような魅力が黒田にはあったからです。

脇も堅くなかなかいい配役だとは思いましたが、大塚寧々とか伊藤淳史なんかは何か勿体無いような使われ方。彼らでなくても別に良かったのでは。
それよりもちょっと驚いたのは、大塚寧々のWikipediaにこの映画のことが載っていなかった。そっちの方が驚き・・・・。彼女、出ていなかったっけ?


アマルフィー2

面白い映画で楽しめましたと書いたら、これと言ってネタバレで書くべき感想もないのですが一言だけ。


アマルフィー3

日本映画らしいなと思ったのは、そのラスト。
信じられないくらい優しい展開なのです。

近頃現実の社会の方が、映画並みに恐ろしい毎日かもしれません。ならば映画の中だけでもかくの如きホッとできる終わらせ方というのも良いのかもしれませんね。

観光の意味も込めて画像も大きく載せました。

theme : 邦画
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマルフィ 女神の報酬

無難に面白いけど,もうちょっと冒険心が欲しかった。  

『アマルフィ 女神の報酬』

□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日 ?...

アマルフィ 女神の報酬

  フジテレビ開局50周年記念作品として邦画としてはめずらしくオールイタリア ロケを敢行して撮影されたサスペンス・ミステリー。 イタリアで起きた日本人少女誘拐事件に関わってしまった外交官・黒田の 活躍を描く。クリスマス目前のローマに娘と訪れた矢上紗江...

映画:アマルフィ 女神の報酬

 ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。アマルフィ 女神の報酬を観てきました。
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。