スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリポタ2
ハリー・ポッターと謎のプリンス - goo 映画

7月20日映画館で鑑賞。

ハリー・ポッターを読んだり見たりすると、私はなぜかモンゴメリの小説を連想してしまう。幼馴染との恋の行方はどうなるのだろうと、途中でやきもきしたり、いろいろ紆余曲折はあったとしても、結局はなるようになって行く青春ロマン。
特に今回の「ハリー・ポッター」は主人公達が思春期真っ只中の為、その物語にもかなり重点が置かれていたように思う。
今までは陰に徹していたロンにもかなり光が当たっていた。それはそれで嬉しい。そうでなければ説得力がない。

ハリポタ5

またそれはドラコにも違う意味でスッポットライトが回ってきた。

ハリポタ3


そう、ちょっと前までは時間制約がある映画では仕方がないが、通りすがりの嫌味男に成り下がっていたので、彼へのスッポットライトは嬉しい。ハリーの敵はいまやドラコ如きは関係ないのかもしれないが、やはり同年代のライバル、または敵役には輝いていて欲しい。その方がドラマに厚みを感じるし、ファンタジーとしてみた場合、子供たちの目から感情移入がしやすいと思うからだ。

ただハリウッド映画を見慣れている夫がぼやく。
「青春ドラマが無駄に長くてちょっと苦痛だった。」

そりゃそうかも知れない。だって夫が若き日にモンゴメリが好きだったとは思えない。
ちょっと彼には私と違って、苦手な分野かも知れない。だけどここまで来たら諦めて、ラストの前後編の二本を見て、彼らの最後の物語を私と一緒に見届けるしかないよ。

見終わって、思わず私は思った。「ああ、続きを明日見たいわ。」
でも続きは、また来年・・・。
歳は取りたくはないが、早く来年になってほしい。

以下ささやかにネタバレ感想。

 ハリポタ4

ハリーのお相手は、不思議ちゃんではなかった。少し残念。


ハリポタ6

「シリウス・ブラックを殺してやった」と言う声で始まるダークな雰囲気は健在。
極悪三悪人の動きが速過ぎて、めまいを起こしかけた私(マジ!)
双子のお兄ちゃんのお店が楽しい。
恋するハーマイオニーは今まで出一番綺麗に感じた。
ありがちなロンのうわごとエピソードでも、私は満足。
テーマパークのアトラクションのように楽しかったロンの家の最後が悲しい。
なぜ、ダンブルドアは・・・?
最後のハリーに言った「信じよ。」と言う言葉、スネイプに言った「頼む。」は心に残った。
ちょっと考えれば分かるのに・・。ハリーの馬鹿~って言いたくなってしまったけれど、分からないから面白いのかしら。
スネイプは凄い。でもなぜプリンス。もっと意味がありそう。

これはやっぱり原作読むべきなのか・・・・。


ダンブルドアが言う。(セリフは不正確)
「今でも階段下の物置にいる小さなハリーが懐かしい。」
私も懐かしい。
魔法使い学校ホグワーツの、マイナスやプラスの点数や寮どおしの競い合いや、期待に満ちた新学期や別れの時・・・
物語は佳境。過ぎた日々は帰らない。

 ハリポタ





theme : ハリー・ポッターシリーズ
genre : 映画

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリー・ポッターと謎のプリンス

“『ハリー・ポッター』鑑賞”―は、当たり前の行事になっている我が家でも、、、誰もそれ程楽しみにしているわけでもなかったりして~アハ今回は、シリーズで初めて字幕版を観賞―【story】ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の支配力が強大になっていくなか、ハリ?...

ハリー・ポッターと謎のプリンス

J・K・ローリング原作のベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの 映画版第6作。ハリーはダンブルドア校長とともに復活したヴォルデモート卿 との決戦に向けて、彼の知られざる過去を探る。ヴォルデモート卿の支配力が強力になっていくなか、その脅威がホグワーツ ..

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

ハリー・ポッターのシリーズ第6弾。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』’09・米

あらすじついに復活を果たした邪悪な魔法使いヴォルデモートはその支配力を魔法界のみならず、マグル(人間)の世界にまで広げようとしていた。そんな史上最大のピンチが迫る中、ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の校長、ダンブルドアとともに来るべき最終決戦の...
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

約1年半後なんて、長すぎる。。。
しかも、それは前編。
どうなるのか楽しみですね。原作は読まないでおこう。

Re: タイトルなし

続きは、もう来週みたいです。私は我慢できなくて原作を読みたいくらいですが、近頃読書習慣が崩れているので、たぶん読まないと言うより、読めないと思うのでちょうどいいかもしれません。
間が空きすぎですよね。
でも、こうなったら最後まで付き合うしかないですよね。
line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。