スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

MW-ムウ

MW-ムウ- - goo 映画
あらすじ、解説は↑を参考にしてくださいね。
7月4日映画館にて鑑賞
mw


原作は手塚治虫。
手塚治虫の漫画は、子供の頃にかなり読んでいたが、自分が大人になってからの作品はあまり知らない。この「MW-ムウ」も原作は知らない。家に帰ってその原作のあらすじなどを読むと、ちょっと吃驚。
―映画以上のハードな物語だったんだ。

私は映画を見た直後にすぐに原作が読みたくなって書店に寄ったのだが、見つけられなくて家に帰って調べたわけ。

なぜなら結城美智雄は闇に咲く漆黒の花の美しさ、その輪郭のみが風に揺らめいて光ってみえる・・・何言ってんだか・・・そんなイメージ。
魅せられてしまう。

玉木宏がザクッと減量して、その悪の役に挑む。長身でスリム、こけた頬に甘い声・・・今までで一番かっこいい彼がスクリーンの中に立っていた。
単なるミーハー記事みたいだけれど、実はこの結城と言う男には、そう感じさせるカリスマ的な魅力があるはずなのだ。言葉で説明することなく、見ているだけでそう感じさせる事が出来ただけで成功したといえるのではないだろうか。

その結城美智雄に絡む賀来裕太郎に山田孝之。こちらはなんとなく控え目で、もう少し彼だけのシーンが見たかったような気もした。この二人には独特な雰囲気があって、映画では描かれていなかったが、原作のあらすじを読むと、映画でもその世界観を壊さないようにしたのかもしれないと感じるものがあった。

悪の魅力を語るのは、ちょっと難しいものがある。なぜなら、結城と言う男は、「悪の中にも正義」というようなそんなものは微塵もない。いわゆる完全なモンスターなのだ。
モンスター礼賛と言うのは、どうもバツが悪い。でもハンニバル・レクターに魅力があるから「羊達の沈黙」や「レッド・ドラゴン」が面白いのと同様に、人は正義の人であっても現実ではない世界では、そういう「悪」に時には心惹かれてしまうのかもしれない。



MWの正体こそが、本当の悪魔。それを隠蔽しようとする巨悪の存在。だけどそれに匹敵する一人の人間の闇の力を感じてしまう映画だったと思う。


「おやっ」と思うシーンも実はいくつかあったし、描ききれていないと思う部分もなくはなかったが、今回はネタバレ感想はなし。

スピンオフドラマでちょっと好みではないかと思っていたのだが、そんな心配はする必要はなく結構楽しめた。

  

mw2
 
「森の中の一本の木」の方に「MW-ムウ」の漫画の感想を、映画のネタバレ感想と一緒に書きました。気が向いたら、お越し下さい。→こちら

theme : 邦画
genre : 映画

tag : 玉木宏 山田孝之

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『MW -ムウ-』を観た感想

★★★★ 玉木宏のクールなダークヒーローぶりがカッコイイ。大画面のアップに堪えられるルックス、響く美声で、スクリーンの主役を張るスターのオーラが漂う。いい! 実験に失敗して犠牲者がいても、真相が闇に葬られてしまうのも、今と全く同じ。それが「禁断!」のもう...

MW-ムウ-

玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ- 」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 テレビで、第0章もやってたけど、うとうとしていて、よくわからずじまい^^; 「UCとしまえん 」は、普通の人出かなぁ。 「MW-ムウ- ...

劇場鑑賞「MW-ムウ-」

MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタテ...

MW-ムウ-

巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件にかんし..

目的が分からない。『MW-ムウ-』

手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。

MWムウ 映画

手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...

『MW -ムウ-』

□作品オフィシャルサイト 「MW -ムウ-」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル ■鑑賞日 7月13...

MW-ムウ-

世界を変えるのは、破壊か、祈りか。 【関連記事】 「MW-ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~」 発売予定日は2009年11月6日
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。