FC2ブログ

「それでも恋するバルセロナ」

それでも恋するバルセロナ

2009年6月公開。

1月に録画してあったものを3月1日に視聴。

これ、原題は何だろうかとふと思いました。

なんと「Vicky Cristina Barcelona」

なんか英語って不思議だなぁ。「綾子 瑠理香 沖縄」みたいなタイトルじゃないか。「綾子」と「瑠理香」が私の脳内のどこから来たのかは知らないけれど。

「それでも」が付いただけで、この日本語のタイトル、凄く良いよねと思いました。

そんなのダメに決まりじゃんと思っても、恋はしちゃうのですよね。


ウディ・アレンはやっぱりテンポが良くて好きです。

面白かったです♪

そして美女ばかりが出てきます。スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、レベッカ・ホールですものね。

ペネロペ・クルスは、この映画の主役であるハビエル・バルデムと、映画の中でも元夫婦でしたが、リアルでも結ばれたのですって。ちょっと素敵ですね。

バルセロナ観光も楽しい。

スペインに行ってみたくなると言うものです。


《画像の下はネタバレになっています。》

それでも恋するバルセロナ2



スカーレット・ヨハンソン演じるクリスティーナは自分探しに余念がない。ファンとマリアのお蔭で、写真と言うツールで、自分表現の手段を得るものの、女二人と男一人の生活に理性が勝ち、彼らと離れていく。そしてやり過ぎちゃったと反省。

まったくの常識人であったヴィッキーは、一夜の誘惑に負け、それ以来ファンに恋い焦がれている状態のまま婚約者と結婚してしまう。だけど何とか乗り越えて、やっとあれは一晩のアバンチュールだったと悟る。


なんだかんだと、元の生活に戻っていく二人。

でもみんな普通に見える生活でも、その間には人には知られないより道があるのかも知れませんね。


それでも恋するバルセロナ3


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「アイネクライネナハトムジーク」

アイネクライネナハジーク

三浦春馬主演。

春馬はキラキラしている。

いつも私は「勿体なや~勿体なや~」と思いながら見ているー。

☆      ☆      ☆       ☆

12月に録画してあったものを、今日見ました。

「アイネクライネナハトムジーク」とは、元はモーツアルトが作曲したセレナードの一つ。

意味は「小さな夜の曲」。

だけど思うに伊坂幸太郎は、曲のイメージでこの物語を紡いだのではないなと思った。このタイトルを選んだのは、意味からだと感じた。

そんな毎日の生活の隣にあるような物語が続く。

群像劇。

面白かった。

再度のチャンピョンチャレンジで、観客の中の青年が枝を折るエピに感動した。

青年は枝を折り、もう限界になっていたボクサーは、それを遠目に見て、「分かった」と胸を叩く。

それは10年前の出来事があったから。

何気にいい加減な雰囲気を醸し出している、佐藤の友人の織田一真は良い事言いまくりだ。

「10年の歳月」と言う事が折りこれているが、10年前と10年後は描かれてはいても、その間の年月が全く見えてこない。

これを「10年の歳月にわたって」と言うのは、ちょっと厳しい。

とりあえずあのストリートミュージシャンは、10年間、同じ場所で歌い続けてきたことは確か。



アイネクライネナハジーク2


tag : テレビで見た映画 wowow 邦画 2021年に見た映画 3月に見た映画 三浦春馬 3月に見た映画三浦春馬

line

「未来のミライ」

未来のミライ

2018年7月公開作品。

3月4日の朝、録画してあったものを見ました。

ふと、ああ、何でこれを今日見たのかな、何か意味があったのかなと感じました。

なぜなら今日は妹の誕生日。

彼女の誕生日を「ああ、そう言えば・・」と言う事はなく、ラインで言葉を贈り合い祝いました。

あの日の朝、妹が生まれたのは嬉しい出来事でした。だけれどその日から、私の長い苦しみは始まったのでした。

その苦しみは、一番下の妹が生まれる日まで続き、そして一番下の妹が生まれた時から、すぐ下の妹の苦しみが生まれたのです。

「エデンの東」をリバイバルで映画館で見た時に、滂沱の涙を流しました。それは愛する者を疎ましく思う経験をした者なら、いや、そういう者でなければ分からない感情に違いないと思うのです。

アベルとカインの時代から、これは人類のテーマなのだと思います。

「人類」などと大きく書きましたが、人類と言うものは、大きなことから小さなことまで複雑な解決できない事をたくさん抱えているのではないかしら。

4歳のくんちゃんは、お母さんが赤ちゃんを連れて病院から戻ってくるのを楽しみに待っていました。

だけどくんちゃんはその後、上に書いたような人類の小さくて大きな問題と戦っていくと言うお話でした。


まるで動く絵本のような内容だと思いました。

くんちゃんの気持ちがいちいち胸に突き刺さり、辛く感じました。それは自分の子供時代を思い出すと言うより、二人の子供を育てた母としての視点から見た、子育ての後悔にのようなものを感じたからかも知れません。

ただ、想いは胸に突き刺さりはしたものの、お話自体は私的には退屈なエピソードもあり、ちょっと映画館では見なくて良かったと思いました。

「私はかつてこの家の王子だった。・・・・お前が来るまでは。・・・・・あの時私は知ったのだ。愛を失ったのだと。」と語るワンコのうっちの擬人化された姿は好き。



未来のミライ2


「映画COM」の平均評価の星の数は低い。レビューなどを読むと、どうもくんちゃんの声に違和感があったらしい。確かに4歳児の声と話し方ではなかったが、別にどうって事もなかった。ただ、彼女が声に選ばれたエピソードを読んだ時、初めて違和感を感じた。オーデション会場で、彼女が部屋に入って来た時に「この人だ。」と思ったらしいが、ちょっと首を傾げたくなった。今、勢いのある人だから選ばれたのではないかと思った。

くんちゃんよりも、星野源と麻生久美子がそのままセリフをしゃべっているようなお父さんとお母さんのシーンの方が、ちょっと辛かった。台本を持ってマイクの前で話している姿が目に浮かぶのだ。

日本には声優と言う立派な職業がある。

声はプロに任せて、質を上げた方が良いと思うアニメは確かにあるなと、時々感じ、この作品はそこでちょっとマイナスになってしまったかもと思った。


あの時戦争からおじいちゃんが、命からがら戻って来たから、そしてあの時おばあちゃんが、足の悪いおじいちゃんとのかけっこでわざと負けてあげたから、今、くんちゃんはそこにいるー。

しみじみとそうだなと思いました。


そう言えば今日は祖母の命日でした・・・・。



未来のミライ3


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 3月に見た映画 アニメ 細田守

line

「日本沈没2006」

日本沈没2006

2021年10月期にTBSで放送される日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」は小栗旬主演で放送されるらしい。

「日本沈没」はかなり荒唐無稽なお話に、私には感じられるのに、何でかいつも人気が高いようだ。

何か何処か、リアルな部分に突き刺さるものがあるのかも知れない。

なんたってこの私も、1973年の映画を映画館に見に行った口である。

1973年の映画は、藤岡弘と悲しさが漂ういしだあゆみがとっても良かった。

そしてその時の印象が、ずっと残っていた。だからなのか、かなりイメージの違う草なぎ剛と柴崎コウになかなか感情移入は出来なかったし、映画自体があまり面白くも感じられなかったかもしれない。それと言うのも、パニックシーンの部分が、あまり印象に残らなかったからかも知れない。

それよりもドラマ部分に力を入れた映画だったのか。

だが2011年に、あんなにリアルな自然災害のそのシーンを、テレビで見せつけられた私たちには、もうそんなシーンは不要なのかも知れない。


最後にその時点での国のトップになった鷹森が、小野寺個人に感謝の気持ちを述べるシーンは感動した。





   小野寺俊夫 草なぎ剛
 阿部玲子 柴咲コウ
 結城慎司 及川光博
   野崎亨介 國村隼
 山本尚之 石坂浩二
   田所雄介 豊川悦司
   倉木美咲 福田麻由子





tag : テレビで見た映画 wowow 邦画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「ヘレディタリー 継承」

ヘレディタリー 継承1

2018年に公開。

3月9日に録画しておいたものを観ました。

「ミッド・サマー」を見てから、同じ監督(アリ・アスター)のデビュー作でもあるこの作品を観たいと思っていました。

この映画、怖い時には観客が叫んでも良いと言う絶叫上映を企画したら、あまりの恐ろしさに観客がシーンとなってしまって、その企画は失敗してしまったと言うエピソードがあるらしいですね。

私は悪魔信仰のような者を信じていないので、この手の映画はあまり恐怖も感じず、ひとりの部屋でも見る事が出来ます。

但し、これ、何か映像や音的にゾワゾワします。

出演者も、不気味な雰囲気です。

確かにそうとう怖かったです。後からじわじわと・・・・特にあのシーンはダメです。

この不気味な少女の画像の下には、あらすじは書いていませんが、少々のネタバレの感想です。


ヘレディタリー 継承2


しかし、祖母のヘレンの遺言のようなメモには

「失うものを嘆かないで。その後に得るものがあるから」のような事が書いてあったのですが、

狂信の他の者にはあるかもしれないけれど、この家族にはいったい何があるって言うのか、分からない事だなと思いました。

首を失って、もう肉体的には生きていないわけで、その体を乗り移った何かが動かしていても、その本人はその肉体にはとどまる事は出来ず、いったい何を得て、何かいい事でもあるのかと、すこぶる疑問。

地獄で優遇でもされるのだろうか。

この映画を見て、こんな事を考える人は居ないのかもしれませんね。

この映画の一番の恐怖のハイライトは、私的には、ワイヤーで自分の首をギリギリと切っていくシーンだと思うのですが、それを途中まで見せて、残りは音のみ。またその首が転がるのも音のみ。

凄いです !!

ずっとずっと脳裏に、その音が焼き付いてしまいました。

評判が高いのも分かりますね。


気の毒な家族だったなと思いました。↓

ヘレディタリー 継承3


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画 ホラー

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line