スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「ゴーン・ガール」

ゴーン・ガール
監督 デビッド・フィンチャー
ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/キャリー・クーン

脚本は原作者でもあるギリアン・フリンが担当。

作者が脚本を担当って良いのでは。だからなのかは分かりませんが、細部にわたってモレがないと言う感じで長時間サスペンスで展開も予想外に進む物語ながら、非常に分かりやすいと思いました。

原作の事は知らなかったのですが、デビット・フィンチャーが監督のサスペンスなら、ラストに「やーやー解決して良かったな。温かい気持ちになったわ。」ってなことにはならない事は十分承知で見てきました。いや、むしろそこを期待してたかも。

先日、監督自身が言っていた〈たぶん〉
「サスペンスで始まりスリラーになり、教訓で終わる。」はとても印象に残る言葉だったのですが、
見終わった後、私は思いました。

「教訓!?」
「どこが?」

「結婚は人生の墓場」とかいう言葉もあるけれど、それは「結婚」がではなくて、「ある人の結婚は」と言うのが正しい言い方だと思うのです。
でも彼らの結婚は、墓場ではなくその先の「地獄」だなと、私は思いました。


だけれどこの作品、そのような真面目に向き合うような感想はさておいて、サスペンスとして見た場合、すごっく面白いです。
えっ、もう、そっち行っちゃうの?
えっ、そんな事が起きちゃうわけ?
えっ、この流れか~。
この人、やばくない?
えっ、ドキドキするジャン、この人危ないよ~。

まったく飽きない展開です。

それでもちょっとサービスが良すぎてやっぱり長さが気になったのかそれとも話の濃さに耐えきれなかったのか、もう後ろのおっさんの溜め息がうるさかったです。

私、言ってやりたかったです。
「大丈夫ですよ。ほとんどのうちの奥さんは、こんな風には失踪しませんから。そんな美貌も才覚もないしさ。」


だけれど私、エイミーのノートのある部分には、ほんのちょっとだけ「分かるな」と言う部分があって、サスペンスと言えどもなかなか奥深く感じたのでした。

だからと言って、それが「教訓」の部分かと言うわけでもないのですが、今回ネタバレなしで書いているので、「分かるな」と書いても、何を言ってるのかさっぱり分からない文を書いて終わりです。

でも後で自分で読み返した時に、きっとすっかり忘れて自分自身が何を言いたかったのかも思い出せないと嫌なので、思ったことのメモを残しておきます。
―本来なら「高め合う」と言われる関係。それは偽りを愛するのとは違う。

なんでこんな感想を書いてしまったのか自分でも分かりませんが、思ったことを書くとこうなってしまったのです。

でもこの作品は間違ってもそのようなドラマではなくて、あくまでもサスペンスですよ。
失踪したエイミーの夫のニックには時々イラッとしたりしましたが、ずっと彼を支える妹のマーゴの存在にはホッとする物がありました。やっぱり一人でも味方がいるのは救いだなと思いました。



〈久しぶりに、こちらで映画の感想を書いたらグダグダになってしまいましたが、映画はスッキリ完成度が高いです。〉




スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

ホビット 決戦のゆくえ



とうとう三部作の終わり。
12月25日に観てきました。

感想を書こうと物語のあのシーンこのシーンと思い出していたら、涙が次から次へと溢れてしまいました。。
もちろん映画館でも旅のたどり着いた先のその物語に胸が一杯になりました。でも家に帰って来てまで、その物語に涙するなんて。

このような余韻を残す物語は大好きです。

そしてこれで彼らとお別れなんだと思うと、寂しくてなりません。

目的の場所に辿り着いた後の最終章なので、場所的には大きな動きがないのが寂しくても、そこは仕方がないことだと思います。でもそこを埋めるのは、やはりスケールの大きな戦闘シーンかもしれません。

この物語は、愛にあふれていたと思いました。

「愛がこんなにつらいなら、愛なんていらない。」
「辛いのはその愛が本物だからだ。」

またその戦闘シーンにすら、その愛は現れていたなと感じたのでした。

ちなみに「ホビット」は、このブログには危険な存在です。なぜなら私はこのようなファンタジー&冒険譚が大好きで、しかも故郷を失ってしまったという内容になぜか勝手に日本のとある地方の人たちが重なり心の中がいっぱいになってしまうのです。そして何も書けなくなるー。
普通にブログを書き続けていた2012年はこの映画からレビューが止まり、その先ずっとこのブログは休眠してしまいました。

そしてこれではちょっとなと思い直して復活させた2014年もまた、この映画の2月公開の2部でで再び止まってしまったのでした。
それってなんでなんだろう。
やっぱりさっぱりわからないなと思いつつ、

以下はネタバレ感想です。

hobbit-14192.jpg


いきなりラストからですが、ホビット庄に帰ってきたビルボの家が、彼が死んだと思われて家財がオークションに掛けられていたシーンはびっくりしましたが、上手いなと思いました。
綺麗に整っていたビルボの部屋は乱暴に家財道具が外に運び出されて空っぽ。まるで彼自信の心の中のようなのだと思ったからです。
111歳以上の人生を生きたビルボにとって、ドアーフたちと旅をしたのは1年半の短い間かもしれませんが、その旅が彼の人生を変えてしまったのかもしれません。
その冒険の熱き想いを知ってしまった後にはまったく同じようには戻れないのですよね。
ましてや彼は今では指輪の持ち主。
世界の片隅でひっそりと生きながら、知らず知らずのうちにいわば指輪の隠し場所というミッションを背負わされてしまったようなものなのではないでしょうか。

家に入る前に、自分が自分である証にドワーフとした契約書を差出、そこでトーリン・オーケンシールドの名前が出た時、凄く悲しくなりました。

あの時わけも分からずにドワーフたちがワイワイやって来て、勝手に飲めや歌えやと楽しんで、そして旅が始まったのでした。その旅の終わりがこのような悲しい別れになるなんて。


原作には登場しないエルフの女性タウリエルとキーリの愛の物語には、本当に切なくなりました。
原作は未読です。キーリは戦死する運命だったらしいのですが、その死に美しい花を供える事が出来たと思います。
イケメン担当だったキーリ。
オークの弓の毒で生死の境を彷徨い生還した彼なので、まさか彼に死が訪れるとは思っていませんでした。

なのでかなりショックだったのですが、まさかトーリンまでも!!!

竜の毒にやられて、金に異常に固執してしまったトーリン。これでもかと言うぐらいしつこく病んでいたけれど〈ちょっとイライラするぐらい〉仲間たちの言葉に助けられて自ら立ち直り、オークとの戦いの場にうち出るところは本当にかっこ良かったですね。

ガンダルフが
「王が戻ってきた。」と言った時、嬉しかったです。

彼の最後の戦いは、自分の身を切らせて相手を撃つと言う感じでしたね。


最終章なので、みなそれぞれに終わりがあるのですよね。
大切に想っている人を、全力で守りきろうとするエルフの王子レゴラスは、やっぱり最初から最後まで美しかったです。

美しいけれどかなり嫌なやつと描かれているエルフ王のスランドゥイルもアレはあれで良かったのかなと、なんとなく思えました。

気になったのは森の奥方、ガラドリエル。
彼女って夫がいるんですね。原作の解説などを読んでいるとそれが分かったのですが、なんかこの映画の物語の中ではガンダルフと気持ちが通じ合っているような気がしてしまったのですが、あれは友情と言う愛だったのでしょうか。


とにかくこの映画を見るともう一度「ロード・オブ・ザ・リング」が見たくなります。

いろいろ繋がっていくのも面白いですね。


だけれどこの人たちの物語の続きは出てこないですよね。

冒頭から手に汗を握りました。
谷間の国の領主ギリオンの子孫であるバルトが、邪悪なる竜を射止める事はそれ以外にはありえないと思ってしまうわけですが、それでも燃え盛る火の街の中で戦うシーンはハラハラしたしかっこ良かったです。


これで終わりかと思うと寂しすぎるので、来年は原作に手を出してその寂しさを埋めたいななどと考えている私です。





theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。