スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

2月26日に映画館にて鑑賞。

キック・アス2


デイブ・リズースキー/キック・アス アーロン・テイラー=ジョンソン
クリス・ダミーコ/マザー・ファッカー クリストファー・ミンツ=プラッセ
ミンディ・マクレイディ/ヒット・ガール クロエ・グレース・モレッツ
スターズ・アンド・ストライプス大佐 ジム・キャリー

えっ、ええ~。

あの大佐、ジム・キャリーだったんだ!!!


・・・・と、思わず書いてしまったが、自分がお間抜けな事を、またも告白してしまったようなものだな。
いい感じのあの人は、ジム・キャリーだったんだ。知らないでみていて失敗しました。


キック・アス




最近観たい映画がたくさんあるのになかなか見に行けなくて、2月はせめて一本見ようと選んだのが「キック・アス2」。

私的にはクロエ・グレース・モレッツが、可愛らしく美しく成長してくれていたのが嬉しい限りです。

前作「キック・アス」もとっても面白かったし主人公のキック・アスに魅力を感じたのだけれど、どうしても少女でしかないヒットガールが痛々しくて、感想が書けなかったのです。

な~んとなく児童虐待に感じてしまって、そんなふうに感じる人って他にいないのかなあって思ったりもしたのですが、でもそんな事を言ったら、うるさいPTAは引っ込んでろとか言われそうな人気ぶりで思わず沈黙の構え。

だけどそんな少女もほんのちょっと大きくなってくれると、そう言った「見ていて痛々しい感」が無くなってくれたのがホッと出来る所。


思う存分やっちゃってください。
ヒット・ガール。


と言っても、残酷シーンは結構ありで、見ていないシーンも数分あるかも。だからといってその分の返金はないよ、もちろん。


この映画は、まったく純な感じの青年が出てこようが美少女が出てこようが、人の良さそうなおでぶちゃんなどが出てきていても、ブラックユーモアを愉しむ映画なのかもしれません。

そんな黒いユーモアが分かる人には、かなり面白いと思います。


しかし、私的には、あれはいいのかって思ってしまう。

ちょっとだけネタバレ感想・・・。


キック・アス3



デイブのパパさんが大変なことになってしまうのは、あの青年のせいじゃないの。
だけどあの人は、あんなに簡単に許されちゃって良いのかと。

それともデイブはその経緯を知らないから、ああいう展開なのかしらと、少々納得がいかないような気がしました。

マザー・ファッカーは、いろいろ気の毒。
ママを失って、いつも力になってくれる執事を失って、暴走。そして最後は体のあちこちを失って・・・・

でもしぶといネ。

最後に、これで終わりと言って仲間を解散させたけれど、体を鍛えるその側にはキック・アスの仮面が、なんとバージョンアップしているじゃん。

これってまた続編を意識していたりするのかなあ・・・。
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。