スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2013年に映画館で観た映画のまとめ

皆様、お久しぶりです。

すっかりこのブログは閉鎖状態が1年以上続いてしまいました。
そんなブログなのに訪問してくださった皆様に感謝の念、深く想います。

閉鎖状態であっても、私の中では閉鎖したという感覚もなく、書く気になったらある日ごく普通に再開していたと思います。だけど、どこから書こうかと悩んでいるうちに日々は過ぎ、とうとう書く気にもなれず、今年も終わりの日を迎えてしまいました。


一応2013年に観た映画と簡単な感想を記録として残しておこうと思います。
因みに近頃、映画を見に行ったことをカレンダーにも記さず、ブログにも書かず、ツイッターでも呟かず、なので漏れもあるかと思いますので、あとでこっそり思い出したら追記するかもしれません。またちゃんと書きたくなったら、そのうち書くものもあるかもしれません。


1月
ゲキ×シネ「髑髏城の七人」
   
ゲキ×シネを舞台に入れるか映画ととらえるかと言うのは愚かな迷いではありますが、メインブログ「森の中の一本の木」では舞台、こちらのブログでは映画としてとらえたいと思います。
感想は書きました。→こちらです。



2月
ダイ・ハード/ラスト・ディ

嫌な予感はしてました。しかし・・・ここまでひどいとは思いませんでした。ロシアまで行って、なんと迷惑な。。。なんて思ってしまいました。だけどこれ、年明けにwowowでやります。あまり悪く言って足を引っ張ってもと思うので少々フォローすると、たぶんテレビでごろ寝しながら見るには最適な映画じゃないかと思います。

だけどネタバレしているので、これからな人は次の数行は飛ばしてください。

巨大プールに落ちて、その水が汚染されたものに違いないと思ったお父ちゃんが「大丈夫かな。」と言うと息子が「大丈夫。毛がなくなるだけさ。」とすでにツルぴか父ちゃんに言うブラックジョーク、無神経すぎる、今の日本にとっては。この無神経さが全体ににじみ出ちゃって、このような映画になってしまったのかもって、私は感じました。


3月
相棒シリーズ XDAY
もちろん見に行きました♪
だけど、今頃になってくるとどんなお話だっけと忘れてしまったので、先日テレビでやったものも見ました。右京も神戸も登場でサービス満点。もちろん主役はイタミンだけど、今回はその二人も顔見せ程度じゃなかったところも良かったですよね。この映画、残酷シーンはないけれど、内容的には怖い話だと思いました。

日本終了は絶対に嫌だよね。

4月
藁の楯
もちろん見に行きました♪
この作品、カンヌ国際映画祭に出品。そこでこの映画を見た外人の男性が
「藤原竜也のクレージガイにすごく説得力があって良かった。」と言ってるのを聞いて、思わず「そうでしょ。」と身内のような得意な気持ちになったという作品です。

アイアンマン3
これ、面白かった~。
ド派手だし、子供をうまく使ってるのも良かったです。

5月
ーーーーー

6月
オブリビオン
スペースオペラ&クローン。SFの王道のような物語を丁寧に描いたという感じで好感度が高かったです。ゆえにクローンは本来は別の個体だろうと突っ込みたいところも我慢すっかと言う気分になれました。さくっとネタバレしちゃったけれど、だれでも予想が付く展開なので良しとしていただきたい。


真夏の方程式
ガリレオシリーズ。彼が真実を明かすことで傷つけると悩んだ相手は・・・・。
そうか、そうだったのかと真実が分かった時、切なかったです。これは「Ⅹの献身」と違って、ど真ん中にガリレオがいてガリレオシリーズをちゃんと見たという気がしたのも良かったです。



7月
― ― ―

8月
パシフィック・リム
これ、絶対に日本人好みだよね。
見た後、しばらく音楽が頭の中で鳴り響いていました。
菊地凛子さんがかっこ良かった~。芦田愛菜ちゃんのハリウッドデビュー作にもなったわけだけれど、彼女の泣きの演技は国境を越えても通用するレベルだったことが判明したという感じもしました。
だけど移動手段はあれでいいのかって思っちゃった・・・・あれがかえってリアリティとかを醸し出しているのかなあ・・・。
しかし歩き方がなんか真似をしたくなっちゃうのはなぜなんだろう。

そう言えば、先日菊池さんがよゐこと無人島生活をやっていて、この仕事が今年やった仕事の中で一番楽しいと言っていたのが、なんとなく納得のいかない気持ちで見ていた私でした。映画は今年撮ったんじゃないかもしれないけれど、うーん、微妙な発言だよね、それ。

ローン・レンジャー
もちろん行きました♪ジョニー・デップのファンですから。
痛快爽快、だけど深み有。ラストが物悲しい。一体彼はどこに向かって歩いていくのだろう・・・・
何かその後ろ姿にメッセージがあるかのような気になってくる。単なる勘違いかも知れませんが。

9月
ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL
もうタイトルを打つだけで終了。
って、のもね。これドラマを見ていたので見に行きました。普通に面白かったです。だけどアメリカがチョー近所。一時間ぐらいで行けそうな感じな描き方はどうなのよって思いましたわ。


10月
ゲキ×シネ「シレンとラギ
感想は→こちらです

11月
SPEK結〈クローズ〉漸ノ編
これもタイトルを打ったら終了したくなりました。これ、何で二回に分けたんだろう・・・
野々村係長への敬意?
えっ、私たちにお金を使わせて…。そりゃ、違うな。CGにお金がかかりすぎちゃったんだろうか?
ウーム。と、かくのごとく違うことを考えていたら、あっという間に終わってしまった短い映画でした。
まあ、つなぎ~って感じは否めない。
だけどテレビでやっても良かったじゃんっていう感じがとってもしたのは事実です。

 

劇場版SPEC結(クローズ) 爻ノ篇
それの後編。こんなでっかいお話になっちゃうなんて、テレビで見ていた時予想していましたか?
全員集合。なんか楽しかった~。
でも泣きました、私。
だって切ないじゃん、その結末…(ノД`)・゜・。
誰か瀬文の真実を知ってあげて。誰か彼を助けてあげてとかも思うんだけど、当麻の腕をつかむラストに、彼らはこれでいいんだなとしみじみとだけどハラハラとまた泣けてくるのです。

前編で不満タラタラでしたが、終わり良ければ総て良しの見本のような感じがしたな^^

12月
ゼロ・グラビティ3D
そして、これが今年最後の映画館で観た映画になりました。昨日12月30日に観てきました。
これね、映画館で見るべし。そして3Dの方が絶対に良いよ。映画評論家のどなたかが言ってましたが、この映画に限っては吹き替え版をお勧めするというのを信じて、吹き替え版で見ましたが、まさにその通りかなと思いました。頭上の地球。右も左もない空間。これ、アイデアの勝利なんじゃないかなと思います。
年が明けたら、この映画の感想からスタートしようかと思っています。


映画館で観た映画だけでも長くなってしまったので、テレビで見た映画は別に書きます。

スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。