スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ALWAYS 三丁目の夕日'64

ALWAYS 三丁目の夕日'64 - goo 映画
ALWAYS 三丁目の夕日'644
1月21日、映画館で鑑賞。

このシリーズ原作も好きで、映画も大好きです。「ALWAYS 」と言うタイトルの如く、日常を描いて、そのささやかな生活の中にある幸せを、そっと教えてくれるような作品です。

出かける前に、持ち物検査。「よしお財布持った。化粧ポーチ持った。携帯持った。おっとハンカチ持たなきゃ、恐ろしい事になってしまうよ。」
泣く気満々と言うわけではありませんが、過去のニ作品で涙と無縁と言うわけにはいきませんでした。だから今度も怪しいというわけで、ハンカチは必需品でした。こういうのって、何となく邪道なような気もしますが、時には人は爽やかな涙を流すということは必要な事だと思います。

涙腺のお掃除にもってこいな作品です。
ただそれは何処でと言うのは人それぞれかもしれません。

私はやっぱり須加健太君萌えです。
大きくなりました。
でも彼の成長を映画と共に見守ってきたような気がして、いろいろ思うこともいっぱい、胸もいっぱいです。

「親の気持ち、子知らず」
または、子供たちの羽ばたきがテーマなのかも知れません。

又、私がこの映画に萌えるのは、「お金では買えない幸せ」を描いているからかも知れません。
お金を持っている事が幸せではない。ウン、共鳴共鳴。でも、それはたくさん持ったことがないから、その真実は分からないというのも本音です。一度たくさん持ってみて、やっぱりお金をたくさんもっているから幸せと言うわけではないなと比較検討をしてみたいところ・・・とたわごとを言ってないで、以下はネタバレしています。

ALWAYS 三丁目の夕日'642


掘北真希、綺麗になったなあと本当に思いました。私が彼女を知ったのは、この映画でだったと思います。もちろん役どころでほっぺを真っ赤にしていたのですが、違和感がなく、彼女は演技派の女優に思えました。
今回のメインのお話のひとつは、六子の恋と結婚までのお話。
彼女を送り出す鈴木オートの夫婦が親の気持ちになって見送る姿には、しみじみするものがありました。

涙と笑い。
息子がさりげなく言う、
「感動的なシーンに水を差すようで悪いのですが、六ちゃんのお父さんたちには許しを得たのですか。お父さんに、何の権限が・・」には笑えました。確かに・・・。

結婚式のシーンでは、お米の扱いが分からなくて投げつけていた鈴木オートの社長に、「お土産かと思った。」と言う、薬師丸お母さん。


でも今回、私の泣きポイントは、茶川のお父さんの本に挟んだ付箋についていた一言感想。

死んだ後に、父の気持ちを知った茶川。

親と言うものは、子供にどう思われているかなど、子供の為を思ったらどうでも良い事なんだなと、凄くしみじみ思ったのでした。
生きている間に茶川は本当の事を知りたかったし、感謝の気持ちやもっと違う事が言いたかったと思うのです。だけどなくなった父は、彼に何を思われているかなんて関係がなく、自分が子を大切に思い一番のファンで居る事を貫いたんだと思いました。

ジーン。

そして、淳之介の事を思って、自分と同じ小説家を目指す事を反対していた茶川でしたが、ある決意をするのでした。
その決意は父の存在がなくしてはできないものだったと思います。

ラストのシーン。
1作目と同じシチュエーションになっていたのは凄いと思いました。

でもあの時は、淳之介は戻ってきますが、今度は去っていくのです。早すぎる独立かも知れませんが、彼には今がその時だったのですね。

あの時貰った万年筆は、小説を書き続ける淳之介のこれからの道しるべ。

背中を向ける茶川に
「全部分かっていますから。」と淳之介は言います。茶川の気持ちも行動の意味も、そして茶川の決意も。

ああ、凄く良かったな・・・。

ALWAYS 三丁目の夕日'643

それからもう一箇所、何気ないシーンでウルッときたのはオリンピックの五輪の輪をみんなで見上げたシーン。戦争で焼け野原になって、何もなくなってしまった東京。そしてそれから頑張って、オリンピックと言う国際的なイベントを開けるようになったと鈴木オートの社長が言うシーン。みんなが続けて空に向って旗を振るのです。

東京オリンピックのあの時、家で開会式を見たのです。綺麗に整列して出てきた日本の選手たち。誇らしく見ていた子供の時を思い出します。でもその時、大人達はもっと感慨深く、その開会式を見ていたんだなとジーンときたのです。

なんだか、思わず次回の東京のオリンピック誘致を応援したくなってしまったのでした。

ALWAYS 三丁目の夕日'641








theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

麒麟の翼~劇場版・新参者

麒麟の翼~劇場版・新参者~ - goo 映画

新参者
1月28日映画館で鑑賞。

テレビのドラマ版でも丁寧に人間関係を描きながら真実にたどり着く展開が魅力的で好きでした。また、阿部寛が加賀恭一郎と言う人物像にぴったりで、安定感のあるドラマを見せてくれると期待して初日に見てまいりました。

期待は裏切られず、最後は泣き虫なのでちょっと泣いてしまいました。解説によれば、この「麒麟の翼」は東野圭吾自身が“シリーズ最高傑作”と言ってるそうで、言うだけあるなと思いました。

「新参者」を見ると日本橋から人形町周辺をウロウロしてみたくなること間違い無しです。

少なくとも、日本橋の麒麟像は写真を撮りに行きたくなってしまいました。
想像上の動物である麒麟には本来は無いはずの翼が、この日本橋の麒麟にはあるという事も初めて知りました。と言うより日本橋に、この麒麟像があることすら意識したこともありませんでした。
大人になっても、世の中には知らないことがいっぱいです。
それらを知ることは、映画を見る喜びと同じくらいの楽しさがあるものです。

すべての道は此処から始まっている。
その日本橋。

青柳武明は、なぜ腹部を刺されたまま8分間も歩き続け日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きはてたのか・・・・

絡み合った糸を解きほぐしその謎が解き明かされる事は、それは誰が犯人なのかを知ることよりも興味深いものであり、心を揺らし涙を誘います。

父よ、あなたはずっと父だった。
そんな男を中井喜一が好演しています。



ちなみにドラマ版ではヒロイン的存在だった黒木メイサがゲスト並でちょっとだけ出ていますが、その恋人だった駆け出し役者の向井君はポスターの写真だけのご出演。でも最後のクレジットは大きかったです。

脚本は「相棒」でおなじみの櫻井武晴。
社会の底辺で切々と生きながら、思いがけず事件に巻き込まれていく物語といったらやっぱり彼ですかと思ってしまいました。

その社会の底辺でと言う部分を、「ドラゴン桜」の師弟コンビである新垣結衣が担当。顔立ちが上品なのに、こういう役が凄く似合っていると思いました。「上品なのにこういう役」という言葉はちょっと乱暴すぎて、どなたかの怒りを買いそうですが、もちろん悪意などありません。貧しくても健気に生きる役と言う意味です。

ちなみに先週見た「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」は古沢良太。「相棒」ライター様、頑張っています。

ネタバレナシで書くとこんな程度でしょうか。
なんか物足りないので、以下数行だけネタバレで呟きます。

新参者2


加賀が劇団ひとりの中学生教師にさりげなく言う公式の話は、凄く印象に残りました。
「正しい公式を教えてあげてください。」

息子の青柳悠人が「慕っている振りをして、罪を皆死んだお父さんに押し付けてオワリか。」と、工場長に殴りかかったシーンは、当たり前だと思います。姑息。この後、彼にはマスコミから断罪されると思いました。

あの青年は、容疑者が昏睡から目覚めることを凄く気にしていました。

この物語はフェイクがあって当たり前、犯人はこの三組に絞って見ていましたが、絡み合った複雑さが程よい印象を受けました。

ブログとか千羽鶴とかまたは絵馬とか、涙がじわ~っとするポイントは多かったと思います。


新参者4


阿部寛
新垣結衣
溝端淳平
田中麗奈
松坂桃李 (青柳悠人)←彼、良かったです。
三浦貴大
劇団ひとり
中井貴一

スタッフ
監督 土井裕泰
脚本 櫻井武晴
原作 東野圭吾





theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 阿部寛

line

「自虐の詩」

自虐の詩(じぎゃくのうた) - goo 映画

1月17日 日本映画専門チャンネルにて鑑賞
自虐の詩

上の画像、なんか笑ってしまいます。
必殺ちゃぶ台返し。
本来は男の身勝手で起こす「自分で片付けろ」とか思ってしまう行動ですが、この二人の顔を見ていると、なんかユーモラスで怖くない。
だけど、食べ物を粗末にしちゃアカンよ。貧乏なんだから・・・。

テレビで見た映画の感想が溜まってしまったので、見たよ的感想です。

「嫌われ松子の一生」が2006年の作品で、これは2007年。
中谷美紀の薄幸路線映画かと思ってしまったしまい、思わず監督も同じかと思ってしまいましたが、こちらは堤幸彦監督でした。

働かず金をせびるどうしようもない男、イサオ。でも幸子はそんなイサオを愛して献身的に尽くしています。
気に入らないことがあると、いつも必殺ちゃぶ台返し。

カルーセル麻紀演じる同じアパートの住人は、音からその回数を数えるくらい。
「不憫やなぁ」と言いながら、その回数をメモるところは笑えます。

遠藤憲一の幸江のパート先のラーメン店店主は幸江に気があり親切です。
だけど幸江はわき目も振らずに献身的。
どうしようもない男にすがり付いて生きていく女のようにも見えるのです。

幸せになりたかった少女時代。
だけど母には捨てられ、父は銀行強盗をするという過去のトラウマ。そしてずっと貧しいまま。どう見ても薄幸の女なのです。

それが後半、夢の中で幸江が過去を思い出すシーンで、一気にその関係が実はそうではなかった事が分かる展開は見事です。
そして幸江を本当に愛しているイサオの姿、辛かった少女時代の熊本さんという少女との友情など、いつも傍にあった幸せを感じていくところなどは、ユーモラスに描きつつも感動的でした。

ハッピーエンドで微笑める展開に幸せのおすそ分けをしてもらえるような映画でした。


中谷美紀 (森田幸江)
阿部寛 (葉山イサオ)
遠藤憲一 (あさひ屋マスター)
カルーセル麻紀 (福本小春)

監督 堤幸彦
脚本 関えり香
   里中静流
原作 業田良家

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「スープ・オペラ」

スープ・オペラ - goo 映画

スープ・オペラ
1月23日、wowowで鑑賞。

冒頭、廃墟となった遊園地のメリーゴーランドの前に男が出てきて、アコーディオンを弾く。

このとき、今からこういう映画をお見せしますよと言われているような気がした。

「こういう」と言うのは曖昧だが、廃墟となったメリーゴーランドは、いわば夢のあと。なんとなく切ないその背景で、現実感の無いアコーディオン弾きが出てきて、又夢のシーンが始まるのだ。
夢から目覚めてもまた夢が始まる。

人生のように。

その時隣でお茶を飲んでいた息子が言った。
「とりあえず、この男は不法侵入者。」
なので私は敢えて言う。
「大丈夫です。撮影許可は取ってあります。」

あらすじ等はリンクしてあるgoo映画で。

還暦前に恋に落ちて、結婚する主人公のルイの叔母、トバちゃんのお洒落に萌える。
服も可愛いが恋心も可愛い。お相手は、萩原聖人。

トバちゃんが家を出て行ってしまうと、古い広い家には30歳過ぎたルイがひとり取り残されたように生活する羽目に。
そこにやって来たのが、トニーさんと康介。
このいつでも笑っている康介は「愛のむき出し」のAAAの西島隆弘。
私はその映画から、彼のファン。
悲しい時でも笑いながら泣いている彼を見ているだけで、ちょっと幸せな気分。

父のような男と少年のような男との共同生活は楽しげで、まるで大島弓子の漫画のような世界観。そんなところに惹かれてあっという間に物語は終わっていく。
静かな生活にも変化は訪れて、いつの間にか又ひとり。

夢の中のメリーゴーランドは美しく動き、楽団は楽しげに演奏する。その前でルイは愛する人たちに囲まれて、愛する人と踊る。
目が覚めた時に涙ぐむルイ。
だけどトバちゃんが教えてくれた、子供の時から作りつづけ飲み続けてきたスープを口にしながら、ルイは静かに微笑むのだった。

向き合わなければならないのは現実。だけどそれはそれで決して悪くもないもんだ。・・・と、言ってるようにも感じたラストだった。

坂井真紀 (ルイ)
西島隆弘 (康介)
加賀まりこ (トバちゃん)
平泉成 (井上豪)
萩原聖人 (水谷医師)
鈴木砂羽 (奈々子)
藤竜也 (トニー)

監督 瀧本智行
脚本 青木研次
原作 阿川佐和子





theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「アウトロー」

アウトロー - goo 映画

アウトロー

1月24日 テレビ東京で鑑賞。

1976年の作品。
家族を殺された男の復讐と再生の物語。

単なる復讐劇ではなく、家族のような仲間を見つけていくロードムービーになっているところが良かった。

「戦争は終わったと伝える。」と、彼を追っていた男が去っていくラストシーンは余韻が残った。が、番組の作り方は本編が終わったとたんにバチッと終了するので、余韻には浸れない。
昼間の民放の映画はこんなものかな。
でも選択はいいと思う。

この映画で特筆することは、ヒロイン役のソンドラ・ロックの存在だと思う。目力バッチリ。美しい人だと思う。

クリント・イーストウッドの作品を映画館で初めて見たのは「ガントレット」だった。その時も相手は、ソンドラ・ロックだった。その時の彼女の顔立ちに憧れていっぺんでファンになってしまった。

クリント・イーストウッドとソンドラ・ロックはこの作品で出会い、その後何年も公私にわたり相棒だった。
どうも分かれた後、慰謝料問題で揉めたそうだが、そんな夢を壊すようなことは知りたくもないもんだ。

彼は現役で頑張っているが、彼女はもう何年も前に一線を退いている。と言っても彼女は、今年で64歳・・・。えっ、何だ64歳ならまだまだ若いのに、今頃なにをしているのだろう。


まあ、とにかく唾をやたら吐くのはやめましょう。
昔はあんなポーズがカッコいいと思われていたのでしょうか。そこの所は疑問です。

クリント・イーストウッド
チーフ・ダン・ジョージ
ソンドラ・ロック

監督 クリント・イーストウッド

theme : 洋画
genre : 映画

tag : クリント・イーストウッド

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。