スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

一命

一命 - goo 映画

201110301

10月30日、映画館にて鑑賞。

この映画、映画館での予告編でも気になっていたけれど、私を劇場に足を向けろと即したものは、テレビのCMで一番印象に残った瑛太のカッカと裃を脱ぐシーン。全くもって予備知識がなかったので、この先どんな展開になるのだろうと、凄く気になりました。

それなのに行こうと思った直前に、姉がネタ晴らし。

もうこれからは見に行く前に、行こうと思ってる事さえ私の友人や姉とは話題にしないわ、私!
プンスカ。

だけど、この映画に関しては知っていても良かったような。

本当は知らないで、映画館で凄く驚いてもみたかった。
でもこれを映画館で初めて知ったら、恐ろしさ倍増だったかも・・・・と微妙。

現に、その映像を直視出来なかったです。

ところでこの映画には、「龍馬伝」で私が大好きだった後藤様を演じた青木崇高が沢潟彦九郎役で出演しています。
何の情報を持たずに(姉のネタばらし以外は)見たので、凄く嬉しかったです。
しかもかなり憎たらしい。
この人が、余りにも非情な人であったから、この映画も面白さが増したようなものだと思います。

ふふふ、流石、私の元後藤様。

って、それはともかく「切腹」と言う映画のリメイクだったのですね。海老蔵の役は仲代達矢が演じたみたいです。機会があったらそちらも見てみたいと思いました。

キャストも良かったです。
そして物語りも・・・。

この映画を見ていると、なんでもないようなささやかな日常が、本当に愛おしくなってくるのです。大切なものは、そんな貧しいけれど日常のささやかさの中にあるのかもしれないと思えるのでした。


<以下ネタバレ感想です。>
201111302

瑛太のカッカと裃を脱ぐシーン。
この後、どうなるのだろうと思っていた私。

まさか竹光で切腹にする事になろうとは。

このシーンは凄まじくて、そしてはらわたが煮えくり返るのです。

何が、何が、武士だ。

戒めと言うのなら、此処までやる事はなかったはずなのです。

彼らは「武士」と言う言葉で縛られた鬼畜です。

そう思えてしまうからこそ、海老蔵が演じる津雲半四郎の言葉が響きます。
海老蔵、良いですねえ。抑えたような話し方に惚れ惚れします。

だけど私が後から思い出しても涙が出てきてしまうシーンは、満島ひかりが演じた美穂が、骸となって戻ってきた夫の袂から血に染まった和菓子を取り出し、それを食べる所です。もうここは滂沱の涙でやばかったです。
おたべと、既に死んでしまった子供の口元にちぎった和菓子をもっていく妻。

今思い出してもジーンと来ます。

子供の死にも間に合わず、帰ってこなかった夫。彼はその時に帰ってきたくても帰ることが出来なかったのでした。だけどずっと心は妻と子供の元にあった。それは井伊家で出された和菓子を袂に入れていた事で、しっかりと妻にも伝わっていたのだと思います。

ひとつの饅頭を分け合って食べる幸せ。彼らにとって貧しさは不幸せではなかったのです。


そして夫が使った竹光で喉を掻き切って死に絶えた美帆。

その竹光を見て、半四郎は後悔の念に押しつぶされそうになります。なぜならこんなに追い詰められていても、半四郎の腰には名刀が刺さっていたのです。自分の子供のように育てた娘婿の千々岩求女が、家族を守る為にとっくに捨てたものを半四郎には捨てられなかったのです。それは「武士の誉れ」「武士の誇り」・・・何の意味もない事。

井伊家で刀を抜いた半四郎が持っていたものは・・・竹光。

もう刀を売ってお金を得る必要などないわけで、この竹光は子供たちを殺してしまった贖罪、又は家族の絆だったのでしょうか。

半四郎は竹光で誰かを殺したわけではありません。形の違う切腹のようなものだったと思います。
井伊家の家老の斎藤勧解由は役所広司が演じると、どこかギリギリの部分で良い人なんじゃないかと期待してしまいます。
でもとうとう最後まで武士問答はすれ違いのままでした。

底辺を知らない政治家的発想の斎藤。
主君についていくしかない武士は運によって、周りにいるのは求女であって、そこにいる者がここに座っていたかも知れないと言う言葉も胸に響きました。

二匹の猫の描き方が素晴らしかったですね。

「武士の・・」「武士の・・」と言っていた井伊家でしたが、多勢に無勢、両手を上に掲げて戦闘放棄の者に大勢で切りかかるなど、卑怯の連続と言う戦いのシーンで、皮肉が生きていました。

201110303


蹴られてばらばらになる赤兜。
髻を取られた事により、屈辱から腹を掻っ切る沢潟彦九郎。

思わず「ざまあみろ」と思ってしまいました。
また千々岩求女を竹光で切腹に追い込んだ因果応報なのだと思いました。

だけど結局それも末端切り。

殿の帰りに、しゃあしゃあと家老は「赤兜」は我らの誇りと頭を下げる所で終わるのです。
秀逸でしたね。

201110304



市川海老蔵 (津雲半四郎)
瑛太  (千々岩求女)
満島ひかり (美穂)
役所広司  (斎藤勧解由)
竹中直人  (田尻)
青木崇高  (沢潟彦九郎)
新井浩文 (松崎隼人)
波岡一喜 (川辺右馬助)

監督 三池崇史


スポンサーサイト

theme : 邦画
genre : 映画

line

カイジ2~人生奪回ゲーム~

カイジ2~人生奪回ゲーム~ - goo 映画


カイジ1


11月5日初日の初回に見てきました。

映画館で「カイジ2」の予告編を見るたびに、なんだかワクワクしてきてテンションが上がっていました。
ドキドキ・ドキドキ
原作を読んだ時の、あのたまらないドキドキ感を脳が覚えているからかしら。

パチンコ篇は鉄骨渡のような命がけみたいな事はなくても本当に面白いのですよ。(原作の話。映画ではありましたね。王女と奴隷ゲーム)

だけどこの勝負、一発逆転とか、右か左かの究極の選択と言う勝負じゃないから、地味な戦いに感じる人もいるのかもしれないなと思いました。
この勝負の面白さは、思索に秘策を重ねて沼に臨んでも、結局はその沼には、叶わなかった所。

なぜなら敵も人生がかかっていてプライドも何もかもかなぐり捨てて必死だからです。

ああ、もうだめだ・・・
ああ、もうだめか・・・

が、そこでカイジが閃いた究極の一か八かの勝負。

みんな、おらに元気を分けてくれ!

おいおい、銀玉は元気玉じゃないって。

イヤ、失礼。「ああ」の所から、実は私の妄想。そんな風には描かれていません。
実は描いて欲しかった。

もうだめだ、もうだめだ・・・・
俺にすべてを託してくれた地下のみんな、どうか許してくれ。
だけど、テレビ中継でカイジの勝負を見守る仲間たち。帝愛はあがこうとしてもムダなんだと、カイジの戦いを中継していたのです。信じて必死で祈る姿の仲間たち・・・・


こんなシーンが、この映画では欲しかったと思いました。

戦いの動向に一喜一憂して、身悶えしているのは、伊勢谷支配人。
彼に、その担当を一気に担わせるから、伊勢谷さん目立っていました。


個の破滅と複数の破滅。
カイジの勝負には、帝愛で生きるものから見たら「甘っちょろい」仲間の救済もかかっていたのです。
そこのところをもっと際立たせてもらいたかった・・・・・と後から、ちょっと思ってしまったのでした。

しょっぱなから、こんな事から書いていますが、実はかなり楽しんでみました。
この映画は娯楽作品ですから「おもしろいな~~」と思えることが一番のポイントなんですよね。

しかも足りない部分は何故だか勝手に脳内補完していたのです。それは原作を知っていたからじゃないかと思うのですよね。知らない人が見たら、やっぱり目立つ演技をしていた人の方に目がいくのではと思ってしまいました。
伊勢谷友介、好きな俳優さんでこの役にぴったりです。

藤原竜也はどんどんカイジになっていくと言う感じがしました。
もちろんダメ男になって行くと言う意味ではありません。


それから音楽が良かったなと思いました。
あの音楽、ワクワク感を高めました。


以下ちょっとだけネタバレ感想です。

カイジ2


カイジのラストはお決まりで、彼が億万長者になってたりしたら続編は作られないわけで、あれで良いのかなと思いました。
いざと言うときはヤル人だけど、普段は・・・・
楽しんだと言う割には今回文句が多いのだけれど、あんなに苦労して抜け出た地下帝国に、あっという間に戻っていたと言う設定は、ちょっと工夫が欲しかったです。

利根川のカラクリは分かりましたよね。
でも演技が凝っているし(利根川の)、なんたって手作りEカードが笑えました。
だいたい
「蛇でいてくれてありがとう。」とカイジ、前回は言っていたのにミラーに映った裏を見てほくそ笑むなんて姑息。
そんな所がカイジなんですね。
利根川の勝負の仕方は、勝負にもって行った段階で既に勝負に勝っている所。将棋にしろEカードにしろ、そんなの最初からやる気がないので、相手に信じられないくらいの良い条件を惜しみなく出してその気にさせてしまうのですね。

勝負じゃなくて、いわば詐欺。
だけどカイジったら学ばないんだから、もう。

でも味方の時は心強かったです。
「覚悟だ、カイジ。」
伏線の張り方が上手かったですよね。



生瀬勝久の坂崎のおっちゃんぶり、良かったです。なんかホッとできるキャラでしたね。

吉高由里子の石田裕美も良かったです。
彼女が最後に言った
「ありがとう、カイジ」に救われたような気がしました。

カイジ4


カイジ3

一条に復活の日は来るのか!?

カイジ5



theme : 邦画
genre : 映画

tag : 香川照之 藤原竜也

line

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 - goo 映画


三銃士

近頃、見たい映画が一杯で困ってしまいます。悩んだ末選んだのは、映画館で見た方が数倍面白そうな作品を選びました。

アレクサンドル・デュマの同名小説の映画化で何回も映画化されています。三銃士+ダルタニアンの痛快娯楽大作といった所。

この作品を前に映画で見たのは、「ロミオとジュリエット」のマイケル・ヨークがダルタニアンをやった1974年の作品です。

予告編では比較が出来ないくらい派手になったなと思いましたが、そのぐらい違うのでなければ、今ヤル意味もないですよね。

派手でした。
そして楽しかったです。
3Dで見ましたが、久しぶりに3Dに満足が出来る作品でした。

お話は周知の作品ですが、やっぱり出来るだけ予備知識無しで出かけました。
以下は、普通にネタバレしていますよ。

見た事を姉に言いましたら、
「オーランド・ブルームが出てるんだよね。」
私「・・・。ああ、そう敵のあの人ね。そうそう。」

三銃士2


言われて見ればそうだったけれど、余り意識しなかったなぁ。
三銃士+ダルタニアンの方に意識がいってしまって。
この4人は個性がそれぞれに際立っていて、本当にかっこ良かったし魅力的だったから。

でも敵側が強くてカッコいい、又は美しいと、余計お話は面白くなるのですよね。

だけどオーランドのバッキンガム公は確かに美しい男ではあったけれど、強かな敵と言う雰囲気が前面に出ていてなかなか良かったです。

悪の花の魅力が満開に咲き誇っていたのは、ミレディを演じたミラ・ジョヴォヴィッチ。
この悪女が、いつも三銃士のお話を面白くしてくれるのですが、この作品のミレディの魅力はダントツじゃないかしら。
監督が「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソンだけあって、彼女のアクションシーンは、まるでバイオでしたよ。

ラスト近くなって、彼女は退場。
ちょっとその後の戦いが寂しかったりもして。

三銃士3


まだ若いルイ13世とアンヌ王妃の淡い恋は、可愛らしかったです。
馬鹿殿っぽい王ですが、可愛かったので許せるっていう感じでした。



かわいいと言えばコンスタンティンも可愛い。


三銃士4


派手さと目新しさが出たのは、ダ・ヴィンチの飛行船が出てきて、空中戦だった事。でも空中戦と言うスピード感はなかったです。海上の船の戦いを空に持って来たと言う所が面白いアイデアですよね。


ラスト、ウワッと言うシーンで終わりました。
きっと続編はありだな~。

でもそうするとコンスタンティンの運命は・・・!?
可愛いから変えるんだろうな~なんてムダに予測してしまったり。
ついでにもうひとつ、蛇足。
思うに原作者のデュマさんが生きていたら、こう言う作品がきっと好きだろうなと思いました。なんとなく^^


三銃士5


ローガン・ラーマン (D'Artagnan)
オーランド・ブルーム (Duke of Buckingham)
ミラ・ジョヴォヴィッチ (M'lady De Winter)
クリストフ・ヴァルツ (Cardinal Richelieu)
レイ・スティーヴンソン (Porthos)
マシュー・マクファディン (Athos)
マッツ・ミケルセン (Rochefort)
ジュノー・テンプル (Queen Anne)
ルーク・エヴァンズ (Aramis)
ガブリエラ・ワイルド (Constance)
ジェームズ・コーデン (Planchet)
フレディ・フォックス (King Louis)

theme : 洋画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。