スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

探偵はBARにいる

監督が橋本一、シナリオが古沢良太・須藤泰司(兼☆プロジューサー)、みんな「相棒」のメンバーです。これで面白くないものが出来るわけがないのです。期待して、しかも映画仲間の姑まで誘って、初日の初回に見に行ってしまいました。
流石に、姑まで誘ってしまうと、彼女の反応が気になってしまいました。

「まあ、これも嫁への付き合いで仕方がないわね。」と言う雰囲気になってしまったらどうしよう・・・・

が、義母は終わった後、
「こんなに面白いなんて思っていなかったわ。ああ、楽しかった。」と言ってくれたのです。

と言うことは、やっぱり最初は「付き合い」だったのですね。

探偵


でも喜んでいただけてホッとしました。
途端に態度もでかく
「そうでしょう、ヤッパシ。」と言い放っていた私なのでした。


主演は大泉洋。舞台は札幌、特にススキノ中心とくれば、大泉さんは北海道民に愛され育ったヒーローな訳で、背景になじまないわけがありません。
どこかずっと惚けた感じの漂う大泉の演じる探偵は、その惚けた感じの奥に、時々微かに見せるシリアスさが物語をグッと面白くしていると思います。

なんかお洒落です。

余り重いハードボイルドは、苦手です。この軽さがたまりません。



松田兄弟は前からハンサムなので好きでしたが、「悪夢探偵2」を見てから、松田龍平に対しての評価が数倍跳ね上がり、探偵の相棒役(本当は運転手と言うバイト)にも期待していました。

期待裏切らず、その高田と言うキャラも魅力的ですが、アクションが素敵!カッコいい!

そう、アクション、丁寧で見応えがあります。
義母が、スノーモービルのシーンは、実際にやっていて凄く大変で命がけだったんだってと教えてくれました。そう言う事前のリサーチ力は義母にはあって、これを見に行くんだと思うとテレビや新聞でのチェックに余念がないようです。

その義母が反応したのは丸い氷。

それで私はその氷に講釈をたれて・・・って、どうでもいい事ですが、姑とだってお話も弾みますよ。敬老の日には是非♪


まあ、それはともかくですが、最初に探偵が言うオセロゲームの醍醐味、それがこの物語の・・・・


「相棒」を見ている時も、そのラストが最初に立てた予想通りなら私の勝ち、ラストの予想が付くのがラスト前だったら私の負けなんて勝手にライターさんと勝負しています。かなり勝率が高い私ですが(なんと言ってもサスペンス好きなので・・)、この映画、負けました。負けるほうが実は嬉しいのです。

<ちょっと追記
声で分かるという意見多数。へえ、そうなんだ。そうなると探偵の俺もアレだけど、私はリアル探偵にはなれない事がわかりました。いつ、深田恭子が出てくるのかと思っていましたよ。アウトですね、まったく。>

不幸にも勝ってしまった、あなた、
それでもそれは関係なく面白かったですね♪


歌はカルメン・マキ。素敵な歌でしたが、それよりも実際に歌手役で登場で、昔の暗さがなくてそれにも驚きました。

それから・・・・
あれやこれや、細かい事があるのですが、ネタバレナシで書くとここまでが限界でしょうか。

ただエンドロールに「スペシャル・サンクス」として砂本量さんのお名前があったように思います。
この企画、結構前からあったのかなあとかいろいろ考えてしまいました。パンフレットを買わなかったので、今となってはその名前を劇場で見たのは、幻のような気がしてきました。

これから行かれる方はチェックしてみてくださいね。


探偵3


探偵2


探偵4

スポンサーサイト

theme : 邦画
genre : 映画

tag : 古沢良太 大泉洋 松田龍平

line

アンフェア the answer

アンフェア1
アンフェア the answer - goo 映画



前作の「アンフェア the movie」から既に5年も経ってしまい、何で今頃とも思うのだけれど、間が空き過ぎたせいか、此処のところの「アンフェア祭り」のようなドラマの再放送などを見ていると、やっぱり面白かったなあと思うのです。

こういうドラマの映画を見に行くときは「相棒」以外は夫との付き合いが多かったりもするのですが、ほぼ2時間、楽しい時間を持てたと思います。本当にかなり面白かったですよ。

「楽しい時間」・・・・・映画の感想としては、怪しげな言葉でありますが、実は映画を見るに当たっては大事なポイントだと思います。

ただ私、物語の感想としては雪平が可哀想だと感じてしまいました。それは世間感覚からかなり外れたものかも知れません。

雪平、北海道と場所が違っても佐藤の浩市ちゃんと、ちゃっかしおいしい事やってるなあと思っていたのですよ。何処にいてもイイ女はイイ女で良いことありですね。

でもイイ女じゃなくても優秀な女でなくてもいいから、もっと女として温かい温もりで包まれた生活をさせてあげたいような気持ちになってしまったのです。
ちなみに「温かい温もり」と言うのは「痛い頭痛」と言っているようなものですかね。

その凍りついたような美貌そのものに彼女の立つ風景は寒々としていました。

「ありがとう」
彼女は最後にある人に呟きます。
でも彼女の戦いは終わらない・・・・・
そんな感じがしました。


あらすじ等は、上でリンクしているgooなどでどうぞ。


物語の最初には結構丁寧にここに至るまでのあらすじが入ります。なので復習しておかなくても大丈夫です。

だけど物語の最初の方、お約束のような警察の間抜けっぷりとかで、つい眠くなってしまいました。山田孝之登場で面白くなりました。ただ私も細かい事が気になってしまって、なんとなく分かってしまってしまったのです。
取調室で・・・
ここで分かってしまっては、私のルールで行けば、私の勝ちですよ。
でも勝ちたくはなかった展開でした。

所詮好みではないのですよ。巨悪に立ち向かうって。どちらかと言うと猟奇的殺人者との頭脳戦とかの方が好きなのです。「セブン」とか、だから、ネイルガン殺人の犯人の恐怖の館に単身乗り込むシーンはぞくぞくしました。と言っても、結構そのシーンは気持ち悪い・・・。

その危ない人をもうちょっと多めに活用していただきたかったです。と書くと、またまた私が危ない人みたいになってしまうので、この辺でむにゃむにゃとごまかしておこう・・・

近頃ネタバレナシで感想を書いています。
そうするとこんなもんかなと思うのですが、この物語は、なんとなくスカスカ間が抜けているような気がするのですが、つまり説明不足のような。でもそこに裏がちゃんとあるのですね。



その穴埋め、ちゃんとされますよ。
でも、私あの映像でよく分からない所があるのです。
何故、佐藤から受け取ったアレを雪平はあそこから取り出したの。

だけどあのシーン、好きです。
横たわる雪平、そして涙、口ずさむ歌・・・・


アンフェア2  アンフェア3  アンフェア4  アンフェア5




theme : 邦画
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。