スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ - goo 映画


借りエッティ2

7月18日姑と下の子供と映画館にて鑑賞。

小さな、そして狭い世界のお話なのです。
でも書かれていることは、決してちっぽけなお話ではないのです。

この映画を見て、好きなジブリ作品のリスト順位が変わり、私の中ではこの映画が一番になってしまいました。ちなみに今までは「千と千尋の神隠し」二番目が「耳をすませば」です。

でもこの映画が好きと言っても、この物語が好きなのかと言われると、ちょっと微妙です。
だって、あまりにも悲しいお話なのですよ。
視点、惑わされずしっかり見ると、ラストには泣けてきます。

ちなみに藤原竜也君の声ですが、少なくて、と言うより少なすぎて、もっとしゃべらせてあげて欲しかったです。
(すみません。ファンなのです!)
でも彼の役、スピラーのことを、以前台詞は少ないがとても重要な役と紹介されていましたがそれは本当です。彼がいるのといないのとでは、この物語のイメージはぜんぜん違います。
少ない台詞のとき、無骨でありながら強さと優しさがしっかり伝わってきているので、それがラストにしっかり生きてきます。
だけど、勿体なや。

優しい色使いの絵が本当に素敵です。イングリッシュガーデンのような庭が、夢の世界にいざないます。
アリエッティの家の丁寧な暮らしぶり、そして家自体も凄く素敵です。女性ならそこに暮らしの何がしのヒントを見出そうと、見とれてしまうこと間違いなしです。

でも、その描かれた美しさの本質のテーマは・・・
巨神兵もお城も、モンスターも竜も出てきません。空を飛ぶ猫も走る猫バスも出てきません。
登場人物も少なく、お話は地味です。でもその物語の中にぎゅっと凝縮された何かがあっていろいろと考えることが出来る、そんな映画だったと思います。

<以下ネタばれ感想です。>

借りエッティ4

この映画の中で描かれているのは、滅びと崩壊。

ジブリは分かり辛いを返上しようとしたのか、一箇所だけ、なんとも言いがたいシーンがありました。
翔が語るシーンですが、その滅びと崩壊、あまりにもストレート、直球です。
このシーンが不満で、前日初日に見に行った子供に、
「主役の少年が」と言ったら
「この映画に、主役の少年はいない。」と切り返されました。
これは私以上に手厳しい。

 
よく考えると、もう一箇所。ティッシュを引き抜くところで、翔は目を見開いていてアリエッティを見つめています。限りない薄目で全身を緊張させて様子を伺うなんて事もなしに。
このシーンがなければ次に繋がらないので、まあ良いかと言うところなのですが(偉そうに・汗)何か納得のいかないシーンでもありました。

そして、先に書いたシーンのお話。

「君たちは滅び行く人種なんでしょ。」
「君たちは何人ぐらいいるの。」
「人間はは65億だよ。」

いったい何が言いたいのでしょう。何も考えていない顔で、もう君たちの種族に未来はないんだと語っていくのです。どう考えても頭が悪い発言なのです。
この少年はその行動を見ても、あまり頭は良くないのかなと思ってしまうのです。

だってそれは分からないことではないでしょうか。
アリエッティは自分たちの生活の現実を知っています。私たちも映画を見ているので、アリエッティの種族の現実を知っています。でも、なぜ翔は決め付けて話すのでしょう。私たちの知らない世界にそれなりの文化を築いているかも知れないじゃないですか。
決め付けた言い方に、追い詰められ大粒の涙のアリエッティ。
何のための台詞?

だからなのか台詞も行動も、上から目線に感じてしまいます。

私も、この映画を見る前は、この「借りる」と言う言葉に、妙な拘りを感じてしまいました。この一族は、代わりに何を返してくれるのだろうかと。
見ると、考えが変わります。


ウィスキーの蒸留の時に、長い間たるの中に寝かせておくと、2割がた減ってしまいます。これを天使の分け前と言うのですよね。この映画を見ていたら、そんな言葉を思い出しました。

だけどやっぱりそれを「盗む」と感じる者もいるようで、まあそれも当然。
だからお話が盛り上がるのだけれど、憎たらしかったですね。お手伝いさん。

でもでも、このお手伝いさんが結局は何かをしてしまうにしろ、アリエッティの家の崩壊を早めたのは、翔の「してあげる」と言う思慮のない行動のような気がしてしまうのです。もちろんそれは悪意のない善意の気持ちからの行動ではあったのですが。
だけどそれは、「人」としての視点。

絶滅していく動物たちの森や住処を奪いながら、何かをしてあげなくてはと思い悩んでいる傲慢な人類目線なのかもしれません。

だけどこのシーン、この先に翔はもっと大切な自分の心情を語るのです。

65億の人間がいようとも、翔はたった一人で、自分の命が滅びる恐怖と戦っていたのです。
心臓が悪く来週に手術を控えている翔。だけど家族はそばにいません。

種族の滅亡と、個の命の滅亡。それぞれ立ち向かわなければならない重要な戦い二人の気持ちが通い合った瞬間だったかもしれません。
だけど、台詞がストレート過ぎて残酷で、また抑揚がない台詞回しで印象が薄く、大切でありながら、ちょっと残念なシーンだったように思います。

人に見られてはいけないアリエッティたちの一族。これは、その例外の物語ではなく、やっぱり見られてはいけない物語でした。

ちょっと批判的なことを書いてしまいましたが、この映画にはそれを補うほどのワクワク感と美しさに溢れていました。

新天地に向かうアリエッティの家族。
翔は彼女との出会いを通して、自分の命の滅亡と立ち向かう勇気をもらったのだと思います。
そして、その翔との別れなどで沈み込んでいるアリエッティに同族の若者スピラーが木の実を差し出します。

若い同族の若者とアリエッティと言う絵柄は、一筋の明るい未来を暗示させるものがありました。


日々生きていくことを、丁寧に頑張ろうという気持ちになれる映画でした。


借りエッティ3
「借り」は「狩り」と言う感覚?



借りエッティ

絵が本当に綺麗。そして音楽も素敵。
スポンサーサイト

theme : スタジオジブリ
genre : 映画

tag : 藤原竜也 ジブリ

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。