スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「フィラデルフィア」

フィラデルフィア(1993) - goo 映画

フィラデルフィア


ここの所デンゼル・ワシントン特集とかだそうで、彼の映画ばかりやっているみたいです。16日昼間録画してあったものを夜、父と二人で見ました。
だけどこの映画、トム・ハンクスに目が釘付け。

17年前の映画でキャストは、もちろんみんな若いのですが、それでも彼らは皆同じ顔です。彼らと言うのは、弁護士役のデンゼル・ワシントン、弁護士で今回依頼人になるトム・ハンクス、その恋人役のアントニオ・バンデラス
だけど、トム・ハンクスの顔まで変わって言ってしまう激痩せぶりからは、本当に役者魂が伝わってきました。

役柄、痩せると言う事は、この映画よりも7年後の「キャスト・アウェイ」でも見せてくれて、役者って凄いんだなと思ったことがありましたが、その前にも彼はそれをやっていたわけなんですね。
もちろん、そう言う役者さんはたくさんいて、日本でも役作りに余念がない俳優さんはたくさんいると思います。
でも、同じ映像内での激変にはやっぱり驚かされます。
別にだからと言って、そこだけが素晴らしかったわけではないのですが、セリフも多くもなく、熱弁をふるうわけでもなく、どちらかと言うと静かな役だったと思うのに、強い説得力を感じ魅入ってしまいました。

この感想を書くためにちょっとリサーチを入れましたら、トム・ハンクスはこの映画で第66回アカデミー賞で主演男優賞を取っていました。
その翌年、彼はまた「フォレストガンプ一期一会」で主演男優賞を取りました。二年続けて彼がアカデミー賞で主演男優賞を取っていた事は、なんとなく知っていましたが、この映画だったのですね。私はトム・ハンクスは「フォレスト・ガンプ」から意識するようになった俳優さんだったので、その前の作品には明るくないのです。
ちなみに関係はないのですが、66回アカデミー賞の作品賞は「シンドラーのリスト」。
あの作品が出来てから、もうそんなに経ってしまったのだと思う反面、良作は色あせないんだなぁとしみじみ思うところです。

そして、それはこの作品にも言えることだと思います。例えば、公開時にこの映画の事を全く知らなくても、17年の時を経て、この映画に感動する者もまたいるわけですから。

いや~、映画って本当に素晴らしいですね。(水野さん風に)

そしてようやく映画の感想です。

物語は、大手の弁護士事務所に所属するアンドリュー・ベケット(トム・ハンクス)は若く有能な弁護士。今回も大手企業から依頼を受けた公害訴訟に勝ち、事務所の信頼も厚く、次回の大きな仕事を任されたばかり。だけど、その訴訟状が無くなると言う事件が起き・・・
その後、その訴訟状は見つかるが、信頼を欠いたと彼は解雇されてしまう。が、実はそれは彼がゲイでエイズである事からの不当解雇だった。ベケットは訴訟を起こそうとするが、弁護士が見つからず、以前敵同士として渡り合ったやり手の弁護士ジョー・ミラー(デンゼル・ワシントン)を訪ねる。だが、彼はゲイ嫌いでエイズに対しても偏見と差別意識を持っていた。握手してもうつってしまったのではないかと不安になったり、ベケットが何気なく触った葉巻にも嫌悪を示す。ゆえに彼は依頼を断ってしまうのだが、図書館で仕方なくセルフ弁護の準備をしているベケットを見かけ、差別されても毅然とした態度のベケットの姿に弁護を引き受ける事にする。

あくまでも信頼のたる仕事が出来なかった事からの解雇と言い張る大手弁護士事務所との戦いは、裁判劇としてもなかなか面白いものではありますが、そこの部分は「おお~」と言うべきものはなく、意外とタンタンとしています。
その裁判中にもどんどん衰弱していくベケット。そんなベケットを包み込むように見守るパートナーのミゲール(アントニオ・バンデラス)や、その家族。

裁判劇の大好きな私ですが、この映画の魅力はそこよりも周囲の人の愛にあったように思いました。「愛」と言っても、これと言って何もエピソードがあるわけではありません。見守っているだけです。でも、その愛を感じるのです。
ベケットが自分と恋人のために開くパーティーのシーンは、その愛の集まりでした。

以下はラストが分かってしまうネタばれが書いてあります。
お気をつけて。




どんどん衰弱していったベケットは、とうとう裁判に立ち会う事もできなくなり、その勝訴の結果も病院のベッドの上で聞く事になります。一日が終わり、病院に来ていた友人や家族は去っていきますが、その去っていく様子がまた良いのです。そして、最期の時が来ました。
「ミゲール、別れの時が来た。」と呼吸器のマスクを外すシーンはジーンと来ました。


ゲイ嫌いでエイズに偏見があったミラーは、その裁判を経て、ベケットに強い友情を感じるようになっていました。
フィラデルフィアは「兄弟愛」を意味する街なのだそうです。そこにタイトルの意味があったのですね。


映画には、その時代だから出来た映画というものがあると思います。
その感染ルートから、エイズが死に至る病と言う恐怖以外にも忌み嫌われるものがあったかと思います。
日本でも、その恐怖と特殊性から、エイズに対しての差別は、かなりのものがあったと思われます。ゆえにその頃導入された小学校の性教育の場において、子供たちにエイズ教育が積極的に行われました。
17年前だからこの映画が出来たんだと、逆に私はそう信じたいと思います。


監督  ジョナサン・デミ






スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

tag : トム・ハンクス デンゼル・ワシントン アントニオ・バンデラス ジョナサン・デミ

line

告白

告白 - goo 映画

告白1
映画の予告編が衝撃的だったので、原作を読もうと本を買い映画はスルーの予定でした。が、あまりに見に行った人の評判が良く映画でも見たいと言う衝動にかられ、6月14日にひとりで行って来ました。

この映画は、ランキングでも公開週は「セックス・アンド・ザ・シティ2 」を抑えて1位。2週目も「アイアンマン2」の公開をものともせず、1位を貫きました。あまりランキングの事などをここで意識した事はなかったのですが、この映画だけはそんなところも気になってしまったのでした。

ところで、ここで関係のない話。
「告白」「告発」順番に五回言ってみよ。←命令形
これは私が考えた「新作早口言葉」で、「森の中の一本の木」で前に紹介したものですが(紹介なんてものでもないですが)、まあ、ここらで一息入れましょうと言うのが、この映画を見た感想かもしれませんね。

さて、言えた人はいますか?

という訳で、本題です。
なんたってこの映画、皆さんの評判どおりの重さで、ずずっずーんときました。そして画面に釘付けです。ポテトとかポップコーンとか買わなくて良かったです。じっとじっと画面を食い入るように見ていました。

皆さんの前評判と言うのは、主にツイッターでリサーチしましたが、その中に、「終わっても席を立つ者ナシ」とか「深いため息のようなものが流れた。」とかもあって、映画の内容もしかりですが、そう云う雰囲気も何気に楽しみにしていたのでした。

が、しかし、そんなことは、ハイレベルな都会でしか起きない事なんじゃないかと、失望の極みです。
若い青少年たちよ。親に教えてあげてください。
昔とはマナーが変わって、エンドロールの途中では席など立たないんだよ、と。あんなに大量にガサゴソと動かれてしまっては、余韻も何もないですよ。

余韻に、私はもっと浸りたかったです。
あんまりじっーと画面を見続けてしまったが為に、催眠術にでも掛かってしまった様な感覚がありました。
内容にも過激ながら、一部過去に自分が思っていたことと共通する事があって、本を買ってあったにも拘らず、何も知識のなかった私は、そこで作者は女性なのだと推理する有様です。この物語の、ある部分は(これは下のほうで書きます。)女性特有の発想に違いないと思いました。

このかなり激しい復讐劇に、突き放してみてみると言う事がなかなか出来ず、なんだかこの映画は凄く素晴らしい映画のような気持ちになってしまったのでした。(事実、映画としての評価は私の中では高いです。)

まさに、松たか子の呪縛です。

そんな呪縛を解いてくれたのは、実は引き続いて読んだ原作のお陰です。シャボン玉が耳元で弾け、パチンといったかのように目が覚めました。本が駄目と言うわけではありません。ただ冷静になれました。何か難しい問題や現代の社会の闇をえぐるような内容ではなく、サスペンスです、ただの。

だけど、私は思いました。映像もしかり文学もしかり。単に撮って見せてくれているわけではなく、書いて読ませてくれているわけではなく、常にそう云う世界も進歩し続けているのだと。そして映像の進歩は3Dのみにあるのではないなとこの映画は教えてくれたように思ったのです。

それは技術的な事ではなく表現技法というような、そんな事を言っているわけですが、共鳴してくださる方も少しはいらっしゃるのではないかと思います。

<以下はネタばれ感想です。>

告白3

いきなりラストのシーンからですが、松たか子のラストのセリフ
「なんちゃって。」
私、アレで頭がくらくらしてしまいました。
その時は、まだ原作未読だったので、ちょっと分からなくなってしまいました。
もしかしたら、もしかしたら、彼女は血の混入同様、実行せずにそう言っただけかもしれないという願望さえ感じてしまいました。これは原作をやっぱり読まなくちゃと、そのとき思いました。


読んでみて、最初に思ったのは冒頭のあの教室を作ったのは凄いと言う事でした。小説の世界だと、どうしても知っているもので構築される世界観しかありませんから、小説が先だったら、せいぜい濱田岳君がいた頃の金八先生のクラスしか思いつかなかったかもしれません。とにかくもっと物静かな教室をイメージしたのではないかと思います。

今時は、ああよ。そんな風に思われる人も多いとは思うのです。私も実際に変なボランティアをした時や、今も入ってくる情報で今時の教室はちょっと変だと言う事は知っています。でも、この教室の生徒は、つい最近「死」と言う悲劇を身近に感じたばかりではないのでしょうか。身近な死と言うものは、ちょっと侮れないものですよ。
森口が語っていくうちに、この教室の生徒たちに違和感のようなものを感じました。一番強く感じた違和感は、子供のエイズに対する反応だったのですが、そこはもう、ぐちゃぐちゃ言う所ではないのでスルーです。まあ、とにかく変な子供たちです。イライラします。でも、それこそが罠なんですよね。
そこは現実の世界ではないパラレルワールドなのです。それがさも現実の世界のような錯覚に落ちていってしまい、その後に続く事に妙な説得感があったりするから不思議です。

13歳と言う年齢でも恐ろしいことが出来る事は、私たちは知っているからだと思います。
子供に復讐すると言う発想に違和感を感じないのは、多くの悲しいニュースで、擬似的な復讐感覚を全く関係のない犯人の子供たちに感じた事が、過去にあるからかもしれません。
だけど大人が子供に全力で復讐したからってどうって事ないよなと、過激にも思ってしまう私。森口先生が何歳かはもっとちゃんと本を読めば分かる事かもしれませんが、28歳ぐらいだとして、その年齢差は15歳。彼女が60歳の時に少年たちは45歳。やっぱり年齢差は関係のないことですね。

上記に書いた、女性的発想なのではと言う考えですが、それは復讐の相手にその母を選ぶと言う思考。この物語は母殺しによって復讐を果たす物語なのではないのかと感じました。共通の考えと言っても、そこの部分は映画の感想には相応しくはないので書きませんが、子殺しと言うのは、実はもうひとりその母の魂を殺してしまっていると言う見えない事実が存在しているのです。すみません。言い切ってしまいましたが、私ワールドで言わせていただければ、そう云う論理。ならば復讐は、その子の魂を殺しその母を殺す。
そう云う発想は、ちょっと男の人の発想ではないんじゃないかと思うのです。
・・・でもないか。男の人は極限発想だと皆殺しと言う風になるのかな。
いずれにしても書いていて、気持ちも悪くなってきたので止めますが、恐ろしい話です。
そんなことを考えながら見ていたので、やっぱりどどーんと重くインパクトも大きかったわけです。
おっと、こんな風に書いてしまいましたが、復讐擁護の人ではないですからね、あしからず。

なんだか長くなってしまったので、中途半端でもそろそろやめようかなと思います。本の感想もちょっとだけ書く予定なので(まだ書くのか~)残りはそちらにて。

映画ONLYのシーンの事では、
ファミレスの帰りに泣き崩れそうになった森口が「馬鹿らしい」と立ち直る所、ラストの逆回転時計のシーンは見事だと思いました。
本の感想も書くと言うのなら、映画のネタばれ感想は4行ぐらいで良かったかなと後悔しても、もう面倒くさいのでこのままアップします。

↓この人が殺されてしまった子供の叔父さんで、分かっていてアレをやっていたならば、もっと怖かったのになと思ったりもして・・・

告白2




















theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

アイアンマン2

アイアンマン2 - goo 映画


自身の記憶回路の都合で、遡って感想を書いています。
6月12日に家族で見てきました。

アイアンマン4


前作「アイアンマン」の時から、ロバート・ダウニー・Jrに夢中。
だから世間の評判なんかどうでも良くて「シャーロック・ホームズの冒険」も凄く面白かったのです。もちろん、「アイアンマン2」も楽しみにイソイソ出かけてまいりました。

まあ、普通に面白かったです。だけど期待が大きすぎると、ろくな目にあいません。何か物足りない感じがしてしまいましたが、そこは小声で言っときます。

前作では、鉄人28号みたいなちょっとかっこ悪い1号のダサカッコいいに萌え~だったのかもしれないなと、自己分析なんかもしちゃったりして。

だけど私。街中走るモナコレースに萌えました。
「かっこ良かったよね。あのレース。食事している真横を走っていくんだものね。」と言ったら、息子が
「そこか!!」と。

そんな事書いちゃって、何か不満があるのかと言われてしまいそう。
いや、だから普通に面白いって。

だけどやっぱりちょっと不満かな。
やんちゃ振りが可愛いトニーだけど、なんか毒素が回ってと言う展開にはイマイチ面白みを感じられなくて、敵にもあまり魅力を感じなかった私。
だって小者感が漂っていて~。


アイアンマン2



いやいや、彼じゃないの。
アイアンマン1

でもその彼だって、その小者に助けられての展開ってのも、うーんとか思ってしまったのでした。
それに彼が拘った「バード」ってなんだろうと、とうとう分からず。もう一回見たら納得できるのかもしれませんね。

そうそう。
あんなにコミニュケーションに苦労してるのだから、通訳をつけたら良かったのにと思ってもみたり。でも私の求めるダサかっこ良いは、この人にあったように思いました。もう少し強かったら良かったのですが。

でも彼女にはスカッとしました。かっこいい~。
えっ、何?
アイアンマン3があったら行くかって。
そりゃ行きますよ。ウキウキとね♪


アイアンマン3

theme : 洋画
genre : 映画

line

セックス・アンド・ザ・シティ2

セックス・アンド・ザ・シティ2 - goo 映画

一つ前からの記事からまたも遡って、6月5日に義母と一緒に見に行ってまいりました。
これは最初から彼女と行く予定だったもの。
だって、前作の1の時、誘ってくれたのは彼女。

義母と二人で、大笑いしながら見ていました。

でもね、大笑いと言ったって、隣近所の方々にご迷惑なんかかけませんって。

この映画、不思議な映画です。

まず観客。もっと若い人が多数なのかと思いきや、意外と中年が多いのも印象的。しかもですよ、中年と言うより、失礼ながら、もう少し上かなあと思われる方は、カップルが多かったのも印象的でした。が、問題は、そのおやじ~のひとり・・・

映画館は自宅のリビングじゃないんだから、凄い大きな声で
「~~~ダッテサ、ガハハハハ」としゃべりながら笑うのだけは止めて頂きたい。ご一緒だった奥様は、どんなにか肩身が狭かった事でしょう。いや、割れ鍋に綴じ蓋か。だってその人はずっとそれを遣っていたのだもの。
きっとこの二人はテレビのシリーズも二人で仲良く見続けてきたカップルなんでしょうねと、優しい目で見てあげることも出来たのでしょう。心が太平洋のように広ければ。

でもそのおじさんの後ろに座っていた青年は、その太平洋。

よく後ろから蹴りとか入れずに我慢したなと感心してしまいました。私だったら一回は「とりゃ~!」と・・・って嘘ですよ。でも「シッ!」と言うか「チッ!」に近い「シ」でいさめてしまう事は我慢できるかどうかは分かりません。

って、ちっとも映画の感想じゃないじゃんって言われそう。と言うか、前の「1」の時にも、あまり映画の感想っポくなかったような。この映画、どうも見に来ている人に目がいく映画です。

でもそうは言っても、少しだけ書きますと、相変わらずお洒落で楽しい。だからと言って、全てに共鳴というわけではありません。
如何にセレブでも家で食事を作らない生活、ちっとも羨ましくないのです。
テレビ&ソファのゴロゴロ生活、自分のだんななんかを見ても、男ってそんなものさとか思ってしまうのです。でも、キャリーはそれを許しません。
その妥協なさが良いのかもしれませんが、もう人生に疲れ気味の私から言わせると、どうでも良いやって部分になってしまうのですよね。でも考えてみれば、ワタクシも若いときは頑張っていたような気もします。その頑張りを放棄してしまったような気もするのです。
だからキャリーの生き方は、夫と生涯恋人でいようと頑張っている人たちには、凄く共鳴するのだと思うのです。

だけれど私はこっち。こっちと言うのはあっち。それじゃ意味も分からない。

この映画、単純に楽しめます。雑誌をパラパラめくってもいろいろな情報を得てしまうのと一緒で、そこには何も残らないかというと、そうでもありません。
女性たちが元気になれる映画だと思います。


とにかく↓この看板を出さなくちゃ。こっちは書けませんね。

<以下ネタばれしています。>

劇場のみんなが大笑い。その中で私はひとりハンカチで涙を拭っていました。
シャーロットとミランダがホテルのバーで一言ずつ子育てや家庭の愚痴を言ってはお酒を飲むシーン。お酒を飲むシーンが滑稽で笑いを誘っているのですが、私には笑えないのです。傍から見たらつまらないような悩みでも彼女たちからしてみれば真剣です。ましてや自分の時間の全てを奪うような、大変な子供を持っていたりしたら、時には食料品庫で泣きたくなるのも分かるし、不倫の心配をしながらも子守を失いたくない気持ちも分かってしまうのです。
ミランダの悩みも色気なし。女である、ただそれだけで力量なんかも問われずに片隅に追いやられてしまった、屈辱。でも家族のためだけには生きられない、キャリアの悩み。


笑いの中にも、なかなか奥が深い・・・

でも、お騒がせ&トラブルメーカーのサマンサの悩みには、一番共鳴できない。本当にお下品なんだから~と思っちゃうのに・・・いきなり「告白」してしまうと、彼女が一番好きなんです。
次は何をやらかしてくれるのかと、もう楽しみで。空港でのサプリ事件は本当に笑っちゃった。でも努力の人なんですよね、それに関しては。

でもそれを姑に言ったら、怪訝な顔を・・・。
えっっ、なんでここで裏切る、姑よ。

焦った私は、「あの個人執事に、お金を置いていったんだから、その後に彼が家族と会っているシーンとか、ちらりとでも見たかったわ。」と取り繕いました・・とさ。

「そうねえ、彼女が何か一番人間らしい温かみを感じて、ホッとするわ。」と姑。
そうか、姑は恋に恋するお年頃だったのね。

後は、メモ的に書いておきたい事。
☆ゲイの結婚式。驚くゲストあり。
☆ビッグと言う割にはいつも小さい所を見せてくれる人だとか。打ち明けるって凄い事だと思わないの!!
(でもこれは逆の立場だったら、そうは思えないわけで、何でそうなるかも知れないのに行く事自体が馬鹿よと攻めそうなので、ビッグを攻めるのは間違いなんですよね。と、今、冷静に考え直しました。)
☆いるなあ、どこに行っても携帯片手で家族の電話を待っている人。
☆いるなあ、ちゃんと行く先の勉強をして計画を立てて仕切る人。←あんなに優秀じゃないけれど、私はこのタイプです。仕切るかどうかはまた別ですが。

そして、やっぱり良かったのは、アブダビの女性たちのお洒落心だったかもしれません。ゴージャスな旅行も楽しめましたね。




そうそう、私の隣は三つ空席、その隣に座っていた人が、やっぱり涙を拭っていました。
そんな映画だと思います。
と言うか、どこを見てるんだか、私。





theme : 洋画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。