スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「パンズ・ラビリンス」

パンズ・ラビリンス(2006) - goo 映画


3月5日、ムービープラスにて。

アカデミー賞の発表が近いので、かつての諸々の受賞作品を見る機会も多いです。この作品は、第79回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞しました。

製作国はスペイン/メキシコ。

過酷な戦争下で夢の世界に入っていく、少女オフェリアが案内してくれたその世界は、心に突き刺さるようなダークファンタジーでした。
ラストシーン、私は号泣です。でもその夢を信じるものには、涙は無用なはず。
すると、もう私は夢の世界の住人ではないのでしょうか。

<以下ネタばれしています>

「ラブリーボーン」の感想でも言ったことですが、ファンタジーの世界は、ある意味現実の辛さを転換させる魔法であり、願望なのかも知れません。

オフェリアの、今まさに事切れようとしているシーンとそこで入る物語のナレーションから始まるこの映画は、その世界に一気に引き込ませるものがありました。

地下の魔法世界の王女モアナは地上の世界に憧れて、ある日その世界にこっそりと行ってしまいます。だけど地上の世界の眩しさに目が眩み、すべての記憶を失って、寒さに打ち震えながら野垂れ死んでしまいます。だけど魔法の国の王は、いつか娘が違う者の姿にその魂を蘇らせて、いつか必ず戻ってくると信じていたのでした。

素敵なお話だと思いました。
少女なら、そのモアナは自分であって欲しいと思うような物語。でも、そこからダークです。禁を破った者には死が与えられているのです。
この物語は全体的に、「本当は怖い・・」のような、童話がその底辺に持っている戒めの恐怖のようなものが漂っているように思いました。思わず目を逸らすようなシーンも多かったです。

最初にオフェリアが像の石の目を治すシーンに、ふと「千と千尋の神隠し」のようなイメージを感じてしまいました。「千・・」の方にそんなシーンはありませんが、何気ない所に不思議の世界の入り口があるような気がしました。そこに現れる虫の形をした妖精。あの姿を見て「妖精」と言うオフェリアに、何か仕掛けられたような罠の存在を感じました。それはファンタジーの世界の不確かさのようなもの。

またオフェリアを取り巻く現実の世界は、残酷な戦争行為、母の再婚と妊娠と死、心冷たい義父とのギクシャクした関係と、辛い事ばかり。現実と夢が同時に存在しながら混在しているのはオフェリアの世界だけで、そこがリアルであり、今時のファンタジー映画とは異質な感じがして、逆にそれが新鮮でした。

決して派手ではないファンタジーの世界の三つの試練も、なかなか面白かったです。そしてやっぱり気持ち悪くて残酷。

最期の「無垢なる者の血」の試練の正しき選択をして、彼女は魔法の国に帰ったのだと信じることにしました。そう思ってもやっぱりちょっと切なさが残ります。

スポンサーサイト

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ - goo 映画

3月13日映画館にてwith義母
監督
ガイ・リッチー
出演
ロバート・ダウニー・Jr
ジュード・ロウ
レイチェル・マクアダムス
マーク・ストロング
ケリー・ライリー

予告編を見て吃驚。かつて、こんなホームズを見た事がなかったから。テレビドラマ、ジェレミー・ブレットの「シャーロックホームズの冒険」が大好き。もちろん原作も好き。
予告編を見た限りでは、今までのイメージをぶっ壊すホームズになるに違いないと予想しました。だからこそ見たさが倍増。

あれはあれ、これはこれってなもんでしょう。

そして、期待通りの面白さでした。

大好きなんだ、こういうお気楽謎解き映画。頭脳明晰ストリートファイター系でお茶目なホームズもなかなかです。

しかも私の中の数%の腐女子魂が、ホームズとワトソン君の関係に萌え~・・と言う事は一緒に行った姑には隠しておこう・・コホコホ


<以下ネタばれ感想>

イメージは違うと言っても、ホームズの基本はばっちり。
もともとホームズはプロ級のボクシングの腕の持ち主で、面白い事件がないと退屈して壁に銃をぶっ放し、女王のイニシャルをその弾痕で書くというエピソードもしっかり抑えていました。
化学に造詣が深い事も。
でもさすがに、あれはなし。
ホームズのコカイン中毒。

それは、いろいろな意味でちょっとまずいわなと思った次第です。

とにかくロバート・ダウニー・Jr が良いのです。メチャクチャな生活ぶりに、頭脳明晰な推理、かといって絶対的な頼りがいのある存在ではないと言う所が微妙に良い感じ。

結局、最期は宿敵モリアーティの思う壺だったと言うわけで、これは続編を作らないわけには行かないと思うところで、その続編を今から楽しみにしてしまう私なのでした。

ワトソンの妻メアリーから、唯一愛した女傑アイリーンも出てきて、何気にオールキャスト。この二人の女性がまた魅力的でした。

事件は怪しげな黒魔術を操り5人の女性を殺したブラック・ウッド卿逮捕から始まりますが、人の心を操る事が出来ると言う卿は、自分は死刑にされても蘇りそして3人死ぬとホームズに告げます。そのとおりに、ある日墓は破壊されウッド卿は蘇ってしまうのです。その摩訶不思議な謎は如何に。
また自然発火の謎、入浴中に溺れ死んだ裁判官の謎、小人は何を実験していたのか等、その謎解きが面白い。

でも、あまりにあっさり語られるの惜しいかな。

作りかけのロンドンブリッジなど、雰囲気も素敵。
そこでのアイリーンとの別れのシーンは良かったです。

でもなんと言っても、ワトソンの相棒振りが最高です。
沈着冷静常識的なワトソンを、ジュード・ロウが魅力的に演じています。造船所で彼がホームズを助ける所や爆発するシーンで「ホームズ」と叫ぶシーンにクラクラ・・

とにかく楽しい映画だったと思います。



theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。