スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ラブリーボーン

ラブリーボーン - goo 映画

2月1日、映画館にて鑑賞。
ラブリーボーン


予告編を見た時から、心惹かれていました。ミステリーなのかホラーなのか、それともヒューマンドラマなのか、はたまたファンタジーなのか。

私はスージー・サーモン
大好きな家族と暮らす幸せな日々。
でも・・あの日
そう、1973年12月6日。

私は14歳で殺された。


このコピーは最高に上手いですね。それともこれは原作の冒頭か何か?
原作は30カ国で1000万部以上のベストセラーの映画化だそうです。原作者はアリス・シーボルト。

見終わって真っ先に感じたのは、文学を読み終えたような爽快さでした。つい先日見た「ゴールデンスランバー」も文章がそのまま見事に映像の世界に転化したように感じたのですが、この「ラブリーボーン」は文学のさわりを映像化したように感じました。だからと言って薄っぺらと言うわけではありません。が、たぶん表すことの出来なかった奥行きが原作にはあるのだと感じたのです。

こんな所で立ち読みが出来ます。→ここ
その部分を読んで、やっぱりそうなんだと確信しました。

リンクしているgoo映画の解説には

被害者家族の心情を繊細に描きながら、家族の絆を描いた感動ドラマであると同時に、一人の少女の成長譚でもある。
と書いてありました。確かに殺された少女と残された家族の再生の物語にも感じました。ただ、成長譚と言う言葉には、何か言いがたい違和感を感じたのです。
原作未読ゆえに、私がその原作の持つ何かに近づくことが、映画で見た限りでは出来なかったのかもしれません。

でもそれは時間が経って、家に戻ってきた頃にそう思う自分の気持ちの何故かが分かるような気がしました。時には奇妙なくらいに明るく語られるスージーの語り。それは死者からの視点。

だけど死は時を止め、死者は語らず、死者の想いは家族の願い。
そう思う事は、やはり原作の趣旨からは離れているのだと思いますが、そんな死生観ゆえに、かえって後からゆっくり迫ってくる悲しみみたいなものがありました。


予告編では霊界のスージーと家族が意思を通わせて、犯人に迫っていく物語のようにも感じましたが、そんな風に勘違いをしていくと、ちょっと肩透かしを食らうと思います。犯人は見ている私たちには少しも謎ではなく最初から分かっているのです。
事件の部分だけ取り上げると、近頃お気に入りドラマの「クリミナル・マインド」と大差ないです。


でも、主役のシアーシャ・ローナンはとっても可愛い女の子で、昔知っていた近所の少女に凄く似ていました。しかも私はその少女にモデルになれといつも勧めていたのです。その子も今は14歳。近所の少女の危機のような気がして、奇妙な感情移入で複雑な心境になってしまいました。なのでこの犯罪が遠い映像の世界のものと突き放すことが出来ず、犯人に非常な怒りを感じてしまいました。

映像は美しく、音楽も良かったです。
でも何に驚いたのかと言うと、エンドクレジットの長さです。そんなに人が出演していたとは思えません。と言うことは、その美しき映像を作り出したクリエーターたちの名前だったのでしょうか。ちょっとイラつきながら感心もしてみていました。字も大きかったし・・・。

以下ネタばれで少々
ラブリーボーン2


☆スージーが穴から飛び出しトウモロコシ畑を逃げていくシーン、だまされました。もうあの時には・・・
☆窓に映っている蝋燭が揺れるシーンは切なかったですね。そんなシグナルを送られてしまっては、お父さんは頑張らないわけには行かないですよね。
☆子供の数を聞かれると、二人と答えたお母さんの気持ち・・・切なかったです。
☆証拠を見つけ出した妹の頑張りシーン。結構どきどきしました。「何故そこで見ているの!」とイライラしませんでしたか?
☆犯人には天罰!?
ちょっと甘いな・・。

でも一番ビックリし、その後もずっと心に引きずってしまったのは、スージーの遺体が陥没した穴に投げ込まれ沈んでいってしまう所でした。あんなに深く、そして埋め立てられてしまっては、もう二度と見つかることもないのではないでしょうか。それで良いのか・・・と複雑な気持ち。

天国に行こうとするスージーが遣り残したことは、あの瞬間に現れても、「私はここよ。」と言うサインではなく、初恋の甘く切ないキスでした。
「スージー、君は美しい。」

その言葉は腐ってしまった自分の遺体よりも大切なものだったのかもしれません。そうは思っても、最初に家族と楽しそうに冷蔵庫などを投げ捨てているシーンと沈み行く金庫の映像が交互にちらつき、私にとっては凄く怖いシーンでした。

監督・脚本 ピーター・ジャクソン 原作 アリス・シーボルド
出演シアーシャ・ローナン マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ スーザン・サランドン スタンリー・トゥッチ


ラブリーボーン3
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : ピーター・ジャクソン シアーシャ・ローナン マーク・ウォールバーグ

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。