スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

アバター 3D

アバター 3D - goo 映画


1月10日、映画館にて。

昨年は3D元年と言われて、3Dの映画が次から次へと公開されました。昨年「クリスマスキャロル」で痛い思いをしたので、これからは3Dで作られたものは、それで観ようと心に決めていました。特にこの「アバター」は観た人の評判も良く、映像の美しさ・3Dの凄さを言う人も多かったので楽しみにしていました。

と言っても、自分で映画を観るまではネタバレ部分は極力情報は入れないようにしているので、物語の展開は一応知りませんでした。

でもこれ、お話は単純。知らないで観に行っても、なんかざっくり最初の方であらすじは分かってしまいます。でもお話は単純でも、語られている物語は美しく、私は感動しました。

確かに3Dは素晴らしかったです。でも3Dでなくても、この映画がとっても気に入ったのではと感じたのです。これは一緒に行った家族と意見が分かれる所でした。
「この映画は3Dで、ここまで出来るようになった事を見せるための映画だ。」と言うのが子供の意見。

たぶんそうなのかなと、実はちょっとは思っています。なぜならその映像の美しさがあるからこそ、物語に説得力があるからです。それでも「でも」と思ったのは、この映画は3Dでなくても映像が綺麗なんじゃないかしらと感じたからなのです。ふと数度眼鏡をずらして観てみました。もちろん3D用画面は、そんなことしたら画面の線がぶれて見えますが、明るくてじゅうぶんに綺麗な映像だと想像が出来ました。
これは、だから通常版でじゅうぶんだと言う事が言いたいのではなくて、映画はそのようにどちらで観ても「良かったなあ」と思えるものであって欲しいという事と、そしてこの映画はその期待に応えてくれるものなのではないかと言う事が言いたかったわけです。

だけど私は新し物好きなので、これからも通常版と3Dだったら3Dを選択して行くと思います。

その3D体験ですが、私は目が疲れると涙が出る人なのですが、慣れていないのでかなり目が疲れたみたいです。泣くシーンの前で、既に目に涙ありでした。子供は3D酔いと言っていました。時代の進歩について行くのは大変です。

映像は繰り返しになってしまいますが、本当に綺麗でした。ちょっと驚いたのは、いきなり前の人が両手を挙げたので、「何なの!?」と思ったら、映画の中のお祈りのシーンだった事です。ワォ、凄いと思いました。何てつまらないところでと思うかもしれませんが、立体的に「見えた」と言うものではなくてドキッと「感じた」部分だったのです。

アバターのキャラですが、予告編の段階では気持ち悪くて感情移入出来そうもないと思っていました。でもどこかでお見かけした一言、萩尾望都の漫画のキャラに似ている、でイメージが変わりました。実際に映画を観てみると、カッコよく見えるし、可愛く見えるから不思議でした。日本語吹き替え版で見たのですが、声優さんが良かったのか、ヒロインの泣き方が無垢な少女のようで、彼女に泣かれるとつられて泣きそうになりました。


これよりは数行ですが、ネタバレです。

物語の感想ですが、圧巻だったのは巨木が倒れる所と、森の仲間が生命の樹に呼応して助けに来てくれるところでした。
森の破壊のシーン・・・
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を思い出してしまいました。
また、異質文明を自分たちの価値観で推し量り、蛮人と称して滅ぼしてきた愚かな人類の過去の姿がモデルだったのかなと書いたら月並みでしょうか。

ただこれだけは言えます。高所恐怖症の人はこの星には住めません。




スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー - goo 映画

20101301

1月30日映画館にて

原作ー井坂幸太郎。期待通りの面白さでした。一体どうなるんだ、どうこの話を落とすんだと気持ちも目も画面に釘付けでした。

ミステリーだけではなく、懐かしい青春の甘酸っぱさを感じさせながら、ちょっと納得のラストでした。

ありがちな巨悪に立ち向かうものではなかった所がリアルで良い、巨大過ぎて立ち向かうことが出来ないから巨悪なのだから。はじめから狙われてはめられてしまったら、人は何を武器にどう戦うのだろう。そして何を持って自分の勝利と考えればよいのだろうかと思いました。

蟻が象に狙われてしまったら、象を倒すことではなく、踏み潰されない事が、勝ちということなのかもしれません。

首相の凱旋パレードの時、学生時代の友人森田に釣りに誘われた青柳。パレードが近づいてきた時に爆発が起こり、森田は言う。
「逃げろ、オズワルドにされるぞ!」
近づいてくる警官たちは、いきなり発砲し・・・・

そこから面白さは途切れることもなく、過去と今を交錯し物語りは終結に向かいます。

登場人物はみな個性的で良い感じ。堺雅人が良いのはもちろんですが、出てくる脇がすべて良く感じました。中でも濱田岳・・・

と言うわけで、以下はネタばれしています。

20101302



濱田岳君は本当に芸達者だと思いました。本来なら緊迫感あふれる逃走劇でありながら、ふと息がつける雰囲気が生まれるのです。が、よく考えるとそのキャラはかなり恐ろしく、話を複雑に盛り上げてしまうエッセンスの男でした。彼は彼の思いがけない最後で退場ですが、その物語途中退場が、私には寂しく感じてしまいました。でも、恐ろしい殺人鬼だったわけですから、そんなオチで良かったのですよね。

最後に顔を変えて、「アオヤギサンカラ~♪」なんて歌われてもゾッとしてしまいますね。と言いながら本当はちょっと期待してしまっていたのでした。
彼の死はちょっと悲しくて、でも、最後に自分が吃驚する事が出来て良かったと思いました。

父親のマスコミインタビューシーン。
「チャッチャと逃げろ~!」と言った伊藤四郎演じる父、青柳平一。思わず涙がこぼれました。息子を信じていてもあんな場面でそんな風に言えるものではありませんよね。映画とは言え、感動しました。と思ったら、私の気持ちを代弁するように警察官のでんでんが泣きまくってくれて笑えました。

泣けたと言ったら、最後に無事を伝える手紙。
「痴漢は死ね。」と言うお習字。泣けました。

最初のシーンで、うろちょろしていてうっとおしいお子様ねと思った少女の、親から遅れてきた理由が最後に分かります。よく出来たお話でした。泣きはしませんでしたが、その「よくできました」の判子を乾かそうとして息を吹きかけてた佇む姿に感動しました。

良い人、青柳、味方はたくさんいましたね。でもこれからの彼は戸籍なく、彼をはめた訳の分からない何かもそのまま。ハッピーエンドではないかもしれませんが、そんな中途半端な面白さが秀作の香りをぷんぷんと放っていると言う不思議さがありました。

最後にど派手にあがった花火は良かったです。森田の遺品が彼を助けた事は、ありがちであってもそうでなくちゃね。

監督 中村義洋 原作 伊坂幸太郎
出演 堺雅人 竹内結子 吉岡秀隆 劇団ひとり 貫地谷しほり 香川照之 柄本明 濱田岳
HP→こちら
 
20101303

theme : 邦画
genre : 映画

tag : 香川照之 堺雅人 濱田岳 竹内結子 吉岡秀隆

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。