スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

2012

2012 - goo 映画
20121

11月25日映画館にて

なんて言うか、凄いですよ~!!
ロサンゼルス崩壊シーン。もうここだけ、何も考えずに楽しみましょう。
あまりの凄さに、目が追いつかない。視界に入っているのに、あまりの速さに脳が認識できなくて、見切れてない部分が多数ありそうで、勿体無いと思ってしまいました。

た、助かるわきゃないわな~、あんなんじゃ。
何で彼らだけ?
そりゃ、主役だからさ。

あるところまで行って、ちょっと一息ついたとき、思わず
「フフフ」と笑いが込み上げてきてしまいました。

主役である事=最強の運

それがここまであからさまに描かれている映画を、見た事がないかも知れませんが、その辺の物語展開までは期待してこなかったので、良しとしましょう。
この映画を観に行く前に、別ブログに書いたこと、
>世界崩壊の予言と言うテーマは、怪しいのが多い。でもジョン・キューザックなら許せるかも。
まさにそんな映画だったような気がします。

でも私はこの先この映画をテレビなどでやったら、喜んでまた見ると思います。前半はウキウキと後半はウタタネして。

この映画はネタバレなしで、このぐらいで留めておこうかなと思います。

ただ見ていたときに、ふと「ディープ・インパクト」なんかを連想してしまいました。黒人の大統領、地球存続の危機、その時人々は・・・と言うキィワードに連想させるものがあったからなのかも知れません。でも滂沱の涙を流した「ディープ・・」に比べてこちらは、涙は不要。政府の対応も180度違います。貢献した者への対応もまったく違って描かれています。願望と現実、政府の対応に関しては、そんな開きを感じました。

映画が終わった後、映画館の明かりがつくまで誰も席を立たなかった「ディープ・インパクト」。終わった途端に、エンドロールを尻目に半数が席を立ってしまったこの映画。もちろん比べる必要はないのですが、思ってしまったものは仕方がないというところです。

ネタバレなしと書きましたが、特に一人の男性と、一人の女性がとっても気の毒に感じたとメモとして書かせてくださいね。

20122

20123
スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。