スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「王妃の紋章」

ouhinomonnsyou
王妃の紋章 - goo 映画


英題は「curse of golden flower」。金花の呪い。
原題は「満城尽帯黄金甲 」。満城尽く帯ぶ黄金の甲 (まんじょう ことごとくおぶ おうごんのこう)と読む。これは重陽の為に城の庭内に敷き詰められた菊の花を連想させるが、または違う彼らを暗に指しているかと思われる。
邦題は「王妃の紋章」と、英題原題に遠いような気もするが、王妃側の兵士達の菊の刺繍入りのスカーフ(?)を見ると、あまり違和感を感じない。上記の者達と同じだからだ。ただ、ラストがあんな終わりだとは思っても見なかった。

タイトルから来る物語展開のイメージって、ないだろうか。
「王妃の・・」とタイトルに付くと、どうしても視点がそちらサイドに傾いて、こんな所で終わるのかと愕然としてしまったのだった。

<ネタバレ感想です。>

あれでは負けっぱなしではないか。
薬をぶちまけて、で、どうなったのと誰かに聞きたくなってしまったのは、私だけではないと思う。


せめて王妃も次男の姿も消えて、家族が誰もいなくなってしまった高台に一人だけでずっと
座り続ける王の姿を、さらに高みから見下してやりたかった。


見終わった後にかなりショックな気持ちが続いてしまった。何にといったら、私は三男の死に様に。

この人たち、おかしいよ。
って、書いたら、何を最初から見ていたんだと言われそうだ。
王妃は継子の皇太子と不義の関係を続け、それに気が付いている王は、妻に毒を飲ませている。そしてその事を気が付いている王妃は、それでも毒を飲み続け重陽の節句の夜に謀反を起こすべく準備している・・・・

不義の相手の皇太子は、愛に溺れていると言うわけでもなく、他の女性とも情に通じている。が、その女性の父は王妃に毒を調合している医者であり、その母は王に恨みを抱く皇太子の実母で王妃の密偵だった。

こういうのを愛憎渦巻くと言うのだろう。そこに父を尊敬し母を愛する次男と、振り向いてもらえないがゆえにいい子を演じ続ける三男が絡んでくる。

おかしくないわけがない。
王は王になりたいが為に、皇太子の母の一族を罪に落としいれ、その母を切り捨てた。息子にはその母は死んだと伝えたのだった。が、王の心には自分で切り捨てたにも拘らず、その女性の事を思っていた。ゆえに寂しい王妃は不義に走ったと言う構図にならないだろうか。それなのに自分の一族を滅ぼし自分を切り捨てた王を恨んで、王妃の密偵になった皇太子の母は、王妃の味方をしたからといって、王によって命を狙われる。

原作は曹禺の代表作『雷雨』。
1910年代の天津租界。炭鉱王・周の豪邸で繰り広げられる愛憎劇で、ある雷雨の一夜にすべてが崩壊する悲劇となっている。(http://www.asiancrossing.jp/focus/2008/0415/2.html)

それをチャン・イーモウ監督が作ると、こうなるのか・・・
豪華絢爛、城も衣装も。人だけは掃いて捨てるほどいるぞを地で行った、さすが中国と妙な所で感心してしまった人海映画だった。(注:『人海映画』って何だろうと突っ込まない事)

家族の愛の大切さを説き、その儀式に五常の徳を書き綴る。王の口からは権力者らしい立派な言葉が飛び出すが、行動は違う。

重陽の夜、王妃の思惑、王の思惑とは別に、それまでは彼らにとってその存在すら、ないに等しいかのようだった三男にも思惑があった。この三男は王妃の子供ではなかったのだろうか。何か見逃したのだろうか。
愛すべき皇太子を殺してしまったのは、同じ息子。王は彼と対峙する時急所を外して、彼を刺した様に見えた。
―息子なのだし、思いがけない出来事でも、そうなるよな。
と、瞬間私はそう勘違いした。が、違かった。ベルトで嬲り殺し。
気持ちの悪い男だ。
愛する男を殺されたからって、何処かにいってしまう王妃も変な母だ。

だけど良く考えてみれば、宮廷の外では、蹴散らされた菊の花びらのように大量の死体の山なわけで、そちらに無反応なのも、私がおかしいのだろうか。でもあり得ない映像にはヤンヤと拍手を送り、ありえる映像には、打ち震える、それが人の反応と言うものなのかとも思う。
大量虐殺でありながら、戦闘シーンはやっぱり凄いよなといたく感心してしまった。

が、それよりも吃驚し凄いと思ったのは、繰り返しになってしまうが、あっという間のお片づけ!!

母の命を守りがたいが為に謀反に加担した次男に、王が下した罰は、母に毒入りの薬を今後飲ませ続ける事だった。
母殺しなどできるはずのない次男は自らの命を絶つ。
最後の薬を拒絶した王妃であっても、その先は既に見えてしまっている。

が、ここで終わってしまう。そしてまた私の繰り返し・・・
で、どうなるの・・・。

どうもならないんだ。このどうにもならないもどかしさこそが、監督からの為政に対するメッセージなのかも知れない・・・・なんてね。


どうでもいいことだけれど、どうも目が王妃や女官の胸と指先にいってしまう。
薬を飲む時の王妃の振る舞いの美しさで、余計に恐ろしさを感じてしまった。





チョウ・ユンファ
コン・リー
リウ・イエ
ジェイ・チョウ
リー・マン


スポンサーサイト

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : チョウ・ユンファ コン・リー リウ・イエ ジェイ・チョウ リー・マン チャン・イーモウ

line

劔岳 点の記

劔岳 点の記 - goo 映画
6月24日映画館にて鑑賞
 つるぎだけ3
木村大作監督がテレビでべらんべえ、てやんでい調で意気込みを語りました。その勢いに、
「ああ、この人は映画馬鹿・・」。←失礼!褒めております。
そんな男が作った映画を観に行きたくなっていた所に、子供の一人が「見たい」と言うので、それが後押しになってしばらく映画館から遠ざかっていましたが、行くことにしました。

映画の感想ではありませんが、少し驚いたのは平日でありながらレディスディの水曜日なので、それなりに映画館は混んでいました。でも「剱岳」はレディスディだから席が埋まっていたわけでは絶対にないと思いました。
だって、客層がかなり上です。シルバーグレイのカップルが多数です
どう見てもその中に一人いる、我が子供は最年少。一人シネコンの入る部屋を間違えたような雰囲気。

でも本当はこの映画は年代を選ばないと思います。CGや空撮ナシ。大自然の美しさを堪能し、出演者が異口同音に過酷な撮影だったと言う事が伝わってくる映像に酔いしれました。
物語は淡々としていて、音楽や映像美に多少眠くなってしまう部分があっても、ジーンとした感動が小さな波のように静かに訪れました。

ロケ地の一つに、「明治村」を利用したことは知っていました。私も訪れたばかりだったので心の中では、なにげに興奮していました。
アレです、アレ。
「知ってる、ココ。見た、ココ。」って言うやつです。



 この映画のキィポイントは「仲間」。

大自然もまた、この映画の「仲間」だったと思える映画でした。


 剱岳1


そして家族。

剱岳5

彼らが過酷な山登りに挑戦出来たのも、彼らの心を支える家族がいたからですね。


<以下ネタバレしています>

淡々としている物語展開が、上の文にも書きましたが、時に眠気を誘ってしまいました。だからと言って山を舞台にしながら、闇雲に悲劇でメリハリをつけなかったことを賞賛したいと思いました。

俗に言う「死亡フラグ」、あまり好きな言葉ではありませんが、若きノブという青年が参加してきた時から、そのフラグがチラチラ見え隠れしているようで、いろいろな場面でドキドキしてしまいました。
これは一緒に行った子供も言っていました。
雪崩のシーン、ザイルが切れるシーン、大雨のシーン。子供が生まれたと言うシーン。
ココか、ココかと思っているうちに最後まで行ったと言うのです。だから最後にノブが山岳会の栄誉を讃えて旗を振るシーンはより一層感動しました。

達観した男の側にいる、若き未熟な男の成長の物語がそこにはありました。
舞台が違っても、なにげに「赤ひげ」のような構図を感じました。

今の映画の感覚で言えば、ノブのような若者に死亡フラグを立てることは、ある意味ストーリー展開の常套かもしれません。が、木村監督はその選択をしませんでした。その古い感覚が新しいと思いました。

―原作があるんだから、関係ない。
そう言われたらそうなのですが、映画と小説では見せ方が違うと思うので、結構映画って上で書いたような事をやるのではと思います。

これがハリウッド映画的に考えると、悲劇は山岳会のほうにやって来たりもするでしょう。でも、彼らにもそれはナシでした。実際にある会なので、そのような失礼な事は出来なかったかもしれません。

なんだかメチャクチャな事を言っていますが、それだけ私がそのような映画に見慣れてきてしまったという事なんだなと、溜息をつきたくなってしまいました。

200日、40キロ近い荷物を背負い歩き続け撮影していた彼らは本当に「仲間」。最後のクレジットに「仲間たち」と出るところにも、如何に彼らが心を一つにして撮影に望まなければならなかったかが、うかがい知れました。
単なる私の妄想ですが、映画のアイデァとして、悲劇的な何かを思い浮かぶ事があっても、それを選択することは出来なかったということはないだろうかと思ってしまったのでした。


山岳会の描かれ方も素敵でしたね。

 剱岳4

なかなか見つけることが出来なかった登山口を見つける原動力になったのは、息子からの手紙でした。
結局、おやじ動かす息子の励まし・・・・
原作を未読なので知りませんが、やっぱり正直に自分の気持ちに従って言わせていただくと、もう少しシナリオは練って欲しい部分がありました。
二人の絶縁していた理由を考えると、分かりやすいけれど、大切な部分が薄まってしまったように思いました。

それと分かり辛いのが彼らの位置関係。簡単に宿と往復するので、過酷と言う言葉も薄まってしまいます。ダメだったルートの説明とか、それこそ地図が見たかったです。(そう思っていたら、どこかで同じような事を言われている文を見かけました。同じ意見です。)


ラストのオチと言う訳ではありませんが、登ってみたら行者の杖の先が(なんて言うのでしたっけ?)・・・

「一番」ということに拘っている者を、あざ笑うかのようでしたね。



何でかこの映画、見終わった後に拍手がしたくなりました。でも映画館ではしないのよね。寂しいので今します。パチパチパチ・・・。

剱岳6

剱岳2

監督・撮影 木村大作
原作 新田次郎
出演 浅野忠信  香川照之  宮崎あおい  夏八木勲  松田龍平  仲村トオル  役所広司

 









theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 浅野忠信 香川照之 宮崎あおい 夏八木勲 松田龍平 仲村トオル 役所広司

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。