スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「ソウ」

ソウ(2004) - goo 映画

ソウ

11月15日ケーブルテレビにて


スプラッタ嫌いなので、ずっとこの映画を避けてきました。永久に見ない映画かと思っていました。だから、お友だちブログでも安心して感想を読んでしまいます・・・・
でもみんな「衝撃」と言う言葉で褒めまくりです。
ソウ」は今月シリーズ5が公開、まだまだ続きソウなんだって。

何でそんなに人気があるの?
どうして、みんな癖になってるの?

そんな風に思っていたら、ケーブルテレビでやってくれました。


一番感じた感想。
何だ大したことないじゃん、このぐらいの痛いシーンならぜんぜん平気よ。
もちろん、それは映画の中の世界だからですよ。現実だったら人の小指の先の切り傷だって直視できないわ。
なんだろう、その鈍くなってしまった感覚。慣れって怖い。


まあ、その部分は棚に上げて次の感想。
<敢ては触れてはいませんが、たぶんネタバレ全開です。>

たまたまだけれど、みんなが「衝撃の」と上げている部分を事前に知ってしまった私。知らなかったら確かにもっと驚いたかもしれませんが、でも、たぶん「衝撃の・・」と言うみんなの言葉と、映画の中でも語られているの「犯人は一番前で見ている。」でやっぱり分かってしまったと思うの。
これも映像慣れ?
推理ものでも、小説だとなかなか犯人が分からないことが多いのに、映像で見ると意外とそのからくりを分かってしまうことって、結構あると思うのですよね。
顔が見るからに犯人、この俳優レベルがこんなチョイ役な訳がないとか言うことを別にしても、視覚から脳に入る情報って凄いですよね。

それとちょっと余談っぽいのですが、今書きながら思い出しました。うちの子供の一人は映画を本で読むタイプで、この話の冒頭の部分だけ話題にしてきたことがあったのです。その時私は「そして誰もいなくなった」を連想してしまったのです。この「そして・・・」を連想してしまえば、ジグソウが何処にいたのかは、ソウは難しくないような気がします。
やっぱり「そして誰もいなくなった」は原点なる素晴らしい作品ですね。

そのオチが分かっていたとしても、ラストはそれでも衝撃的でした。

「な、何がゲームオーバーだ~!!!」と、叫んでもみたくなりました。もちろん心の中で。いくら我が家と言えども、テレビの前で叫ぶなんてことは、出来ません、私。だけどオーバーリアクションが出来るのが、家で見る醍醐味かも知れません。思わず目を覆うと言うより、耳を塞いでしまいました。

残された男の絶望が・・・。ああ~。

しかもですよ、その結末は最初の場面で決まってしまっていたなんて・・・。
ショックです。

それとですね、不可解なのがジグゾウのメンバーの選び方。
彼のゲームに選ばれちゃう人は、何らかのルールがあるわけでしょ。それで、私は「そして誰も・・・」を連想してしまったわけなのですが、何であの人まで。

医師が「患者、患者」と物の名前のように言っていたのを
「彼は○○さんというんです。彼はとっても愉快な人なんですよ。」と、庇ってあげていたのに。
それともその後、蔑まされてすごすご退散したことで選ばれてしまったと言うのでしょうか。なんだか理不尽・・。
殺人鬼にポリシーみたいなものを求めることが、大いなる過ちなんですね。

それでなのか、彼にはハンニバルのような魅力を感じませんでした。

でーも!次が気になるじゃありませんかー!
なるほど、みんなこんな風に嵌っていくのですね。よく分かりました。


     ※   ※    ※    ※    


リビングでこの映画を観ていたら、入ってきた息子が
「今頃『ソウ』なんか見ているの?。」
「そう。」と返事して、
「いや『ソウ』なんだけれど、今言った『そう』は『ソウ』じゃなくて、「そうなの」の「そう」。」
「言わんとしてることは分かるから。」
それでまたうっかり
「そう。」
―ああ、だから~―
「ソウ」って嫌い、タイトルが。











スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : ソウ

line

「パーフェクト・ストレンジャー」

パーフェクト・ストレンジャー - goo 映画
パーフェクト・ストレンジャー
11月15日スターチャンネルにて


ラスト 11秒まで、
       真犯人
      絶対にわからない―。



そういえば、そんなことを言っていたなぁ。すっかり忘れて、ぼんやり見ていました。
「最後にどんでん返しがあるみたいよ。」ぐらいは思っていたかもしれませんが。

映画って、見ている側のコンデションも感想に影響されると思うのですよね。ソファに寝ころんで見ていたら眠くて最初の20分ぐらいは、頭にお話が入ってきませんでした。今回は「捨て」かなと思った頃、ようやく物語りは本題です。
この20分の間に大切な伏線があったみたいだし、主人公の現状が描かれていたみたいだし、事件も起きました。
それでも見始めるには充分間に合ってしまいました。

しかも、その20分を目を開けたまま寝ていたお陰で、ラストは結構驚きました。
世の中何が幸いするか分かりません。


何で途中から目を覚まし見始めたかというと、相棒が出てきてやっと面白くなってきたからです。そして、犯人と思しき男の会社にもぐりこみ、やっと物語が回転し始めた感じがしたのです。
テンポ悪いです。

その相棒、マイルズもその風貌と違って怪しい・・・
なんとなくこういう二人組みって、片平なぎさと船越英二のコンビみたいな安心感ってないですか。
ところがそうではないんですね。

ブルース・ウィリス演じるハリソン・ヒルは、本当に女たらし。その奥さんも怪しくてレズビアンの秘書も怪しい。


怪しい人だらけなのが、なにげに楽しかったです。
それでもなるようになって、ハリソンは逮捕です。

サア、どんでん返しだーと、最初からそれを謳っているので当然のように構えちゃういますよね。
で、
ああ~、成る程ねえ、と思いました。

目撃者が映るラストシーンも、ちょっと衝撃的なような気がしたのですが、冷静になってみると、その人がいい人で普通に通報って可能性もあると思うと、取って付けたようで、どうって事ないなあと思ってしまいました。

ハル・ベリーは色っぽかったです。だけどブルース・ウィリスは客寄せパンダだったかな。





theme : 映画感想
genre : 映画

tag : パーフェクト・ストレンジャー ブルース・ウィリス ハル・ベリー

line

「TATARI タタリ/呪いの館(2007)」

「1408号室」の感想の中で、一番怖いホラーは「リング」だと書いたが、子供の頃からその「リング」を見るまでの間で私の中で一番を譲らなかったのが、「たたり」と言う映画だった。中学の頃テレビで見たのだが、その映画のホラーとスプラッタは近似値でもイコールでもなかった。シャリー・ジャクソン女子の「丘の上の怪」が原作。「ウエスト・サイドストーリー」のロバート・ワイズが制作、監督を務めた正統派恐怖映画。そこで起きる怪奇現象は現実味があり、震え上がるほど怖かった。

たたり(1963) - goo 映画

tatari


この映画は、1990年に「スピード2」「ツイスター」のヤン・デ・ボン監督でリメイクされた。


ホーンティング(1999) - goo 映画

ホーンティング

綺麗な作品に仕上がったが、怖さは半分以下になってしまったように思う。でも本音を言うと、この程度のホラーが私には一番向いているかも。


12月4日、ケーブルテレビでTATARI タタリ/呪いの館(2007)と言う映画をそのタイトルに引かれて見た。これは実は「TATARI 」と言う映画の続編で「地獄へつゞく部屋」(58)のリメイク。ややこしい。

TATARI(1999) - goo 映画

TATARI
  たたり2

こちらの原題は「House on Haunted Hill」

違うお話だけれども、いずれも丘の上の家には気をつけろってことね。

「たたり」と「TATARI」で思うには、アチラのホラーの恐怖の原点は、霊と悪魔的なものに系列が分かれるように思う。日本のホラーのほとんどは霊によって成り立っていると思うのだけれど、どうだろう。

先日見た「TATARI タタリ/呪いの館」は、「TATARI」の続編と言うことも知らなかったのだが、知らなくても別に問題がない。後でいろいろ解説を読んだり、他の人のレビューを読んでみると、かなり前作よりは質が落ちているらしい。でも、オリジナルビデオなんだから、そんなものかな。
それでもストーリーは分かり安く前作を見ていなければ分からないと言うものではない。

ただ、この映画・・・気持ち悪い。
冒頭5分。本編が始まるまでにフラッシュバックのように恐ろしいシーンが続く。どうもこれ、前作のシーンみたいなんだけれど・・・

サクサクチョキチョキ・・・・

ゲー

もう見るのを辞めようかなと10分で思ってしまったが、最後まで見ないと余計怖い。クッション抱えてみてしまった。

以前の元精神病院虐殺事件の生き残りサラが自殺してしまった。その妹の手には、姉が残したその病院長の日記が託される。すべての元凶は悪の偶像バフォメット像にある。死者の魂はその呪いに縛られていた。が、歴史的にもお宝的にも価値のあるその像をめぐって、欲に目のくらんだトレジャーハンター、大学の学者と弟子、妹と恋人などがその館にやってくるが・・・


様々な殺しのオンパレードだ。ここを褒めると私が変な人みたいだが、この手の映画はそこが命でワンパターンになったら、もう救いがない。この映画はそこは頑張っている。
でもそれだけ。以上終了してテレビを消すと、恐怖の余韻も何もない。助かる人助からない人、予定通りだし。

結局破壊されなかったバフォメット像の行方と影響力が気になるところ。

これの前作の「TATARI」は設定が面白いらしい。でも、もうしばらくはサクサクチョキチョキ系の映画はいいかな。








theme : ホラー
genre : 映画

line

「ジョー・ブラックをよろしく」

ずっと、「TATARI」で止まっていると言うのも、なんだか嫌な感じです(汗)
でもこの際だからホラー映画特集にしちゃおうかなんて思ったりして。日本では夏がその季節だけれど、外国では暗い冬がホラーの季節なんですってね。
だけど今回は死神が出てくるけれど、ホラーではありません。


ジョー・ブラックをよろしく(1998) - goo 映画

ジョー・ブラックをよろしく
12月6日ケーブルテレビで見ました。

以前にもレンタルビデオで見ましたが、映画と言うのは二度三度繰り返し見る楽しさがありますね。なにげにそのつど感想が違う場合があって、そんなところも面白かったりしませんか。

ブラッド・ピットが好きでした。この映画を観て、それがなぜだったかを思いだしました。
だって、若いときのブラピって本当に綺麗。

ジョー


アンソニー・ホプキンスはハンサムでもないのに、本当に人を引き付ける魅力のある人ですね。

役の中でも、死神に人間の世界の案内人として選ばれると言う説得力を醸し出しています。
このアンソニー・ホプキンス演じるパリッシュと死神ジョー・ブラックとの絡み合いが、本当に面白い。

 ジョー3


パリッシュを追い詰めることになってしまう
「すべてはジョー次第」と言うセリフも、本当は結構重いセリフです。
この物語は、死を目前にするといろいろな真実が見えてくるということを暗に表していたのでしょうか。誰が信頼が出来たのか、誰が裏切っていたのか、目を向けようとしなかった愛の優しさに気が付いたり、何を大事に思って生きてきたのかに気が付いたり、このパリッシュの物語の比重は結構重いと思います。それに絡む、会社存続の危機を呼ぶ合併話など、どのようにその危機を乗り越えるのかも見所です。
すっかり忘れていたので、楽しめました。

「人は税金と死からは逃れられない。」
「去りがたいかね。それが『生』なんだ。」
言った人は違いますが、そんなセリフが印象的でした。それにキィワード?

マルシア・ゲイ・ハーデンがこんなところにも・・・・
昔は意識しませんでしたが、「ミスト」以来気になる女優さんになってしまいました。


前にこの映画を見たときは、アンソニー・ホプキンスとブラピのお話に、オマケのように恋の物語が付いていたように思えました。

今見て変わったのはそこでした。

 ジョー2


死神ジョー・ブラックの物静かさや、ものめずらしい人間界を楽しむ様がキュートで魅力的。
パリッシュの娘、サラは短い間に、実は二人の男性に恋していたのだと思います。

最初の出会いの時の「恋に落ちた」、その落ちっぷりを見逃すと、ラストがご都合主義に感じてしまいます。
死神ジョーとの別れは切なくて、一目で恋に落ちた若者との再会は嬉しくて、そんな複雑な気持ちをクレア・フォラーニが見事に演じていると思います。

愛するがゆえに連れて行くという選択を諦めて、青年を返してあげたジョーの恋心に、ちょっとウルウルと来てしまいました。




昨日、何気なくテレビをつけたら「ブロークバック・マウティン」をやっていました。
何回も見たからいいかなと思いながら、ながら見。でも、同じシーンで泣けてしまうのですよね。重ね合わせて掛けてあるシャツのシーンです。

いい映画は何回見てもいいものですね。





theme : 恋愛映画・ロマンティックコメディ
genre : 映画

tag : マルシア・ゲイ・ハーデン ブラッド・ピット アンソニー・ホプキンス

line

真夜中に見てはいけないところ

映画ネタの御喋りです。

近頃映画館に行っていないので、
「年内はもう映画を見に行くのは無理?」と友人に打診したら
「『ミラーズ』がもうすぐやるけれど」と言われました。

「ミラーズ」って、なんだろうと思いましたら。
「ホラーだと思うんだけれど」と友人。

そう、この人は私の法螺仲間、違った、ホラー仲間なのです。

でも、12月26日公開。

「ヤー、それは来年行こうね。」と約束しました。

いくらなんでもさ、一応主婦なので26日以降はきついでしょ。でも、前にタダ券を無駄にしたくなくって12月31日に映画に行った経験あり。でもねえ~。

ぜんぜん知らない映画だったので、リサーチのため公式サイトを見てみました。
結構怖い!!

って、今の時間が丑三つ時じゃない。
もう怖いから、早く寝よう。ブログパーツなんかもあるみたいで、いつもならこういうのを貼るのが好きなんだけれど、怖くなってしまったのでチェックできない。

ビビリなのにホラー好き。なんか可笑しいかしら。

公式サイトは→ココ

追記

朝になって、怖くなくなったのでブログパーツを貼ってみました。12月26日には何かが起こるらしいです。


theme : ホラー
genre : 映画

tag : ミラーズ ブログパーツ

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。