スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

最後の初恋

最後の初恋 - goo 映画

最後の初恋  9月27日 映画館にて

いつだって遅すぎる時はない。自分を高める恋をしよう。

何が素敵って、海辺のホテルのロマンチックさは舞台に抜群。あんなホテルでもう一度恋なんてものをしたいなあ・・・。


同じ海辺が舞台でも、先週観た「幸せの1ページ」はちょっとお子様向けだったような気がして、それが物足りなかった姑に誘われて、観てまいりました。ラブストーリーが観たいなんて、やっぱりワタクシの義母様は侮れない人です。よっぽど私の方が枯れちゃっている感じです。

恋の物語は出会って恋に落ちてどうにかなる、ただそれだけ。特に好きな分野ではありません。


 この物語も文にあらすじを起こしてみると、

夫に浮気をされ別居中のエイドリアンは、週末子供を夫に預け、親友ジーンのホテルの留守番のお手伝いにやってきます。そこにただひとりの客として現れたのは、妻に離婚され、ある手術のことで息子とも離れ離れになってしまった医師のポールでした。そんな二人の海辺のホテルでの五日間。折りしもハリケーンもやってきて・・・

と、まるでラブストーリーの王道を行くようなものです。

だけれど、その会話や組み込まれたエピソードには、人生の半ば以上を生きてきた者の、何を大切にしてきたのか、何を犠牲にしてきたのか、何を大切にしなければならなかったのかと言うものに向き合っていかなければならない、二人の葛藤が静かに描かれていました。

大人のための映画だと思います。

予告編で、既にその恋の結末が予想できてしまいました。でも心に残ったのはその先です。

エンディングに流れる曲が最初はエイドリアンの気持ち、二曲目のイメージソング「ベスト・オブ・ミー」は、ポールの心情とぴったりとあっているなとしみじみ思いました。

ここで視聴できます。→ココ


海辺をひたすら歩きたくなる、そんな映画でした。

以下ネタバレ感想です


最後の初恋2


 素敵なホテルですが、海の傍にありすぎますよね。土台は砂地ではないのでしょうか。実際にあるホテルなのでしょうか。気になります。

 手術中に妻を亡くした男の「愛」が素敵で、思わず泣けました。

 ハリケーンの後、海辺でポールが呼ぶ「エイドリアーン」。
思わず頭の中で、ロッキーのテーマが。

 別れた後の手紙のやり取り。「会えない時間が愛育てるのさ~」

 映画の最初、娘と夫の夢のシーン。ベッドの半分で眠る女。充分に夫への未練はあったはず。ポールとの出会いがあったからといって、夫に決別を告げるのは勇気がいることなのだと思いました。(あまり描かれてはいないけれど)

 反抗ばかりいしていた娘の歩み寄りには泣けました。

 ラスト
野生馬のシーンは圧巻。
あれは、ポールからの贈り物に違いないと思いました。

原題は「ロダンテの夜」。
つかの間の出会いでも、その後の人生が変わる、または変えることが出来ると言うメッセージだったのかも知れません。



泣き虫kiriyの涙は、軽すぎて当てには出来ません。でも、鉄の女しゅうとめが、終わった途端に
「泣けたわねぇ。」と言ったので、私の涙も、少しは妥当だったと言えるのでしょう。




監督 : ジョージ・C・ウルフ
原作 : ニコラス・スパークス
出演 : リチャード・ギアダイアン・レイン 、 スコット・グレン 、 ジェームズ・フランコ
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : 最後の初恋 リチャード・ギア ダイアン・レイン

line

「ハウルの動く城」二回目

ハウルの動く城(2004) - goo 映画

ハウル

10月3日テレビで見ました(2回目)

数日前、ソファで転寝していた私は、目が覚めた途端に、珈琲が飲みたくなるような感覚で「ハウルの動く城」が突然見たくなりました。
「何で、突然?」と夫が聞くので、
「ソフィーって、若くなったり年老いたりするじゃない。あれって、どんな時に変化していたのか、確認したくなったのよね~。」
「今週の金曜日にテレビでやるよ。」と夫が教えてくれました。

「まぁ、悪いわねぇ。私の為に・・」
というのは、嘘ですが、なんと言うグッドタイミングなんでしょう。


見たいときが旬なのか、この映画は初めて見たときより数倍楽しめました。
たぶん、前の時は美しいハウルに目が行き過ぎていたり、キムタクの声やソフィーの声のチェックに気を取られ過ぎていたのだと思います。

今回はそんなことが一切気にならず、物語の世界を単純に楽しみました。

不思議に感じたのは、前は非常に難解に感じたこの映画。今見ると、何が難解だったのか分かりません。難しくややこしいものにしてしまったのは、ジブリだからと思い込んで、複雑な視点で見ようとしていた、自分自身だったのですね。

美しい風景や、ハウルの城の異質さ、魔法使い、戦争、魅力あるキャラクター、視点がいくらでも分散してしまいますが、二回目なので、じっとソフィーの気持ちを中心に見ることが出来たように思います。
素敵な「恋」のお話でした。


 ハウル2



 ちょっとドキッとしたシーン。
疲れて帰ってきたハウルがお風呂に入る前に、眠っているソフィーをカーテンをそっと開けて見守るシーン。ソフィーは眠っているので、元の姿のまま。セリフなんか何もないのですが、ハウルはこの時大事な人だという運命を感じた、または別な言い方をすれば「恋に落ちた」のではないでしょうか。

表情一つ変わりませんが、ハウルはいつかソフィーと言う少女と出会うと言う未来を知っていたので、その内面の気持ちは、本当は凄く揺れていたのだと思います。
(ほとんど描かれていないのが、残念です。)

美しさに拘るハウルは愛おしいですね。
いつだって前向きなソフィーには心惹かれますね。


確認したかったソフィーの七変化も良く理解できました。BGMと同じようなもので、彼女の気持ち一つでガンガン変わるのです。
それで思うことは、素敵なものにときめく心、前向きな姿勢、タフな精神がやっぱり大切なんだなと言うことでした。


そして、優しさも。

ソフィーは優しかったですね。

おばあさんになってしまった荒地の魔女から、ハウルの心臓を取り戻す時、私なら「寄越せ!!」と言ってしまいそうですが、そっと抱きしめて「お願い」というのです。
「仕方がないわねえ。」と渡す魔女。

「ハウルが心を取り戻し、カルシファーが千年も長く生きられますように・・」と言う呪文のような願い。

この辺からのセリフがみんな良かったです。
「体が重い。」と言った、ハウルに「心って重いのよ。」とソフィー。

魔法が解けた案山子のカブの
「心変わりは世の習い。」



最後に出てきたお城は「ハウルとソフィーの動く城」でしたね。綺麗で生き生きしていました。
そこに、血縁なしの老人と子供、犬と二人が家族として暮らしていくのですね。それから自由意志で城を動かしているカルシファーも。

出会うことで、みんな何かが変わったのでした。


一回目の感想→ココ

theme : スタジオジブリ
genre : 映画

tag : ハウルの動く城

line

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 - goo 映画

ガリレオ
10月4日映画館にて。

テレビでドラマの「ガリレオ」を楽しんでいた下の子供は、見終わった後に微妙な顔をして、
「ドラマのノリと違ってタルかった。違うものを見ているのかと思った。」と言った。

ドラマなど見向きもしなかった上の子供は、
「なかなか、面白かったじゃないか~。なんていうか常に死相が表れている様な顔の演技が凄いよな。」と、内容的にはもう一人の主演の堤真一を指して絶賛していた。

この映画を一番楽しみにしていた夫は、困惑していた。
「面白かったけれど・・・・」

 私はと言うと、ドラマ「ガリレオ」をつまらないと思ったことは一度もないし、毎週楽しみにしていたように思う。だけれど、決まって眠くなる。なぜだか眠くなる。時間帯が悪いのだ。ゆえに映画も興味がなかったというのが本音。だって、条件反射で何処かで眠くなったらどうしよう。映画館で寝たことはほとんどないけれど、近頃私は睡眠障害で、夜中の二時に寝ても朝の五時半に目が覚める。
時に福山の美しい低音は、私にとって眠りにいざなう波になってしまうはず。
流石に眠ってしまうことはなかったが、ゆっくり静かに進んでいくスローテンポがちょっと辛い。お話もかなり地味。

かなり良質な二時間サスペンスを見ているような感覚だった。

だけど夫は自慢していた。
「トリックはわかっちまったぜ。」

―へえ、そうなんだ。
実は推理するのは、いつもは私の方が得意。
「あたしは分からなかったわ。だって、そんなことって・・・・」と言いかけて、何かのカプセルが胸の何処かではじけたように感じた。私は昼食のラーメンをすすりながら、心の中に染み渡っていく静かな悲しみを楽しんでいた。

派手ではない静かな人間ドラマの余韻は、後からやってくる。


<以下ネタバレ感想>

more...

theme : 日本映画
genre : 映画

tag : 東野圭吾 福山雅治 堤真一 松雪泰子 柴咲コウ 容疑者Xの献身

line

アイアンマン

アイアンマン - goo 映画
アイアンマン
10月5日映画館にて。

SFは、未来の記憶のメッセージだと思っています。だからと言って、ガンダムスーツなんかだと重力とかいろいろな意味で、ハードルが高そうだと思っていましたが、アイアンマンのスーツだと意外と近い未来に実現するかも知れないなどと思ってしまいました。

そうねぇ、200年ぐらい後・・・イヤイヤ50年待たなかったりして・・・
などと考えながら見るのも楽しいかもしれません。


今度のヒーローは、天才にして超セレブ。軍事企業のCEO のトニー・スターク。自社新製品の売り込みにアフガンに乗り込みますが、そこで武装集団に拉致されて、武器の製造を強要されてしまいます。武器作成の振りをしながら、マーク1を作るトニーですが・・・

洞穴でスクッラプの様なものから最初のスーツを作る天才ぶり。魅力たっぷりです。この辺までは予告編でもガンガン流している所なので、ネタバレとも思わず書きましたが、そのマーク1のかっこ悪さが、なんていうかカッコイイのです。


 アイアンマン2


でもその時、私はなぜか「鉄人28号」を思い出してしまいました。
正義の味方になるか、悪の手先になるのかは、すべてリモコンを持つ者次第だった鉄人。

もしかしたらこの物語も・・・と、ふと感じた予感は、ある意味当たっていたかも知れません。


   
単純明快、映像的にも面白い、この映画は続編も決まっているみたいです。
アイアンマン誕生までが丁寧に描かれていて、楽しめました。次回も楽しみです。

<以下ネタバレ感想です。>

more...

theme : アイアンマン
genre : 映画

tag : ロバート・ダウニー・JR. テレンス・ハワード

line

トウキョウソナタ

トウキョウソナタ - goo 映画


トウキョウソナタ2
10月11日 映画館にて


家に帰って、まず最初の一言。
「あのさあ、リストラされても隠さなくていいからね。」

私の子供は軍隊に入りたいとは言わないだろう。ピアノの才能もなく理不尽な先生にたてつくこともないだろう。夫はリストラされて失業中というわけではない(たぶん)。もし私がドーナツを作ったら、それは大して美味くはなくても、みんな食べてくれるはず。

それなのに、なぜか身につまされてしまったのはなぜだろう。




映画の感想ではないのだけれど、時々隣に座っていた友人の寝息が聞こえてきた。
私としては、吃驚だ。
この映画、淡々としてはいるけれど、決してつまらない映画じゃないよ。でも、誘ったのは私・・・。悪い事しちゃったかなと、気が散ってしまった。後で聞いたら、館内はやたら暑くて、途中からエアコンが入って涼しくなったから、急に眠気が襲ってきてしまったらしい。
でも、こういう映画ではなかったら、友人は眠くはならなかったのかもしれない。
そんな番外でもいろいろ考えてしまったのだった。


しかし、この作品からも贈られてくるメッセージは多い。



いっけん、リストラお父さんの家族に内緒の奮戦記の様に見える。空の巣症候群のお母さんの再生の話にも見える。人生の目標を見つけられなくて、あがいているお兄さんの話が添えられているように見える。大人たちのルールの中で、ぶつかり押し込められそうになりながら、それでも思いのままに生きようとなにげに頑張っている、小学生の子供の話が、そこにあるように見える。

そんな家族の、日常を追っているように見えるが、そう思ってみてしまうところが何気ないマジックだと思う。

終盤に、そんなことは普通にはけっして「ナイ」と言うエピソードが炸裂し、この物語は終わりを向えるが、それさえも食事をするという日常のシーンで、包まれていってしまう。

非日常が、日常に見える、不思議な映画だった。


<以下ネタバレ感想> ↓

more...

theme : 日本映画
genre : 映画

tag : 小泉今日子 香川照之

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。