スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ミスト

ミスト - goo 映画
5月28日、映画館にて鑑賞。

001528.jpg


ある時突然、この映画が見たくなってしまい、友人を誘って見に行ってまいりました。

私はこの映画の予告編も見る機会もなく、または題名すら事前の情報として持っていませんでした。が、数日前子供が「ミスト」という映画を見てきたと言うのです。
「面白かった?」と聞くと、変な顔をします。不思議に思って
「良かった?」と聞きなおすと、首を傾げるのです。
「つまらなかったわけ?」
「いいや、ぜんぜん。」
「ああ、普通ってことね。」
「普通というわけではない。」

面白くもなく、良くもなく、つまらなくない、しかも普通でもない映画・・・

もしかしたら観るかもしれない私に、配慮して言ってくれたなぞなぞのような彼のコメントでした。だけど、我慢できなかったのか、その後彼はとんでもない過激発言を一言。
でも、それって、今思うとかなりのネタバレ。誰もが予想できる事だから良いと思うけれど。


「ただ、俺さ、あいつが死んで、スッキリしたぜ。」

その後、テレビでやっていた「グリーンマイル」のその最後の所だけ再び見て、同じ監督の作品だと思うと、いきなり行く気満々モードに成ってしまったと言うわけです。でも行く直前に、子供に
「ホラーだよ、一応。」とジャンルを告げられると、ちょっと驚きましたが、引くどころかさらに行く気がアップ。私と友人はスプラッタは苦手でもかなりのホラー好き(ちょっと矛盾してるかな)。


見た後で、公式サイトや映画サイトの予告編や情報を読んでみました。
「ラスト15分の衝撃」と謳っていたのでしたね。ラストは確かに衝撃でした。でも、予想できてしまう結末です。そうであっても、心に残らなかったと言うわけではありません。


永久に晴れることのない霧の国の住人になってしまったような、そんな後味が残る作品だったと思います。

<以下、ネタバレしています>

more...

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : ミスト

line

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方 - goo 映画


6月4日、映画館にて。

zinnseisaikou
 

病院の同室で知り合った、自動車整備工のカーターと実業家で大金持ちのエドワード、二人の共通点は癌で余命があまりないことだけ。

雑学的博識のカーターは、子供三人を育てるために歴史学者の夢を捨て、大学を中退して、45年家族のために働いてきて暖かな家庭を築いている。エドーワードは4度の結婚に失敗して、一番相性が良かったのは仕事だと、一代で財を築いたが、秘書だけが見舞いに来ると言う生活。

そんな二人が、同室での化学療法の苦痛を分かち合いながら、少しずつ心通わせ出した頃、お互いに余命宣告を受け、「棺おけリスト」を作り人生最後の時を謳歌するべく旅に出る。


死の直前を描いているのに、なぜだか心が温かくなり元気が出てくる映画だった。

印象的な言葉、カーターの
「どんだけ金持ちなんだ。」
もの凄く共鳴してしまった。

庶民の私は、つい思ってしまう。最後の時、カーターは大富豪のエドワードと知り合えて、なんてラッキーなんだろう。アフリカの雄大な風景、ピラミッドの上から見つめる砂漠、タージマハル・・・・
そんなところに連れて行ってもらえたのだからなんていう発想。
でもそう思うのは片面しか見ない愚かさなのだろう。


最後の時を共に過ごしたことに意味があり、お互いに大切な時間だった。カーターは妻への気持ちを取り戻し、エドワードは見つめようとしなかった自分の中の孤独を埋めることが出来たように思う。


リストの中の
「世界一の美女とキスをする。」は、そう来たかと思わず涙が滲んだ。エドワードには・・・・、カーターには・・・・・。やっぱりそこは泣ける所だったと思う。

それから、「見知らぬ人に親切にする。」その項目に線を引くところも、ウルウル。


「雄大な景色を眺める。」と言う項目に線を引く秘書の男。そのラストにすがすがしい感動を覚えた。


だけどこの秘書がいい味を出していた。クールでドライ、結構な口も利くがなんとなく「愛」みたいなものを感じてしまった。彼はエドワードの本質みたいなものを理解していたのだろうか。


人生は先が見えない。「棺おけリスト」は誰が作ってもいいものだと思う(だけど、なんか良いネーミングないのかな)でも、例え大富豪と知り合っても、これだけは勘弁して欲しい。

zinnseisaikou2


ムリ~、絶対に!!!!!
カーターに同情。

zinnseisaikou3


でも、彼は楽しそう。「早く、紐を引っ張れ~。」と叫ぶインストラクターに笑ってしまった。


そういうカーターは

zinnseisaikou4


ハンドル握ると、人格が変わる人だったのね。


見てきた直後に珍しくすぐに記事を書きました。だから、かなり書きなぐり。
ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン、二人とも素敵なおじ様ですよね。



theme : 映画感想
genre : 映画

tag : 最高の人生の見つけ方 ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマン

line

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - goo 映画



インディ5


6月22日映画館にて。

やっぱりインディ・ジョーンズ、期待を裏切らない面白さでした。
「そんな~!!」も、
「まさか~!!」も、
「あり得ない!!」も、何でも許せてしまうのは、それが「インディ・ジョーンズ」だからなのでしょうか。

予告編で気になっていた向こうが霞んでしまう倉庫。見覚えがありますよね。1作目の「失われた聖櫃」のラストに出てくる場所ですが、その場所が出てくるなんて、なんて言うサービスなのでしょう。なので物語も聖櫃がらみかと思いましたが、違っていました。でも、場所が場所なだけにちゃんとファンサービスはありましたね。

映画が始まる前にウィル・スミスの「ハンコック」の予告編がありました。
「不死身の男」―そのコピーはそっくりインディ・ジョーンズのものじゃない!?
そう感じてたのは私だけではないはずです、たぶん。

ハリソン・フォードはほとんどのスタントを自分でこなしたと聞きました。66歳、凄いです。ただ、歳なのに頑張っているという言葉は、彼にとって褒め言葉ではないように思われます。そのぐらいの動きは、俳優として生きる彼にとっては普通のレベルなのではないでしょうか。

だけど物語の中でも「失われた聖櫃」が1930年の出来事なら、今度は1957年と年月がたっていて、その年月はインディの姿にも老いをもたらしています。
そうであっても、彼のかっこよさは少しも失われてはいませんでした。まさにハリソン=インディ、そんな感じがしました。

インディ


いろいろな者の相性が良いと、いい作品が生まれるのかもしれませんね。

<以下ネタバレ感想です>








more...

theme : インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
genre : 映画

tag : インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ハリソン・フォード ケイト・ブランシェット

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。