スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「グエムル -漢江の怪物」

グエムル -漢江の怪物- - goo 映画


 グエムル

4月20日ムービープラスにて

 韓国版のモンスターパニック映画かと思いきや、意外なほど深い家族愛の物語でした。もちろんモンスターは出てきます。

人を襲ったり、その残骸を吐き出したりするシーンがなくて、そのモンスターだけ見るとなかなかキュートな感じです。映画自体が一見「コメディ」のような雰囲気をかもし出しているので、そう思ってみるとぴったりのモンスターだと思うのです。でも「コメディ」は雰囲気をかもし出しているだけで、ぜんぜんコメディではありません。

モンスターも最初はその歩き方から移動の仕方などがユーモラスに感じたのも、後に行くほど、自分のイメージの誤解であったことがわかってきます。姿をあまり見せないと言う手法を使わず、最初からはっきりと形が見えているところで、そんな誤解を受けてしまったのかもしれません。巨大でなくても恐ろしいモンスターでした。


 店番すら出来なくて、寝てばかりの男カンドゥは娘が死んだと思っていた夜にも、その娘を助けに行く夜にもグーグーと寝ることが出来る、頼りないと言うよりは情けない男です。でも、その意味も最後の方でわかってくるのです。
「三年寝太郎」と言う日本昔話を知っていれば、その男が実はどういう男なのかが見えてくると思いました。



河原で人々を襲う冒頭のシーンは、その登場の仕方から人々の反応などが、本当にあり得そうで見事でした。印象に残ったのは高架上を走る電車の中から、その河原の地獄絵を目撃するシーンでした。


―あの時、あの手を離さなければ・・・・


   monnsuta- <ネタバレしています>



 モンスターパニック映画と思うと、確かに少し物足りない感じがするのは、政府は役にも立たない薬を散布しただけだからだ。結局はカンドゥ一家が退治すると言うあり得なさは、映画の世界ゆえのお約束なのでスルー。

 印象に残るのは、合同慰霊の写真の前で家族が抱きあい、のた打ち回って嘆き悲しむシーンだ。それを写真に収めようとするマスコミ。

 父が頼りない長男の事を弟や妹に頼むところで、切々と訴える父を尻目に二人は眠ってしまうシーンも、笑えない。多分ユーモアのあるシーンなのだと思うが、親が本当に言いたい事を子供は聞かないと言う事をあまりに知っているので笑えないのだ。その父の最後には家族愛が溢れていた。

 頭はいいが仕事に就けずに飲んだくれている弟や、慎重すぎて金メダルを逃してしまうアーチェリー選手の妹、麻酔を打たれても眠らないカンドゥのあくまで力を合わせて倒す事にこだわったモンスター最後の時は、その家族愛をさらに印象付けた。

 
 前後するが、かなり印象深かったのはオープニングのシーンだ。もちろん大量の薬品を河に流すと言うモンスター誕生の要因になっているだろうというそのシーンもそうだが、―直接河に流さず実験室の水道の流しからと言う事が怖い。きっと、自分のしている罪には気がつかない。それを指示した博士も、河は大きいから全てを飲み込んでなかった事にしてくれると言うことを平気で言っているが、それは人の心の奥底にある深層心理のような気がして恐ろしい。―最初に奇形の何かを見つけた釣り人がコップですくって、それを逃がしてしまうシーンだ。恐ろしいモンスターもコップですくえるときがあったと言うか、その時に起きているなにかに気がつくことは、大概は出来ない事なのかもしれないという不安を、そこには感じさせるものがあった。
そしてまた、そのモンスターに人間は餌だと教えてしまったのは、身を投げた人間だったのではと思えるシーン。

そして中盤、娘のために隔離されているところから脱出を図るカンドゥだが、異動車の扉を開けると、科学者達が昼食のために外でバーベキューなんかをしているという緊迫感のギャップ。

あちらこちらで人間のモンスター振りが見え隠れする。


モンスター騒ぎが収まってからが、この映画は少し長い。だけれど、その少し長いさりげないシーンがこの映画に重みを与えている。
カサリと何かの音がした。シーンとした暗い河原を、元の売店でじぃっとカンドゥは見ている。そっと銃を引き寄せる。だけれど、何事も起こらない。
彼はホッとして食事の支度をし、転寝をしている子供を起こし、ご飯を食べる。食事に集中して食べようとウィルス騒ぎの顛末を語るニュースが流れるテレビを消して、二人は湯気の立つご飯を美味しそうに頬張るのだった。
だけれど、その子供は娘ではない。


暗い暗い漢江の岸辺で、ポツンと明かりが灯っている。ずっとずっとカメラが引いて行く。
 

見ていたときはさほどではなかったが、見終わってみると不思議な感情が沸き起こってきた。夫などはお気楽な映画だと思ってパソコンでゲームなどをしながら見ていたが、半端な映画だなぁと感想を言っていて、そんな見方では見るべきところを見逃してしまう細かい所がよく出来た映画だと思った。


・・・・あのモンスターにキュートはないか・・・汗 

more...

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。