スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

魍魎の匣

3fb05bdc.jpg魍魎の匣(もうりょうのはこ) - goo 映画




1月7日映画館にて

 この映画を観に行くんだと言いましたら、姪が
「原作を読んでいないのに平気かナァ。」と言いました。原作を読んでいないと難解だと言うのです。
「平気ですよ。」と、私は即答。
なぜなら、映画というものは原作を知らないからといって観る事が出来ない、理解が出来ないと言うものではないからです。
もし、映画を観て、その映画を理解できなければ、原作云々の問題ではなく、単に自分の理解能力が足りないか、趣味に合わずに「拒絶の壁」が出来てしまったのか、または駄作なだけなのです。

 だけど、だからと言って、原作を読んで映画館に行くということを否定しているわけではありません。先に原作などを知っていると、その世界観にほれ込んで、踏み込んで見ることが出来たり、自分の作り上げた世界観を映画が埋める事が出来なくて、その比較に興じる楽しみと言うものがあったりするのではないかと思うからです。


 この映画を観て、一番強く感じたのはそれぞれのキャラの魅力です。
古本屋の店主で神主で陰陽師の京極堂(中尊寺)、過去の記憶が見える探偵榎木津、作家の関口を、堤真一、阿部寛、椎名桔平がそれぞれ魅力的に演じています。
ストーリー的には、おおもとのSF部分は好き好きが分かれるところだと思うのですが、つぼに嵌った人にはたまらない魅力だと思います。

 また、堤真一は戦後の昭和のレトロな雰囲気付いているなと思いましたが、「三丁目の夕日」のようには話題になっていないナとも思いました。その街並みをどうやって撮ったのだろうと思っていましたら、映画のロケ地と言う事で、最後のエンドロールの時にその仕組みが分かって感心しました。上海ロケで撮ったのですね。ちょっと中国らしい雰囲気も漂っていました。

HPの撮影日誌などが参考になるかと思います。



<以下はネタバレしています>

 三つの事件が最後には結びついていく面白さはもちろんですが、その独特な世界観がたまりません。その大元のストーリー、美馬坂研究所の話はストレートな目で見たら荒唐無稽です。でも、そこがこの映画のまさにツボのような気がします。

 例えば古本屋の最下段の片隅に埃をかぶって、しかも傷んだ紙に染みだらけ、そんな本に美馬坂研究所物語は書いてあるような気がするのです。(そんな事言ってはいても、ブックオフなどとは趣が違う、古本屋体験なんかは、あまり経験がないのが残念です。今でも神田などに行くと、そういう本屋さんは健在なのでしょうか。)

かなり大昔ですがSFマガジンで、昭和初期の冒険活劇譚を面白おかしく解説する読み物を読みましたが、全てが荒唐無稽、あまりの面白さに打ち震えました。そんな面白さに共通するものを感じたのですね。

丘の上の巨大な箱型建物。迷路のような螺旋の階段を上っていくと、義父を愛してしまった絶世の美女がいて、そして、最後には頭だけになってしまった男の建物自体が体だったと言うからくりを知ることが出来るのです。その男の死は建物の崩壊にも繋がって、主人公達は命からがらそこから脱出を・・・
・・・そんなシーンはなかったですね。箱屋敷での主人公達の最後はコメディ調でしたね。

 私がこの映画で特に印象深かったのは、京極堂の陰陽師としての足捌きです。私は、宗教としての陰陽師に傾倒するものではありませんが、漫画の「陰陽師」または映画の「陰陽師」には(これもまた小説の方がパスなのは情けないですが)恋するものであります。深秘御バコ教の玄関先で床を叩くところから、足裁きで魍魎払いをしながら話、説得して行ってしまう所から、全ての所作が美しかったです。

 京極堂の虜です。絶対に次回作を作って欲しいと思いますが、どうなんでしょうね。

 キャラの魅力では久保竣公役の宮藤官九郎が、意外な気持ち悪さを出していて、良かったように思いました。少年期のトラウマが彼をあのようなものに変えてしまったのだと思います。だから彼も、美馬坂の被害者だったと言えるかも知れません。
 
「死なない人間」を作るという研究に取り付かれた男と、それに振り回された人間達の悲劇の物語だったのでしょうか。気持ちの悪いシーンは仕方がないと思いましたが、頼子の最後の時、榎木津がその髪を撫ぜていて上げていたのが、印象的でした。

そしてラストシーン、小さな箱に入ってしまった加菜子に優しく話しかける雨宮。
そして、綺麗に描かれた加菜子。
そこはゾクッとするところなのかもしれませんが、なぜだか私はホッとしてしまいました。

描かれていなかったけれど、たぶん全ての悪の根源であっただろう陽子の母のエピソードにも心惹かれるものがありました。でも、それを知りたかったら、原作を読むしかありませんね。または、読んだ人にお話してもらって手間を省くと言う手もあり・・・(′∀`)










 
 


 

more...

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

line

侮る事なかれ  <魍魎の匣 、お出掛け日記>

  「魍魎の匣」の感想はコチラです。

近頃、姑と一緒に映画に行くという習慣が根付いてきた我が家。でも、何を観に行くかは、かなり問題だ。

観たい映画が一杯だと思う私とは、裏腹に
「『未来泥棒』しか見たいものはないね。」と言う姑。観たい映画が一杯あっても、それらの全てを見ることは出来ない。その中で私は「未来泥棒」は選びたくない。

「椿三十郎」なんかだったらいいのにと思うのに、それにはまったく興味がないらしい。じゃあ、もう今月はいいやと思ってしまった。それで、世間話として私の観たい映画、または観に行く予定の映画の名前を挙げていると、意外にも「魍魎の匣」に食いついてきた。

「それいいわね。行きたかったのよ~。」と義母は言った。と言うことで、7日の日に出掛けた訳だが、少し映画のストーリーが進んだ頃、私は不安になってしまった。
―オイオイ、こんな映画に連れて来ちゃって良かったのか~?

なんと言っても、話の進展は単純ではない。または「ゲゲッ」と言うようなシーンもある。主役が個性的。話も個性的。


が、しかし・・・・
私は途中で、義母が声を上げて笑っていることに気が付いた。超余裕。
かえって、私の方がスクリーンを睨みつけるように見ていたことに気が付いた。
義母の余裕に影響されて、登場人物の掛け合うようなセリフを楽しめるようになったかもしれない。
 

 その彼女の感想。
「最初、訳がわからなかったけれど、慣れてきたらついていけたわ。気持ちの悪いシーンもあったけれど、作り物だしねえ、平気よねえ。最後は綺麗だったし。
堤真一が『三丁目の夕日』と比べたら、やたら綺麗だったんで感心したわ。なんだか面白かったわねえ。」


そうだった。大正の最後の年に生まれた義母は、昭和初期の冒険活劇譚で育っているわけだから、このような話は受け入れやすかったのかもしれない。気持ちの悪いシーンの事を心配したが、それもよく考えてみれば乱歩世代な訳だから、どうって事なかったのかもしれない。


 帰りの車の中で夫と義母は見た予告編の事で盛り上がり、次は「クロサギ」に行くことになってしまった。思わず私は言ってしまった。
「おばあちゃん、ワカイネ~。」
line

「ワーキング・ガール」

1e27c682.jpgワーキング・ガール(1988) - goo 映画




 

「そんなわけナイだろ。」と言いたくなってしまうものは、何もド派手なアクション映画やSF映画ばかりではないんだなと思うのです。要するに、映画自体が「そんなわけがない。」と言うものの欠片で出来ていて、その現実でないものを楽しむ事が映画の醍醐味なのかも知れませんね。

などと、何を今更基本事項の確認みたいな事を言っているのかと言えば、この映画を見ていたら、そんな事が言いたくなるような気持ちになってしまったわけです。


 調子の良いサクセスストーリーなんですが、見ていたら元気が出るような映画でした。
学歴がなくて、人にはそれなりにしか評価されなくても、自分の力を信じてアイデアで、今ある状況から抜け出そうとするテスには共鳴するものがありました。ただ、主演のメラニー・グリフィスは綺麗かも知れないが、ふくよかな人だナァと思ってしまいました。
シガニー・ウィーヴァーは秘書のアイデアを盗用しようとする、テスの上司で敵役。テンション高い、調子のいい女でなかなか嫌な女を好演しています。でも首になってしまったり、恋人を取られたりと散々です。

アメリカと言う国は、夢も見ることが出来るかも知れませんが、劇中でもハリソン・フォード演じるジャックも言っていますが、ミスひとつで首になってしまう国なんだと思います。夢も悪夢も表裏一体・・・

ふと思ったことですが、アメリカでは秘書の仕事はどうも軽く見られているなきがしてしまいました。前に何かで読んだアメリカのホームレス秘書の話を思い出してしまいました。


ラストシーンは頑張ったことが報われた、アメリカンドリームと言う感じで良かったですね。

theme : 映画感想
genre : 映画

line

ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

57d5862d.jpgナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 - goo 映画






1月13日映画館にて。


 こともあろうか、リンカーン暗殺の汚名を祖先は着せられてしまう。ゲイツの名の名誉を取り戻すため、再びべン・ゲイツが謎解きに立ち上がる。

劇中にもあるセリフだが
―今自分があるのは、祖先のお陰。―
なんとなく胸が痛いような言葉だと思う。「御先祖様」なんて言う言葉は日本人の特許のような言葉であっても、普段の生活の中で感謝する気持ちや思い出すことなど、あまりなくなっているような気がしてしまう。

その祖先の名誉回復のためならば、黄金なんか要らない・・・・らしい。


 前作の謎解きが難しいのかそうでないのか分からなくなるほど、ベン・ゲイツが簡単に解いていくので物足りなかったが、今回は見ていて置いてけぼりを食らうような感覚にはならなかった。
が、人は好き好きである。
「単純で面白かった。」と私が言うと、一緒に行った夫は「物足りない。なんだかなぁ~」と言う。前に行った「アイ・アム・レジェンド」では、私が「なんだかナァ~、納得できないな。」と言えば、夫は「あれはあれで良かったんだ。凄く面白かった。」と言う。この二作で、もううちら夫婦は相性が悪いことがわかった。


 余計な事はさておいて、確かに謎解きに深みはないかもしれない。でも、それは前作も同じ事。変わらずに面白いのは、パリ、ロンドンの街、バッキンガム宮殿の中、ホワイトハウス執務室の中、ラシュモア山と秘密の隠されている所がたまらない。
また、アメリカ都市伝説なども上手く使っているところが、面白さをましているような気がする。
このアメリカ都市伝説についてはHPの「信じるか信じないかはあなた次第、闇に隠された都市伝説の秘密」に書いてあって興味深い。


<以下ネタバレしています>


ナショナルトレジャー


 なんだかんだと言っても、ディズニー映画なんだとしみじみ思ったのは、悪人がいないということだ。謎のトレジャーハンターのウィルキンソンなども、本当の目的は家名をその歴史に刻む事だった。なんだか、その最後にはいたく同情してしまった。

今回は言語学者のベンの母親(ヘレン・ミレン)も登場。32年前に別れた夫婦。やっぱり離婚のきっかけはくだらないことだ。歯ブラシを何処に入れたのかなんてこと。ただ、本当の理由はよくある家庭を顧みない夫にあったみたいだ。これで、同じように夢を追っていたはずの父親が一作目の時には態度が否定的だったという「謎」だけは解明されたわけだ。
だからと言って32年会わなかった夫婦が、再び心を通わすなんてこっちの展開も夢がありすぎる。


 夢があるといえば、大統領が善い人すぎるというのも気になるところ。

最後の黄金都市出現には、前作と同じような感動はない。だけれど、この映画ではお約束のように宝探しは成功する。これはもう、世界的な大発見な訳だ。さぞや世界中のニュースの時間を独占したことだろう。

ニュースと言えば、ロンドンの派手なカーチェイスだって、人々が逃げ惑ったわけだから、コレもニュースにならないわけはないが、いつだって映画の中では素通りだ。
私的にはこのロンドンのシーンは、嵌りどころで、
「ああ、そうそうここ見たことがある。」とか言い出しそうなんだけれど、あまりに早くてついていけなかった。


―全て丸く収まって、メデタシメデタシなのでやっぱりディズニー映画、御家族で楽しめますね。―




more...

theme : 映画感想
genre : 映画

line

「アメリカンドリームス」

58ff053a.jpgスターチャンネルにて。アメリカンドリームズ<2006>


全米最強番組「アメリカン・アイドル」をモデルに作られた作品らしい。何気なくかけたFOX TVで見たことがあるが、まさにこんな感じ。


「ブリジット・ジョーンズ」シリーズ
「ノッティングヒルの恋人」 のヒュー・グラントが主演。


この映画は何時やっていたんだろうと思ったら、劇場未公開だった。
申し訳ないが、なるほどと思ってしまった。本音を言えば誰がお金を出してこの映画を見たんだろうなんて事を心の底で思ってしまったからだ。

が、詰まらない訳ではない。だから最後までチャンネルも変えずに見ていたわけだし、感想なんかも書いてしまっているわけなのだ。詰まらない訳ではないが、はっきりいってしまえば半端な感じ・・・・

この映画は「ブラックユーモア」とうたっている。オーデション映画の面白さと言うものは微塵もない。

描かれているのは、なんとしても這い上がってやろうと言う下品な少女。「下品」と言うのは、私の感想だった。「したたか」とは一般的には言うのだろう。美少女と言う設定らしいが、演じているマンディ・ムーアは歌は上手だが、ぜんぜん美しくかんじられない。ただ、常に自分には正直で、それゆえか人を見抜く才能に長けているような気がした。


 その少女に利用されているだけの元彼。その元彼は、極普通の男だ。ささやかな職場の昇進に幸せを見出すことの出来る平凡な男。だが彼の人生は平凡ではなかった。失恋の痛手から軍隊に入ったが、イラクに行けと言われると驚いたり、着任そうそう、挨拶代わりの交わした言葉で「弾に当たるなよ」と言われた途端に、流れ弾に当たって、腕をかすり傷を受けて即効で帰還。負傷軍人として英雄扱い。彼こそが、まさにアメリカの皮肉と言えるかも知れない。


 音楽好きのイラク移民のオマール。彼の素朴さには好感が持てる。裕福な従妹にショッピングに行こうと誘われると、
「先週も行ったじゃないか。何か買い忘れたものでもあるのか。」というさりげない深い言葉を言う。だけど、彼は大統領が番組の「アメリカン・ドリームズ」にゲストで来ると決まったばかりに、自爆テロというとんでもない使命を与えられてしまう。


 再選を果たした大統領は、珍しく新聞を読んだがために、真実に目覚め神経衰弱になってしまう。彼の中国のトップとの会談シーンは印象的だ。彼は挑戦の脅威に怯え、悪夢にうなされることを語る。
「あなたは怖くないですか。」と問いかける彼に、情けないが好感が持てる。
が、そんな事では大統領が勤まるわけもなく、主席補佐官によって意訳されて伝えられてしまう。その後も大統領は彼の言葉を伝えるだけの人に成り下がっている。


 そしてそれらの人物が集まってきた場所「アメリカン・ドリームズ」には、プロデューサー兼司会者のマーティンがいるのだが、彼は視聴率至上主義。まあお決まりな感じだが、彼が番組のためにこのようなメンバーを集めなければ、最後の結末には行かなかったわけで、やっぱり要だったと言えるかも知れない。


その最後は、エーそうなるのか、それでいいのか~と言う結末。たぶん予想も出来ないが、納得も出来ない。あまりにもブラックな結末。
予想外の結末や時代が抱えるさりげない問題を、皮肉たっぷりに描いていて、面白さは満載のはずなのに、なぜかアメリカ止まりの面白さに感じてしまったのだった。


個人的にはオマールの従妹のイクバルが好みだな。



 


 

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。